洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

ビューティーラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全5種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

顧客それぞれのニーズに合わせた泡カラーやカラーミルク、そしてヘアオイル、ヘアミルクといった製品群は、手軽に使える点が魅力でありながらも、髪本来の美しさを引き出すサポートを提供します。使用者の日々のヘアスタイリングに彩りを与えるBeauty labo(ビューティーラボ)は、質の高さで名を馳せています。

頻繁なカラーチェンジを望む方に対して、ダメージコントロールと色持ちの良さを両立したソリューションを展開しています。髪に負荷をかけることなく、希望する髪色を実現することが可能です。

加えて、ドライヤーやヘアアイロンの高温で受けるダメージから髪を守るためのアイテムも充実しています。

例えば、ヘアオイルは熱による切れ毛や乾燥を防ぎつつ、ツヤやうるおいを保ちます。日常のケアを通じて、髪の美しさをキープするための方法を提案し続けることがBeauty labo(ビューティーラボ)の強みです。

さらに植物由来の成分を活かした製品は、今の時代にマッチした持続可能な美の実現をサポートします。

今回の記事では、Beauty labo(ビューティーラボ)シリーズの洗い流さないトリートメントのシリーズはどれがいいのかどれを選ぶべきか良い&良い&悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

タップする目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

Beauty labo(ビューティーラボ)シリーズの洗い流さないトリートメント全種類の特徴

Beauty labo(ビューティーラボ)は豊富な種類と髪に優しい成分を取り入れたヘアケア製品として知られています。

泡カラーやカラーリングミルクなど様々なヘアカラー商品や美容効果に特化したヘアオイル、ヘアミルクがラインナップされており、セルフカラーでの利用者にも人気です。また、市販のヘアケア製品として、手軽に使用できるだけでなく、しっとりとした髪質をサポートします。

椿油やゆず油など、自然の恵みがたっぷりと注がれたオイルは、髪の毛に柔軟性と深い潤いをもたらし、健やかな髪へと導きます。

これら誠実な製品作りは、幅広い年齢層からの支持を得ており、Beauty labo(ビューティーラボ)の製品は日々のケアに欠かせないアイテムへと成長し続けています。

ダメージケア&カラーケア

ダメージケアとカラーケアを目的とした製品は、頻繁にヘアカラーをする方々にとっては必要不可欠です。

Beauty labo(ビューティーラボ)のこのラインは、髪へのダメージを最小限に抑えつつ、カラーリングによる美しい発色を長持ちさせることに重点が置かれています。

パルティの泡カラーやリーゼ泡カラーといった市販のヘアカラー商品と競合しており、ダメージケアをしながらも、黒髪から明るい色への染色や、ダークネイビー、ソフトグレージュなど流行のカラーも楽しむことができます。

ドライヤーの熱から髪を守り切れ毛を防ぐ

ドライヤーを頻繁に使用することは髪の毛へのダメージや切れ毛の原因となります。

ウルリスの金木犀などのヘアオイルは、ドライヤーの熱から髪を保護する効果が期待できるため、おすすめの一つです。

Beauty labo(ビューティーラボ)ではこのようなヘアダメージを予防する製品が展開されており、ヘアカラー後も髪の毛の保湿と栄養をサポートする成分が配合されています。

天然由来の植物オイル

植物オイルはヘアケアにおいて重要な役割を果たします。

椿油やゆず油、アンドハニーヘアオイルなど、天然由来のオイルは髪の毛に潤いを与えつつ、自然なツヤを出す効果があります。

Beauty labo(ビューティーラボ)ではこうした天然成分を活用した製品を多数提供しており、パサつきがちな髪の毛もしっとりとした手触りに改善できるため、多くの利用者から支持を得ています。

Beauty labo(ビューティーラボ) 洗い流さないトリートメントシリーズ
  • Beauty labo(ビューティーラボ)しっとり
  • Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり
  • Beauty labo(ビューティーラボ)もっととてもしっとり
  • Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイル
  • Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル

Beauty labo(ビューティーラボ)しっとりの特徴

全成分を見る

トリートメント

  • ジメチコン
  • PG
  • エタノール
  • グリセリン
  • セテアリルアルコール
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • ハチミツ
  • オリーブ油
  • テアニン
  • ミリスチン酸オクチルドデシル
  • ラフィノース
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • BG
  • アミノプロピルジメチコン
  • アモジメチコン
  • ジメチコノール
  • (C12-14)パレス-12
  • EDTA-2Na
  • イソプロパノール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

乳液タイプでしっとりなめらか

Beauty labo(ビューティーラボ)の「しっとり」は乳液タイプのヘアケア製品で、とろけるようななめらかな仕上がりが特長です。

黒髪からのカラーリングでも、さまざまな色味を楽しめると評判ですが、同時に髪の毛を柔らかくし、乾燥から守る効果もあります。

Beauty labo(ビューティーラボ)以外にもパルティやリーゼ、ウルリスなどの製品がありますが、しっとりタイプを求める方には適しています。

毛先までみずみずしい、うるおい美髪へ

Beauty labo(ビューティーラボ)しっとりは髪の毛全体に潤いを与え、特に毛先のパサつきを改善します。

乾燥によるダメージを受けやすい毛先も、この製品を使うことによって、しっとりとした手触りとみずみずしい見た目を保てるため、美しい髪の毛を維持するのに役立ちます。

市販のヘアカラーを利用しながら、ヘアケアもしっかり行いたい方には最適です。

オリーブ油配合

オリーブ油には髪の毛を保湿し、栄養を与える効果があり、Beauty labo(ビューティーラボ)しっとりにはこの成分が配合されています。

オリーブ油は髪の毛にハリとツヤをもたらし、乾燥から守るだけでなく、キューティクルの保護にも効果的です。

Beauty labo(ビューティーラボ)を利用することで、市販のヘアケア製品としては非常に高いケア効果が得られるといわれます。

Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとりの特徴

全成分を見る

トリートメント

  • ジメチコン
  • PG
  • エタノール
  • グリセリン
  • ミリスチルアルコール
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • ハチミツ
  • マカデミア種子油
  • テアニン
  • コハク酸ジエチルヘキシル
  • ラフィノース
  • ワセリン
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • BG
  • アミノプロピルジメチコン
  • アモジメチコン
  • ジメチコノール
  • (C12-14)パレス‐12
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • 香料

乳液タイプでうるおいダメージケア

とてもしっとりと称されるBeauty labo(ビューティーラボ)のこの製品は、乳液タイプであることから、髪の毛にしっかりと成分が浸透しやすいです。

ダメージケアを重視した配合でリーゼ泡カラーやパルティなどの他製品と比べても優れたケア効果を体感できます。

髪の毛の内部からうるおいを補給し、柔らかでしなやかな質感に導きます。

潤いなめらか芯からしなやかな髪へ

この「とてもしっとり」シリーズは、髪の毛の芯までケアする成分によって、潤いを閉じ込めながらなめらかな髪の毛に仕上げます。

特に乾燥やパサつきが気になる方には効果が顕著で、頻繁なカラーリングやアイロンの使用で傷んだ髪もしっとりとした手触りを取り戻せます。

マカデミアナッツ油配合

マカデミアナッツ油はBeauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとりに含まれる配合成分で、髪の毛に栄養を与えることで知られています。

オメガ7という脂肪酸を豊富に含むため、髪の毛にハリとツヤを与え、ヘアケアとしての効果が期待できます。

他にも様々なオイルやミルクタイプの製品が市販されていますが、マカデミアナッツ油を含む「とてもしっとり」は特に高い保湿力が自慢です。

Beauty labo(ビューティーラボ)もっととてもしっとりの特徴

全成分を見る

トリートメント

  • ジメチコン
  • グリセリン
  • PG
  • エタノール
  • ミリスチルアルコール
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • ハチミツ
  • アンズ核油
  • テアニン
  • コハク酸ジエチルヘキシル
  • ラフィノース
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • BG
  • アミノプロピルジメチコン
  • アモジメチコン
  • ジメチコノール
  • (C12-14)パレス-12
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • 香料

乳液タイプではちみつ配合

「もっととてもしっとり」はさらに強化された保湿力を持ち、その秘密ははちみつ配合にあります。

はちみつには髪の毛の保湿と栄養補給に役立つ成分が豊富に含まれており、髪を芯から健やかに保つ優れた効果を提供します。

アンドハニー ヘアオイルなど他の製品と比べても、はちみつを含むこのシリーズは特にモイスチャーレベルが高いと言えます。

リッチにうるおい毛先までまとまる

髪の毛の毛先はダメージを受けやすく、乾燥により広がりがちです。

Beauty labo(ビューティーラボ)の「もっととてもしっとり」は、うるおいを毛先までしっかりと届けることで、まとまりのある髪を実現します。

ドライヤーやアイロンの熱からも髪を護ってくれるため、市販のヘアケア製品でありながら、プロフェッショナルなケアが自宅で実現できます。

あんず油配合

あんず油は肌だけでなく髪の毛への効果も注目される成分です。

この油を配合したBeauty labo(ビューティーラボ)「もっととてもしっとり」は、しなやかな髪質に整える働きがあります。

セルフカラーや美容院でのカラー後に起こる髪の乾燥やダメージを和らげ、天然オイルの恩恵を享受できると多くの利用者が実感しています。

Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイルの特徴

全成分を見る

トリートメント

  • イソドデカン
  • ジメチコン
  • ジメチコノール
  • ローヤルゼリーエキス
  • アルガニアスピノサ核油
  • ローズヒップ油
  • ラノリン
  • ラウロイルサルコシンイソプロピル
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • ポリシリコーン-13
  • フェノキシエタノール
  • BG
  • 香料

オイルタイプでツヤ感重視な方

ヘアケアにおいて、髪のツヤを重視する方にはBeauty labo(ビューティーラボ)スムースオイルが最適です。

オイルタイプのため、毛髪にしっかりと浸透し、内側から光を放つような輝きをもたらします。

ノンシリコンでありながら、さらりとした使用感が魅力です。

スタイリング前のベースとしても優秀であり、よくないものは避けたいという方にも安心してお使いいただけます。

毛先までつややかな美髪へ

Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイルは毛先のパサつきにも効果を発揮します。

指を通しやすく、毛先まで均一なつややかさがある美しい髪に導きます。

ドライヤーやアイロンの使用で傷んだ髪も、このオイルでしっとりとした質感に改善されます。

市販のヘアカラー後のケアにも適しており、カラードヘアを長持ちさせたい方には特におすすめです。

ローズヒップオイル配合

髪の保湿に役立つローズヒップオイルが配合されているため、健康的な髪質へと導きます。

ビタミン豊富なローズヒップオイルは、保湿だけでなく、髪のエイジングケアにも有効です。

自然由来の成分を重視したケアを求める方にも適しています。

Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルの特徴

全成分を見る

トリートメント

  • イソドデカン
  • ジメチコン
  • ジメチコノール
  • ローヤルゼリーエキス
  • アルガニアスピノサ核油
  • マンゴー種子油
  • ラノリン
  • ラウロイルサルコシンイソプロピル
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • ポリシリコーン-13
  • フェノキシエタノール
  • BG
  • 香料

オイルタイプでしっとり指通り重視な方

Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルは、しっとりとした手触りを重視したい方に適したオイルです。

髪に潤いを与えることで、滑らかな指通りを可能にします。オイルタイプであるにも関わらずベタつきが少ないのもポイントです。

しっとりとしたツヤを出しながら、いたわりたい髪を穏やかにケアしたい方にぴったりのアイテムです。

ダメージヘアにピタッと密着

市販のヘアカラーやパーマなどで傷んだ髪もBeauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルの力を借りれば、回復への一歩を踏み出せます。

しっかりと髪に密着し、ダメージを補修しつつ、保湿効果で乾燥からも守ります。

カラーリングされた髪も色持ちを良くし、美しい仕上がりをキープする助けとなります。

マンゴーバター配合

乾燥を防ぎながら髪を柔らかくするマンゴーバターが配合されています。

天然成分にこだわり、髪に潤いを与えつつ、扱いやすい髪へと導きます。

髪にハリとコシが必要な方や、乾燥による広がりを抑えたい方にも好評です。

目次に戻る

Beauty labo(ビューティーラボ)洗い流さないトリートメントシリーズの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 香りの高評価
  • 手軽さへの支持
  • コストパフォーマンス
良い&悪い口コミ・評判まとめ
  • 香りに対する不満
  • 仕上がりへの不満
  • 使用感に対する批判

ビューティーラボの洗い流さないトリートメントは、使用感や仕上がりが気になるところです。

口コミでは商品の香りや髪質への影響など、多岐にわたる意見が見受けられます。

Beauty labo(ビューティーラボ)洗い流さないトリートメントシリーズの良い口コミ・評判まとめ

  1. 香りの高評価:「香りがとても心地よく、リラックスできる。アンドハニー ヘアオイルの使い方を参考にして使っているが、結果は満足。」
  2. 手軽さへの支持:「Beauty labo(ビューティーラボ)黒髪から明るい色へとカラーチェンジした後、このトリートメントを使い始めた。ドライヤー前のケアにちょうど良い。」
  3. コストパフォーマンス:「市販のヘアオイルとしては値段も手頃で、あんず油やヘアミルクなどに比べても十分な効果。」

Beauty labo(ビューティーラボ)洗い流さないトリートメントシリーズの良い&悪い口コミ・評判まとめ

  1. 香りに対する不満:「香りが予想より強く、少し持続性があるため好みが分かれるかもしれない。」
  2. 仕上がりへの不満:「Beauty labo(ビューティーラボ) 泡カラー シルキーグレージュ使用後にこのトリートメントを試したが、髪に重さを感じてしまった。」
  3. 使用感に対する批判:「リーゼ泡カラー ダークネイビーと組み合わせて使ってみたが、想像以上にべたつきが残る。ヘアミルクおすすめメンズには向かないかも。」
目次に戻る

美容師が教える!Beauty labo(ビューティーラボ)の選び方

Beauty labo(ビューティーラボ)の製品群は、多様なヘアスタイルや髪の悩みに応えるためのラインナップが揃っています。

自宅でのヘアケアに最適なアイテムを探す際には、髪質、成分、香りの3つのポイントを中心に選定すると、自身に合った製品を見つけやすくなります。

まずは髪の状態を知る

洗い流さないトリートメントを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、硬くなっているのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合った洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富な洗い流さないトリートメントがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「Beauty labo(ビューティーラボ)しっとり」

軟毛でボリュームが出にくい方には、「Beauty labo(ビューティーラボ)しっとり」がおすすめです。

この製品は髪に優しくまとまりを与えながら、根元から立ち上げてふんわりとボリュームアップを図れます。

アンドハニー ヘアオイルを使用しタオルドライ後、適量を髪全体に塗布するのがポイントです。

しっとり・ボリュームダウンなら「ビューティーラボディープオイル」

髪が多い方や硬い髪質の方で、しっとりと落ち着かせたい場合は「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」をおすすめします。

アンドハニー ヘアオイルのように髪に潤いとツヤを与え、もさついた印象を抑えてスタイリングしやすい髪の状態を作り出します。

バランス型・迷ったら「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」

通常の髪質や、特に重大な悩みがない場合に、万能とも言えるのが「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」です。

ヘアミルクやオイルが持つうるおい効果とボリューム感をバランスよく取り入れることができます。

ドライヤー前の使用が効果的だと言えます。

洗い流さないトリートメントの成分の内容について

次に、洗い流さないトリートメントの成分をチェックします。

これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、洗い流さないトリートメントの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できる洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

パーマなら「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」

パーマをかけた後は髪へのダメージが懸念されますが、「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」なら、その心配を軽減できます。

この製品に含まれる保湿成分がパーマによる乾燥を防ぎ、柔らかなカールを長持ちさせます。

ヘアカラーなら「Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイル」

セルフでのヘアカラー市販商品としても知られるBeauty labo(ビューティーラボ) 泡カラーやパルティ泡カラーを使用した後の髪は、ケアが重要になります。

そこで「Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイル」が役立ちます。

カラーリングによるダメージを補修し、艶やかな仕上がりを保つことができます。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」

ストレートヘアを美しく保つためには、「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」が適しています。

重さを感じさせることなく髪に深みのある潤いを与え、サラッとした手触りのストレートヘアを維持するのに貢献します。

洗い流さないトリートメントの香りも大事

最後に、洗い流さないトリートメントの香りも大切です。

洗い流さないトリートメントを使うとき、その香りに癒されることで、ヘアケア時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズの洗い流さないトリートメントは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りの洗い流さないトリートメントを選ぶことで、毎日のヘアケアが楽しみになりますよ。

香りは共通のクリスタルフルーティブーケなので、どれを選んでも良い

気分をリフレッシュさせる効果もある香りです。

ビューティーラボの製品は、クリスタルフルーティブーケの香りが共通しているため、どのアイテムを選んでも良い香りを楽しむことができます。

自分好みの香りに包まれながらケアを行うことで、日常のヘアケアタイムがより特別なものに変わるかもしれません。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とおすすめのBeauty labo(ビューティーラボ)

洗い流さないトリートメントは、使用感や効果に大きな違いがあるため、その選び方にはコツが求められます。

私自身の経験からも、髪質や悩みに合わせた製品を選ぶことで、美しい髪を保つことが可能になります。

Beauty labo(ビューティーラボ)の洗い流さないトリートメントは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめの洗い流さないトリートメントを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル

普段からヘアケアには気を使い、様々な商品を試しています。

特に印象に残っているのが「Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」です。

このトリートメントは髪にハリと潤いを与えることができ、また使い続けることで髪を健やかに保つことができるからです。

非常に使いやすくて効果性も高い

Beauty labo(ビューティーラボ)とてもしっとり」を実際に使ってみると、その使い勝手の良さに驚かされます。

手に取った感触は心地よく、毛髪にしっかりと馴染みます。

さらに、ドライヤーで乾かしたあとの髪のまとまりが格段に向上し、艶やかな印象を与えることができます。

くせ毛におすすめなら「Beauty labo(ビューティーラボ)もっととてもしっとり」

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル

くせ毛の方は髪の扱いに苦労されることが多いです。

そんな時「Beauty labo(ビューティーラボ)もっととてもしっとり」が頼もしい味方になります。

この製品はくせ毛特有の広がりを抑え、ナチュラルなストレート感を演出します。

まとまりやおさまりがいい

使用感は非常に心地よく、特に湿った髪になじませるとその効果を実感できます。

髪が乾くにつれて、くせ毛にありがちなごわつきがなくなり、手ぐしで簡単にスタイリングできるようになります。

猫っ毛におすすめなら「Beauty labo(ビューティーラボ)しっとり」

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル

逆に猫っ毛でお悩みの方には、「Beauty labo(ビューティーラボ)しっとり」がおすすめです。

猫っ毛の軽い髪質を生かしつつ、適度な重みを与えることで、風になびいても自然な美しさを保つことができます。

べたつかない仕上がりに

髪に軽やかさを持ちつつ、しっとりとした質感を与えます。

べたつきが気になる猫っ毛でも、使い心地はすっきり。髪全体が整うので、自然なボリュームを実現します。

剛毛におすすめなら「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル

剛毛だと髪のダメージが気になることもありますが、「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」なら、深い保湿効果でそれを解決します。

髪にしっかり栄養を補給し、柔らかな手触りに変わるでしょう。

保湿力も高くてしっとりする

しっかりとした保湿効果がありながら、重くなりすぎず、自然な輝きを髪にもたらします。

剛毛のために硬くなりがちな髪も、柔らかく扱いやすい質感へと導いてくれます。

エイジングケアなら「Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイル」

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル

年齢とともに髪の悩みが増えてくる方には、「Beauty labo(ビューティーラボ)スムースオイル」が最適です。

この製品は歳を重ねた髪のダメージを理解し、適したケアを行うことができます。

年齢による髪のダメージも補修

使うたびに髪が健康に近づきます。

年齢によるダメージを抑えるための成分が配合されており、髪にハリと弾力を与えるのです。

美しく年齢を重ねる秘訣は、正しいヘアケアから生まれます。

香りで選ぶ

しっとりとてもしっとりもっととてもしっとりスムースオイルディープオイル
ブーケの香りブーケの香りブーケの香りブーケの香りブーケの香り

洗い流さないトリートメントを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

個人的なおすすめは「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」

【洗い流さないトリートメント】「ビューティーラボ 美容液」のヘアオイルを実際に使ったレビュー記事

ヘアケア製品には多種多様な選択肢が存在しますが、私のオススメは「Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイル」です。

その理由は、保湿力とつけ心地の良さにあります。

市販のヘアオイルの中でも傑出した使用感を実感できるため、多くの方々にも愛用されている商品と聞きます。

保湿力が高くて効果性が高い

【洗い流さないトリートメント】「ビューティーラボ 美容液」のヘアオイルを実際に使ったレビュー記事

Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルの最大の魅力は、非常に優れた保湿力にあります。

このオイルは、髪の毛一本一本にしっかりと浸透し、うるおいを与えてくれるのが特徴です。

アンドハニー ヘアオイルのような他の製品と比較しても、その効果は格別で、髪に自然なツヤと輝きを与えられます。使用時の感覚はまるでプロの手によるヘアトリートメントを受けたかのようです。

ヘアミルク おすすめ プチプラ製品としても高い評価を受けており、手軽にプロ並みのケアを実現できる点が魅力的です。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

【洗い流さないトリートメント】「ビューティーラボ 美容液」のヘアオイルを実際に使ったレビュー記事

Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルを使った後の髪は、柔らかくて手ざわりが良いのが実感できます。

髪のまとまりもよくなり、スタイリングがしやすくなるため、忙しい朝の時間短縮にも一役買います。

例えばリーゼ泡カラー ソフトグレージュでカラーリングした後に使うと、色持ちが良くなるとも言われています。またウルリス 金木犀のような香りのヘアケアと組み合わせると、心地よい香りとともに一日を過ごせますね。

重さは使う量で調節できる

使用量によってヘアオイルのつけ心地が変わることはよくあります。

Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルの場合、適量を守ることで髪に負担をかけずに済み、自分の求める仕上がりに調節可能です。

特にセルフカラーのダメージが気になる方や、市販 ヘアカラー 傷まない ランキングを参考にしてヘアカラーを選んだ方にもおすすめです。

ベタッとした印象はないので使いやすい

多くのヘアオイルがベタつきを残しやすい中、Beauty labo(ビューティーラボ)ディープオイルはサラッとした仕上がりを実現します。

このため、アンドハニー ヘアオイル 使い方に悩む方にも扱いやすくなっています。重たい印象がないため、髪が軽やかに保たれる点も利用者から高く評価されている部分です。

Beauty labo(ビューティーラボ) 泡カラー 黒髪から始めるカラーリングでも使用する価値があります。

目次に戻る

Beauty labo(ビューティーラボ)洗い流さないトリートメントシリーズの効果的な使い方

ヘアオイルの正しい使い方は、朝使うのか、夜使うのか、使うタイミングによって変わってきます。

それぞれ具体的に解説します。

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪に適したヘアオイルの使い方。

まずは、ヘアオイルには「洗い流さないトリートメント」と「スタイリング剤」の2種類あるのですが、夜使う際はできるだけ洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。スタイリング剤のヘアオイルを使うと、そのまま寝ると寝具や頭皮地肌がベタつくので注意。

容器に、洗い流さないトリートメントかスタイリング剤か記載されているはずなので確認しましょう。

ここでは洗い流さないトリートメントタイプのヘアオイルを使用します。

POINT

しっかりとタオルで水分をとる

まずはお風呂上がりの髪の水分をしっかりとります。実はここが一番に重要といってもいいです。

というのも、髪に水分が残っていると、ヘアオイルが髪内部に浸透しません。これは髪に水分が残っていると隙間がなく、水分がヘアオイルを入れてくれないからです。水分をしっかりとることでヘアオイルでしっかり水分補給をすることができるのです。

しっかりタオルで水分をとる方法としては、

  1. 頭皮からしっかりタオルでふく
  2. 中間から毛先にかけてにぎるようにタオルで水分をとる
  3. ブラッシングをして髪を整える
  4. また中間から毛先をにぎるようにタオルを水分をとる

②〜④を繰り返すことで、かなり水分をとることができます。全てにおいて優しく、丁寧にするようにしてください。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体にブラッシング

できるだけ、大きくて、あらいめのブラシやクシを用意しましょう。目安としては、これぐらい大きなものがおすすめ。私はこれぐらいのコームをお風呂場と洗面所においてあります。

ちなみに、パーマスタイルの方もブラッシングは欠かさずにしましょう。ブラッシングをするとパーマがとれると思う方もいるかもしれませんが、ブラッシングしたあとにウェーブを作り直したほ

POINT

自然乾燥・髪を乾かす

く「髪はドライヤーで乾かさないとダメですか?」と質問がありますが、乾かしたほうが良いのは良いですが、自然乾燥を多少させてから乾かしたほうが効率的です。

自然乾燥が全くダメというわけではないので、ほどよく自然乾燥させてから、ドライヤーで乾かすと効率的でおすすめ。なので逆算してお風呂に入る時間を計算すると良いでしょう。

POINT

8割ほど乾いたら、ヘアオイルをもう一度付ける

ある程度乾いたら、もう一度ヘアオイルをつけましょう。ここでは濡れているときにつけた量の半分、髪質によってはもっと少なくてもOK。乾きにくい・ややベタつい

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセットやスタイリングに適したヘアオイルの使い方。

ここでは、洗い流さないトリートメントでもスタイリング剤でもどちらでも構いません。

分かりやすく、分別するとしたら「洗い流さないトリートメントはダメージ補修などができるが、ツヤ感は少ない」「スタイリング剤のほうがツヤはでやすくて、スタイリング時間も長い」ぐらいの感覚です。

髪質や量によって、お好みで使いましょう。私はどっちも使いますが、洗い流さないトリートメントは量が結構使うのでコスパが悪いかなとも思います。

POINT

ブラッシングして整える

まずは全体にブラッシングしてキレイに整えます。

できるだけ優しく、丁寧にしてあげましょう。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体を整えつつ、前髪に少しつける

最後に少しヘアオイルを手になじませて、全体のスタイリングをします。

動きをだすなら、表面の髪をつまむ・中間や毛先をにぎる・髪全体にをふるようにつける、などが効果的。

まとまりやツヤ感なら、両の手で髪をはさみすべらす・髪を指でつまんですべらす、などが効果的

前髪にヘアオイルの付け方

前髪にヘアオイルの付け方

前髪はツヤ髪・ツヤ感などスタイリングをする上では、かなり重要であり、うまくいくと全体の美しさが際立ちます。

とはいえ、前髪はとくにべたつきやすいので注意。

POINT

ヘアオイルを少量手にだす

ここは少なめに調整。前髪の長さや量によっても、ヘアオイルの適量は違うの少しづつ足していくようにつけます。これは人によって大きく変わるので、べたつきやすい人はかなり少なめに。

POINT

髪の内側から毛先につける

表面からつけるのではなく、ベタつきにくい内側からつけます。ここも毛先・中間・根本付近の順番に。

POINT

ブラッシングして整える

ここでは、大きめでなくてもOK。わりと細かいコームやブラシでも可愛く仕上がります。お好みで調整しましょう。

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルでは、普通に使ったとしてもキレイにはなりますが、適切な使い方をすることで、より効果を、むしろ最大限に発揮することができます。

量が少なすぎても、多すぎてもダメです。目安となる量もまとめておくので参考にしてください。

髪の長さ適正量
ショート1〜2P
ミディアム・ボブ2〜3P
セミロング2.5〜3.5P
ロング3〜4P
毛量多い場合は+0.5P、ベタつきやすいなら-0,5Pと調整してください
目次に戻る

Beauty labo(ビューティーラボ)洗い流さないトリートメントシリーズのよくある質問集(Q&A)

市販のヘアカラーはなぜダメなのでしょうか?

市販のヘアカラーがプロのものと比較して不適切とされる理由には、一般的にはその化学成分の刺激の強さや、自己判断によるカラーリングが適切でない場合があること、更には均一な発色が難しいことなどが挙げられます。

しかし、使用する方の髪の状態や正しい使い方によっては、市販のヘアカラーでも十分な結果を得ることが可能です。

セルフカラーを美容院で相談せずに行ったら怒られますか?

美容院ではプロの目線で髪の状態を診断し、適切なアドバイスを提供してくれます。

セルフカラーは自己責任で行われるため怒られるということは少ないですが、もし髪に問題が発生した場合はその修復が困難になることがあるため、事前の相談が推奨されます。

市販のヘアカラーを使っても良い状況はありますか?

市販のヘアカラーは自宅で手軽に使用できる利点があり、時間的・経済的制約がある場合や簡易的なリタッチが必要な時に便利です。

ただし、髪の状態やカラーの正しい使用方法を理解し、ダメージやアレルギー反応に注意しながら使用することが重要です。

市販のヘアカラーはサロンで染めるよりもどう違うの?

販のヘアカラーは自宅で手軽に使用できる点が魅力ですが、プロのカラーリングに比べて色の均一性や持続性に劣る可能性があります。また、髪へのダメージやアレルギー反応を引き起こしやすくなるリスクも指摘されています。

セルフカラーで痛まないおすすめの商品は?

セルフカラーで髪をあまり傷めないおすすめの商品は、トリートメント成分を含むカラートリートメントや、アミノ酸系の柔らかい成分を使ったヘアカラー剤です。

目次に戻る

あとがき

きし

様々なヘアケア製品を駆使し、日々進化を続ける「Beauty labo(ビューティーラボ)」はヘアケア市場で高い評価を集めています。製品ラインアップの豊富さと、一人ひとりの髪質に配慮した処方により多くの消費者から支持される理由となっています。

髪色を変えることで新しい自分を表現したい消費者には、適度な使用感と長持ちするカラーを提供するカラーリングアイテムを提供しています。このような製品は、繰り返しのカラーチェンジを望む人々のために、髪へのダメージを最小限に抑えながら理想的な色合いを実現するよう工夫されています。

加えて、Beauty labo(ビューティーラボ)は、熱スタイリングによる損傷から髪を守るためのコンディショニング製品も提供しています。熱から生じる乾燥や切れ毛に対抗し、健康な髪の毛を保証するヘアオイルは、その使い心地の良さから多くの方に選ばれています。植物由来の成分をふんだんに取り入れた製品にも注目です。

自然界から得られる栄養を活かした製品は、利用者の髪に柔らかさと潤いを与え、盛りだくさんのストレスと向き合う現代人の髪に欠かせない要素を提供します。

特に椿油やゆず油を含むヘアケア製品は、髪に潤いを与え、外部環境から髪を保護します。

このように、徹底的に使用者ニーズに寄り添ったBeauty labo(ビューティーラボ)の製品は、幅広い層から愛され、市場で確固たる地位を築いています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップする目次