プロが作るアウトバスランキング!

コスパ最強!市販限定

市販限定「洗い流さないトリートメントTOP5」

【コスパ最強!】美容師がおすすめの市販限定「洗い流さないトリートメントTOP5」

きし

きし

当記事では、「市販(ドラッグストア)で販売されている洗い流さないトリートメント」をランキング形式で初心者にでも分かりやすくご紹介しています。この記事を見ればあなあにピッタリのアイテムを見つけることができます。どうぞご覧ください。

【市販限定】洗い流さないトリートメントのプチプラ最強ランキング【ドラックストアのみ】

美容室専売の洗い流さないトリートメントと対をなすのが「市販品の洗い流さないトリートメント」です。やはり大きな魅力となるのがコスパの良さです。

とはいえ、コスパが良いだけで選んでしまうと、髪への使用感が悪かったりすることもあります、多くの女性はその中でも良いものを選びたいというのが本音でもあります。

市販品はあんまり良くないって聞くけど、ドラッグストアの中でおすすめできるものはある?

こういった疑問と一緒に市販品のアイテムを紹介します。

市販品のアイテムは、サロン専売品ほど品質が高いわけではありませんが、コスパも良く、それでいてバランスの良いモノはたくさんあります。

ここでは、美容のプロとして、100種類以上の「市販品の洗い流さないトリートメント」を使ってきた経験の中から、良いと感じたものをまとめています。

とくに上位3つはかなりおすすめです。

つま

つま

その市販品の中から良いトリートメントを美容師的に厳選してみました。

そこで、当カテゴリでは、髪にいい市販品をランキング形式にして紹介していきます。洗い流さないトリートメントを選ぶコツについても丁寧に分かりやすくしているので、自分の髪に合ったアウトバスを探すためにもご覧いただけます。

美容師が選ぶ「洗い流さないトリートメント」【市販品】

【市販限定】洗い流さないトリートメントのプチプラ最強ランキング【ドラックストアのみ】
きし

きし

美容師であるぼく達が市販のアウトバス(洗い流さないトリートメント)について徹底的分かりやすくお話します。

この記事では、サロン専売のヘアトリートメントとは比較はしません。

それは、サロントリートメントの方が髪の有効成分は良いですが、市販のトリートメントの良さは

コストパフォーマンス

だからです。

ぼくの中では、3つのニーズがあると考えています。

  • コストは気にしないから髪にいいもの
  • 髪は気にしないからコスパのいいもの
  • コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの

多くの美容師さんは、市販のアイテムはダメと言っちゃいやすいですが、市販商品の中にもいいのものはたくさんあります。

つま

つま

ここでは、「コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの」という人に向けてをランキング式にして、分かりやすくお話します。

洗い流さないトリートメントの豆知識

きし

きし

市販のヘアオイル(ヘアミルク)とは、「洗い流さないトリートメント」のことです。

トリートメントは髪にとって良いものですが、相性の良いモノを使うことで、より効果を実感することができます。

つま

つま

髪にはそれぞれの髪質というものがあり、悩みというのもまたそれぞれとなります。

トリートメントの種類は、髪の悩みに合わせて使い分けることによって、あなたに合ったヘアケアになります。

トリートメントの違い

市販のトリートメントには、いくつかの種類があります。

  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • ミルク・クリームタイプ

それぞれを話します。

MEMO

オイルタイプ

オイル状で、トリートメントの中ではバランスのとれたタイプです。

ミストに比べて粘度も高く、ベタつく印象にはなりますが、髪に必要な水分を補う役割を担ってくれます。

ミストタイプに比べて、しっとりとつるっとした質感になります。

オールジャンルで使えるのが特徴なのがオイルタイプです。パーマやストレート毛、くせ毛の方にも使えるのがポイントです。

ミルクタイプ

1番しっとりするタイプにはクリームタイプのトリートメントです。

オイルタイプよりも粘度が高くなり、ミルクのような色になり、濃厚さが目に見えてわかります。少し手にベタつきが残る場合もありますが髪に水分を補給することができます。

重めな質感にしたい時や、ストレートをかけた時に効果的になります。量の調節によっても幅広く使えるタイプなので毛先のまとまりやツヤ感を出してくれるタイプです。

ミストタイプ

ミストタイプとは、名前通りに「ミスト=霧状」になっています。

特徴としては、サラッとした質感に仕上げていきたい時におすすめのトリートメントです。

ミストタイプなので手につける必要はなく、直接髪につけることができるので、ベタベタすることなく使用することができるのもポイントです。

関連記事洗い流さないトリートメントのそれぞれの種類についてを美容師が解説!

トリートメントの選び方

髪には色々な外的要因から守る必要性というものがあります。

  • 紫外線のダメージ
  • 熱のダメージ
  • 摩擦のダメージ
  • カラーパーマのダメージ

これらの外的要因から髪を守る必要があります。

  1. 紫外線のダメージ→「ミスト」
  2. 熱のダメージ→「オイル」
  3. 摩擦のダメージ→「オイルorミスト」
  4. カラー・パーマのダメージ→「ミルク・クリーム」

ダメージに合わせてケアアイテムを選ぶ必要があります。

髪質や毛量で選ぶ

  1. 細い髪→「オイル」
  2. 太い髪→「ミルク・クリーム」
  3. 中間の髪→「オイル」

髪質によって使い分け、

  1. 毛量が多い→「ミルク・クリーム」
  2. 毛量が少ない→「ミスト・オイル」
  3. 中間の毛量→「オイル」

毛量によっても使い分ける必要があります。

洗い流さないトリートメントには、髪のダメージを直す(治す)というよりも、使うことによってダメージさせないという目的があります。

そもそも髪は一度ダメージになってしまうと、元通りのキレイな状態にすることができません。

トリートメ ント剤は髪の損傷を進まないように保護するとともに,ある程度の修復 を目的とした商 品です

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

ですが、トリートメントといっても適当に選んでしまうと、髪質によっては相性が悪いケースもあるため、自分にあうものを選ぶ必要があります。

トリートメ ント剤 の主成分はリンス剤とほぼ同様で ありますが,各成分の配合量が多くなるとともに,パーマやヘアダイなどの毛髪損傷により失われた成分を補 うために蛋白質が配合 されてい るのが特徴です.

引用元:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

そして、世の中にはたくさんのトリートメントがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

とはいえ簡単に良し悪しを決めることはできません、サロン用のアウトバスには良い商品がたくさんあるからです。そこでおすすめの上位10アイテムを簡易比較しています。それぞれ一長一短あるので特徴を並べてみました。

(◎ = 一番良い ○ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名 おすすめ度 ツヤ感 保湿力 補修力 コスパ

エイトザタラソ【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

★★★★★

MUJIヘアセラム「無印良品(MUJI)ヘアセラム」を美容師が実際に使ったレビュー記事【洗い流さないトリートメント】

★★★★★

アミノメイソン「アミノメイソン」のモイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

★★★★☆

アンドハニー「&honey」のEXディープモイストヘアオイル3.0を美容師が実際に使ったレビュー記事

★★★★☆

ボタニカルオイル【洗い流さないトリートメント】「ボタニカルハニーオイル」を美容師が実際に使ったレビュー記事

★★★★☆

アルミックオイル【洗い流さないトリートメント】「アルミックヘアオイル」を美容師が実際に使ったレビュー記事

★★★☆☆

さらに失敗しない洗い流さないトリートメントを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つは、とくにおすすめです。

ロングヘアでくせ毛の私がモデルとなって採点しています、ご参考になればと思います!

つま

つま

タイトルには、洗い流さないトリートメントのキーワードタグを付けました。

オイル ミスト ミルク

流し読みして、気になった洗い流さないトリートメントの紹介文を読んでくださいね。

※トリートメント画像はクリックできます。

加えて、失敗しないトリートメントを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。

※随時更新していきます(2020年)

目次に戻る

1位 『エイト ザ タラソ』

エイトザタラソ モイストヘアオイル

【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

ヘアオイル

使いやすさ: ★★★✮☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

最高級の市販ヘアオイル!

エイトザタラソの大きな特徴としては、髪のお悩みに多角的にアプローチするマルチオイルタイプのトリートメント。

  • さまざまな悩みに対応できるアウトバス
  • サルフェートフリーで安心・安全に使用できる
  • アクアホワイトフローラルの香り

髪の水分・油分のバランスを整えて、毛先までしっとりとまとまります。

【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使用してみましたが、全てにおいてバランスが良く効果もずば抜けているアイテムでした。

使用しているときのベタつき等もほとんど感じないため、とても使いやすく、使用後はさらっとした質感になります。とくにくせ毛(パサつき・広がり・うねり)の悩みの方は間違いなく気に入るはず。

わたしの髪はくせ毛でロングヘアですが、使用感も良くまとまりも良いためかなり気に入っています。

つま

つま

目次に戻る

2位 『MUJI ヘアセラム

無印良品(MUJI)ヘアセラム

「無印良品(MUJI)ヘアセラム」を美容師が実際に使ったレビュー記事【洗い流さないトリートメント】

ヘアオイル

使いやすさ: ★★★✮☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

効果も高く、細部にまでこだわったアイテム!

MUJI(無印良品)のヘアセラムは、コンセプトにあったつくりになっていて、シンプルかつ、品質の高さを感じることができるアイテムです。

  • 5種類の植物オイル配合
  • 無添加・無着色・無鉱物油・アルコールフリー
  • シトラス調の香り仕上げ

天然うるおい成分として5種類の植物オイルを配合した洗い流さないトリートメントです。

「無印良品(MUJI)ヘアセラム」を美容師が実際に使ったレビュー記事【洗い流さないトリートメント】

実際に使ってみましたが、バランスが良いというだけでなく、効果も高い洗い流さないトリートメントでした。

保湿力(しっとり感)もしっかりありつつ、ベタつくも少なく使用感のいいアイテム、それでいてトリートメントとしても効果が高いです。

さらに香りも良いので、柑橘系の香りはリラックスすることもできるため、まさに非の打ち所がないアイテムでした。

私も使ってみて、くせ毛のおさまり度やしっとり感には少し物足りなさは感じましたが、それでも価格を考えると十分すぎる内容です。

つま

つま

目次に戻る

3位 『アミノメイソン

アミノメイソン モイストヘアオイル

「アミノメイソン」のモイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

ヘアオイル

使いやすさ: ★★★☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

超贅沢なボタニカルオイル!

アミノメイソンは、23種のボタニカルオイルを配合していて、キューティクルのダメージをケアするヘアオイルです。

髪を乾燥から守りながら1本1本補修するので、うねりや広がりを抑え、毛先までまとまりのいいツヤのある髪へと整えます。

「アミノメイソン」のモイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみて、かなり使用感も良い上に、デザイン性も高いので幅広くおすすめすることができるヘアオイル。トリートメントとしての補修効果はないものの十分すぎるスペックがあるので一度は試してみる価値はあります。

かなり好印象なアイテムでした。

とくにロングヘアやくせ毛の方で、スタイリング剤を全くつけないって方なんかは、ぜひ試してみてほしいです。

かなり使い勝手が良いので、まとまりやおさまりなどヘアスタイルの仕上がりを格段にあげてくれます。

つま

つま

目次に戻る

4位 『アンドハニー

ディープモイストヘアオイル3.0

「&honey」のEXディープモイストヘアオイル3.0を美容師が実際に使ったレビュー記事

ヘアオイル

使いやすさ: ★★★✮☆

使用感  : ★★★☆☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

バランスの良いオーガニックオイル!

アンドハニーのトリートメントでは、ナチュラルな成分で髪の潤いを引き出してくれるアウトバスです。

髪にピュアなうるおいを与える、モロッコ産のオーガニック認定オイルを贅沢に使用、髪と地肌のことを考えた優しくうるおう成分にこだわり、ナチュラル処方を追求するアイテムです。

「&honey」のEXディープモイストヘアオイル3.0を美容師が実際に使ったレビュー記事

成分を見ていくと、ハチミツ系美容成分でバランスも非常に良さそうな印象です。

パーム油、ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、ダマスクバラ花エキス、サルガニアスピノサ核油、パンテノール、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ケラチン(羊毛)ローヤルゼリーエキス、プロモリスエキス、

と、美容成分となるエキスだけでなく、ケラチンまであるので、ただのヘアオイルではなく、ダメージを補修できるトリートメントとして十分な役割になってくれそうなアイテムです。

この価格帯で考えると十分すぎるスペックでもあります。

サロン専売品と比べても遜色ないデザイン性のあるボトル、使いやすい使用感に加えて、ヘアオイルではなくちゃんとしたトリートメントになっているため、たくさんの方におすすめできる内容になっています。

つま

つま

目次に戻る

5位 『ボタニカルハニーオイル』

ボタニカルハニーオイル

【洗い流さないトリートメント】「ボタニカルハニーオイル」を美容師が実際に使ったレビュー記事

ヘアオイル

使いやすさ: ★★☆☆☆

使用感  : ★★★☆☆

コスパ  : ★★✮✮✮

一言でいうと

コスパに優れたアウトバス!

ボタニカルハニーオイルの特徴は、植物の恵みとハチミツの豊富な栄養で傷んだ髪を優しくケアしながらしっとりなめらかに仕上げてくれるヘアオイルです。

  • 厳選された24種の植物から抽出した成分を配合
  • 髪をキレイにするハチミツ配合

硬さがあって動かしづらい髪をおさまりのある柔らかい髪質に整えます。合わせて、パーマ・ヘアカラーなどで傷んだ髪にもオススメできるヘアオイルトリートメントです。

【洗い流さないトリートメント】「ボタニカルハニーオイル」を美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、非常に使い勝手が良くて香りも良い洗い流さないトリートメントでした。

香りもいいので、香水のような甘く上品な香りは女性なら嬉しいはず。

さらに、このトリートメントは元の価格が実はサロン専売並の価格で割引されてドラッグストアの店頭に並んでいます。つまり元々はサロン専売並のクオリティになっているのです。

まぁ間違いなく破格の内容になっています。

くせ毛でロングヘアの私も使ってみましたが、問題なく使用することができました。デザインはもちろん実際に使ってみた使用感、使い勝手など市販の中で比較すると破格の内容になっています。

つま

つま

目次に戻る

きし

きし

この他にもたくさんの洗い流さないトリートメントをレビューしているので参考にしてくださいね。