2021年!ハイダメージ毛におすすめサロン専売&市販の洗い流さないトリートメント人気ランキング10選

12 min
きし

きし

洗い流さないトリートメントでお悩みなあなたへ。当記事では「ダメージケア」と相性の良いアイテムをご紹介しています。これを見ればあなたにピッタリな洗い流さないトリートメントを見つけることができます。どうぞご覧下さい。

紫外線やドライヤーの熱による乾燥、普段の髪の扱い方によって、生じる摩擦のダメージ。髪が傷んでしまうことで一気にテンションが下がってしまいますよね。

はっきり言いますが、洗い流さないトリートメントを変えることがダメージヘアを改善する第一歩になります。当記事では、ダメージが気になる髪におすすめのトリートメントをランキング形式でご紹介。できるだけ丁寧に分かりやすくお話します。

内容については、

  • 美容室で販売されているサロン専売品
  • ドラッグストアや、薬局、amazonで販売されている市販品
  • それぞれTOP5にランキング

手っ取り早くおすすめの洗い流さないトリートメントを見たい方はこちらをどうぞ。

年間で、100種類以上のサロン専売品&市販品の洗い流さないトリートメントを比較検証して、ランキングとしてまとめている記事もあります。こちらも合わせて参考にしてください。

この記事を監修する専門家

髪の専門家 / 運営者

きし かずき

美容業界を15年以上下積み、2019年に独立。同時に美容サイトのきしろぐを運営、豆知識だけでなく、シャンプーやトリートメントなどのレビューの執筆活動、サイト監修や情報も発信。

ヘアケアマイスター

ゆきな

美容業界を10年以上経験し、2019年に独立。ヘアメイク・ヘアアレンジ技術にも長けていて、ヘアケアマイスター・化粧品検定・色彩検定など、さまざまな資格も所有。一人の消費者としてもたくさんのアイテムをレビュー。

運営者は、さまざまな種類のシャンプーや洗い流さないトリートメント、スタイリング剤を、累計500種類以上を使用・レビューしてきました。さらに要望の多い、市販品のシリーズも数多くレビューしています。

当サイトでは独自に製品を調査・テスト・推奨しています。レビューのガイドラインの詳細については、 こちらをご覧ください

検証のポイント

売れ筋の「サロン専売品」「市販品」のおすすめ洗い流さないトリートメントを集め検証しました。

良いトリートメントとは何か?

この記事を監修する上では、とても重要なコンセプトになります。たくさんの情報がある中で、当記事で大事にしているのは、

  • 成分内容
  • 保湿性&補修力
  • 実際の使用感

が、最も重要になると考えています。

【洗い流さないトリートメント】クオレ「AXI(アキシ)」のヘアオイルUVを実際に使ったレビュー記事

成分内容

トリートメントを使う上では、髪や頭皮にどのような効果があるのか、非常にわかりやすい目安になります。さまざまなアイテムの成分内容を比較して評価しています。

保湿性&補修力

アウトバスにおいて保湿性はおさまりや手触りなど、効果が高いと即効性があります。当記事ではその辺りも重要なポイントとして評価しています。

実際の使用感

男女のモニターで実際に使用して、使い心地を検証。アウトバスを選ぶ上では最も大事な項目です。使いやすさはもちろん、香りや、髪のまとまりや仕上がりなど、専門家ならではの知見を加えて評価します。

すべての検証は監修者が行っており、実際に使用して評価してます

洗い流さないトリートメントの選び方

洗い流さないトリートメントには、大きく3つのタイプがあります。

  • ヘアミストタイプ
  • ヘアオイルタイプ
  • ヘアミルクタイプ
ヘアミストヘアオイルヘアミルク
保湿力
補修力
使いやすさ
質感サラっとした仕上がりなめらかな仕上がりしっとりした仕上がり
おすすめの髪質猫毛や細毛全ての髪質剛毛や硬毛

ヘアオイルとヘアミルクにそれほど差がなく、むしろヘアオイルのほうが万能性が高く失敗が少ないです。逆に、ヘアミストだと物足りない、ヘアミルクだと髪質によってはベタつく可能性もあります。

個人的には、このようなイメージで、もちろんヘアオイルで物足りない方にはヘアミルクも使えますが、まずはヘアオイルから始めるのが無難で失敗も少ないため、当サイトではヘアオイルをレビューしていることが多いです。

ダメージを補修する成分もポイント

【コスパ最強】美容師おすすめの市販「洗い流さないトリートメント」15選!

成分と簡単に言っても、髪を補修する成分、しっとり潤う保湿成分、軽やか・しなやかな手触りにしてれくるコーティング成分・シリコーン成分、紫外線などのダメージから髪を保護する成分、など実にさまざまです。

シャンプーやトリートメントなどの化粧品には、全成分を記載することが義務づけられているため、ボトルか外箱で確認することができるので、使う前に確認します。

ダメージによって髪には、「ダメージホール」という空洞のようなものが生じます。。もともとは水分がありましたが、さまざまなダメージによって損失してしまいます。

空洞がどう埋めるのか、がキーポイントになります。ダメージヘアが気になる方は、保湿力と補修力のある成分がおすすめ。

  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解コラーゲン
  • 加水分解卵白
  • 加水分解コンキオリン
  • ヘマチン
  • パンテノール

などが、非常に効果的でおすすめです。

手触りをなめらかにしたいなら、

  • アルギニン
  • グリセリン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

摩擦・熱・紫外線から守りたい方は、

  • 〇〇油
  • 〇〇エキス
  • シア脂
  • γ-ドコサラクトン

などの成分が目安になるので、自分の悩みに合わせたものを使うのが重要です。

その他の効果のある成分もまとめました。

成分特徴
セラミド保水力が高い・キューティクルを整えてツヤ感アップ
ヒアルロン酸保湿力が高い・ダメージ保護効果もある
天然由来成分安全性と効果性が高い
◯◯エキス系頭皮や髪の保湿性が高い
ヒアルロン酸ハリ・コシやボリューム効果がある
コハク酸美容成分の吸着を促進・弾力性アップ
ヒドロキシエチルウレアダメージ部分の保水力向上
加水分解ケラチンまとまりやおさまりを含めた補修効果
ヘマチンツヤ感向上、髪や頭皮の補修効果
加水分解卵白ハリ・コシを含めた保湿効果
加水分解コンキオリンハリ・コシ・ツヤ感の向上
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル紫外線防止効果のある成分
パンテノール保湿・補修、ハリ・コシの向上
γ-ドコサラクトン絡まりを改善・ハリ・コシの向上
ポリクオタニウム系ハリ・コシの向上
スクワランCMCの脂質層を補修して水分の蒸散を抑える
イソステアリン酸イソステアリル水素結合する部分を持ち、CMCの脂質層を補修する

さらに状態別におすすめの成分も。

髪の主成分でもあるタンパク質を補給してあげることが何よりも大事になります。

  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • セラミド
  • コレステロール
  • ヘマチン
  • グルタミン酸
  • アルギニン
  • ロイシン
  • セリン
  • グリシン
  • スレオニン
  • アスパラギン

ダメージ毛と同じくたんぱく質を補給しつつ、アミノ酸で負担を減らします。

  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • 加水分解卵白
  • セラミド
  • コレステロール
  • ヘマチン
  • γ-ドコサラクトン

保湿成分が多い植物オイル系が非常に効果的です。

  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • シア脂
  • ひまわり種子油
  • オリーブオイル

乾燥などを防ぐためには、保湿力が高いもの、そして、しなやかに、まとまりのある成分を配合されているものが効果的です。普段から髪に良いものを使うことで、常にキレイな状態を維持することができます。

デリケートな肌には「ノンシリコン」を選ぶ

シリコーン成分は、手触りを「しなやか」「かろやか」「さらさら」にしてくれる特徴とメリットがありますが、逆にシリコーン成分・シリコン油には、デリケートな方にとっては肌トラブルを起こすデメリットもあります。

そのため、肌がデリケートな場合には「ノンシリコン」の洗い流さないトリートメントを選びましょう。

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • ジメチコノール

などがシリコーン成分になるため、ノンシリコンかどうかの判別はつきやすいため、一つの選択肢になります。

敏感肌の方の場合、ヘアミルクやヘアクリームに含まれるコンディショニング成分にも注意が必要です。肌トラブルの原因になる恐れがあります。敏感肌の方は植物油がベースになっている&ノンシリコンのシンプルな処方の商品がおすすめ。

サロン専売品か?市販品か?

サロン品か市販品かを明確にしておくことで、さらに選びやすくなります。

サロン品の特徴
  • 髪や頭皮に優しい
  • 効果が高い
  • 価格が高い
  • 購入しづらい
市販品の特徴
  • 使いづらいものも多くなる
  • 良いものもたくさんある
  • 価格が安い
  • コスパが良い

とはいえ、ここだけで語りきれないほどの特徴があります。

ここでは、

個人的な主観と偏見にはなりますが、良かったものをピックアップしてご紹介します。

ピックアップ!一度は使って欲しい一品

【PR】ラサーナ プレミオール

浸透補修なめらか成分(イソステアロイル加水分解コラーゲン・スクワラン)によって、髪にツヤを与え、保水性も高いため乾燥によるパサつき、うねりをコントロールしやすくなります。さらに毛髪内部に浸透し、キューティクルをなめらかに仕上げます。

こんな方におすすめ
【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選アウトバス】
  • 静電気・髪のパサつきが気になる
  • 髪のうねりや広がりが気になる
  • カラーやパーマによる髪のダメージが気になる
  • 髪の悩みが慢性化している
  • 香りにこだわって選びたい

初回限定49%OFFのお得なトライアルセットの購入方法

 LaSana Premior 

 ラサーナ プレミオール 

 Shampoo 

 プレミオール シャンプー 

 Essence 

 プレミオール エッセンス 

髪の奥深くまで浸透補修する「シャンプー」と「トリートメント」がセットになった「21日間分の3点セット」が49%OFFの1,980円(税込)でお得に購入することができます!しかも送料無料です!

 Premior 

  プレミオール

 

髪の奥深くまで浸透補修する「シャンプー」と「トリートメント」がセットになった「21日間分の3点セット」が49%OFFの1,980円(税込)でお得に購入!しかも送料無料です!

通販限定のセット内容
  • プレミオール シャンプー 130ml
  • プレミオール トリートメント 130g
  • プレミオール エッセンス 20ml

定期購入ではないのも嬉しいポイントです。また、トリートメントとエッセンスのライン使いができると香りが統一することができます。

\ 定期購入はありません!/

サロン品の洗い流さないトリートメントTOP5

サロントリートメントとは?

サロントリートメント(サロン専売品)は、シャンプーやトリートメントなどの化粧品を取り扱うメーカーが、メイクアップアーティスト美容のプロフェッショナルが使用するためにつくられた化粧品のことです

多くは美容室(美容院)やエステティックサロン、クリニックといった美容に関する専門性の高い店舗で販売しています。

主なメリットには、品質の高さ・安全性(市販品と比較すると)や、種類の豊富さからの、プロフェッショナルへの相談アドバイスなどによって、自身に的確なアイテムが使用することができるところにあります。

とはいえ市販品と対をなすようにメリットもあれば逆を言えばデメリットもあるため、髪の悩みや状態を見極める必要があります。

メリット&デメリット

メリット
  • 品質と使用感の良さ
  • アドバイスを受けられる
  • 専門性が強い
残念
  • 取り扱い店舗がない場合もある
  • プロフェッショナルとのコミュニケーションが必要
  • 価格が高いものが多い

さて、ここからは美容室専用の売れ筋上位のサロン専売の洗い流さないトリートメント、42商品を実際に使用してみて、どれが最も優れたアウトバスなのか検証していきます。

検証項目は以下の3項目としました。

  • 成分内容
  • 保湿性&補修力
  • 実際の使用感
今回検証した商品一覧(6月1日 現在)
  1. オージュア クエンチ
  2. オージュア ジェルステムライザー
  3. インフェノム
  4. オージュア イミュライズ
  5. クロナ
  6. プラーミア ボリュームマイザー
  7. ジェミールフラン メルティバター
  8. プラーミア
  9. エルジューダ
  10. ジェミールフラン メルティバターバーム
  11. プラーミア デイエッセンス
  12. エルジューダ エマルジョン
  13. エヌドット
  14. インプライム
  15. AXIヘアオイル
  16. AXIセラム
  17. アクアスパークリングシールド
  18. ナイトスパークリングトリートメント
  19. BCオイルイノセンス
  20. BCクア
  21. パタゴニックオイル
  22. ウェーボ ジュカーラ
  23. オイルリフレクション
  24. ブリリアンス
  25. トリエ
  26. イオセラム
  27. イオエッセンス
  28. モイバーム
  29. ルミノジェニック
  30. アクアインテンシブ
  31. スリークライナー
  32. フェンテフォルテ
  33. ミュリアム
  34. セリエ
  35. ミシックオイル
  36. ジュウロクユスイ
  37. Fプロテクト
  38. スプリナージュ
  39. シェルパ
  40. ケアドゥーエ
  41. ケアリスト
  42. アルマダ

(◎ = 一番良い ○ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名おすすめ度ツヤ感保湿力補修力コスパ
プレミオール
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選アウトバス】
★★★★★
ジェルステムライザー
★★★★★
AXI
【洗い流さないトリートメント】クオレ「AXI(アキシ)」のヘアオイルUVを実際に使ったレビュー記事
★★★★★
パタゴニックオイル
★★★★★
スプリナージュ
【洗い流さないトリートメント】アリミノ「スプリナージュ」のスパスージングオイルを実際に使ったレビュー記事
★★★★★

さらに、失敗しない洗い流さないトリートメントを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つは、とくにおすすめです。

ロングヘアでくせ毛の私がモデルとなって採点しています、ご参考になればと思います!

ゆきな

ゆきな

流し読みして、気になった洗い流さないトリートメントの紹介文を読んでくださいね。

※トリートメント画像はクリックできます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。

※随時更新していきます(2021年)

1位 Aujua(オージュア)

イミュライズ

エクシードセラム

【洗い流さないトリートメント】「Aujua(オージュア)」のイミュライズを美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★★☆

コスパ  : ★★☆☆☆

一言でいうと

補修力の高く、エイジングケアもできるアウトバス

  • アミノ酸成分配合でタンパク質補給
  • ケラチン成分配合でダメージ毛を補修
  • ローズ・ド・メイの香り

齢とともにカラーやパーマのダメージが気になりだした方へ、ダメージに負けない健康的な髪にしてくれるトリートメントです。

実際に使ってみると、高級品なだけあって、使用感が非常に高いことが実感できます。

それだけでなく、エモリエント剤だけでなく、ケラチンなどの補修成分も入っているためトリートメントとしてのスペックは非常に高い。

それが、髪に使うことで実感できるアイテムになるため、かなりおすすめのアイテムです。

そして、何よりもエイジングヘアケアができるアウトバスは少ないため、かなり貴重な部類に入ります。さまざまなケアをすることができるため試しに使う価値は十分にあるアイテムだと感じます。

実際に使ってみると、香りも良いだけでなく、使用感も高いためかなりおすすめ。しかも年齢による髪の変化を感じる方のケアもできるので幅広く使用することができるはずです。

つま

つま

とはいえ、とにかく価格が高いのがネックです。

毎日使えるものでもありませんが、ここぞという時に使えるようにおいておくなら良いかなと個人的には考えています。

【洗い流さないトリートメント】「Aujua(オージュア)」のイミュライズを美容師が実際に使ったレビュー記事
ブランド名Aujua(オージュア
製品名イミュライズ エクシードセラム
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量100ml
主な保湿成分
香りローズ・ド・メイ
生産日本
メーカーミルボン

同シリーズのこちらもかなりおすすめ

イミュライズ

ジェルステムライザー

使いやすさ: ★★★☆☆

使用感  : ★★★★★

コスパ  : ★★☆☆☆

一言でいうと

ダメージ補修する超アウトバス!

  • アミノ酸成分配合でタンパク質補給
  • ケラチン成分配合でダメージ毛を補修
  • ローズ・ド・メイの香り

ジェルステムライザーの特徴は、エクシードセラム塗布前につけることで、保湿&補修力を高める特殊なトリートメントです。

初見は微妙かな〜とも感じるアイテムでしたが、実際に使ってみると驚くほど使いやすいアウトバスでした。たしかに、くせのあるジェルタイプですが、それを上回るほどの効果性と組み合わせの使いやすさがあります。

とくに効果性は当然としても、トリートメントとしての使い方としては、

  • アウトバス単品としても
  • トリートメントの下地としても
  • シャンプーの後につけてリンスやコンディショナーをつけても良い

極端な言い方をすれば、このトリートメントを下地にしておけば、どんな安物の洗い流さないトリートメントをつけても高級なトリートメントに変化します

このアイテムは上級者向けと思われがちですが、初心者にこそおすすめするアイテムです。

もちろん同シリーズを使うことで、より効果を感じることはできますが、コスパ重視を考えて別シリーズ&ブランドであっても問題なく使うことができました。

その上ではヘアマスク的な使い方もできるため、十二分に活かすと、インバス&アウトバスで活躍できるめちゃくちゃ万能的なトリートメントになるのです。。

このアイテム自体は賛否両論ありますが、個人的には好印象でおすすめのアイテムです。

猫っ毛にもベタつかず、くせ毛やまとまりづらい髪質にも対応することができるため、ダメージを気にしている方には超おすすめなのです。

つま

つま

ブランド名オージュア
製品名イミュライズ ジェルステムライザー
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量28g
主な保湿成分
香りローズ・ド・メイ
生産日本
メーカーミルボン

比較表に戻る【サロン品】

比較表を見る【市販品】

2位 AXI(アキシ)

ヘアオイルUV

【洗い流さないトリートメント】クオレ「AXI(アキシ)」のヘアオイルUVを美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★✮✮

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

髪に必要なタンパク質を補給することができるアイテム

  • SPF28/PA++
  • 12種類の天然オイル配合
  • 3つのタンパク補給成分配合

さまざまなダメージから髪を保護してくれます、その上で朝から夜まで長時間キレイがキープします。それだけでなく、紫外線からも保護してくれるためスタイリング剤代わりにも使用することができます。

実際に使ってみましたが、使いやすいデザイン性に加えて使い勝手の良いヘアオイルというだけでなく、ダメージヘアを補修する効果もあります。

さらに、UVカットまでできるためダメージを保護できる万能的トリートメントということです。

個人的には、悪いところが見当たらないため全力でおすすめできるトリートメントとなっています。ヘアトラブルのある方はぜひ試してみてくださいね。

つま

つま

【洗い流さないトリートメント】クオレ「AXI(アキシ)」のヘアオイルUVを美容師が実際に使ったレビュー記事
ブランド名AXI(アキシ)
製品名ヘアオイルUV
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量120ml
主な保湿成分シア脂油、ヒマワリ種子油、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油
香りフローラル
生産日本
メーカーCUORE

比較表に戻る【サロン品】

比較表を見る【市販品】

3位 PATAGNIC OIL(パタゴニックオイル)

イセベルグ モイスト

使いやすさ: ★★★★☆

使用感  : ★★★★☆

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

髪の質感を変えつつ、補修してくれるアウトバス

  • パタゴニアローズヒップオイル配合
  • オレンジラフィーオイル配合
  • 女性に多い髪の悩みを解決

髪に柔軟性を与え、まとまりのある髪に仕上げてくれるアウトバストリートメントです。ツヤ髪にするだけでなく、まとまりのある髪に仕上げてくれるため、スタイリングもしやすくなります。

実際に使ってみましたが、サラッとしているため、ベタつきが少なので、ベタベタするのが苦手な方にはおすすめできるアイテムです。

高級感もあるため、普通に使いやすいアウトバスになっています。

わたしの髪は、くせ毛でまとまりづらい髪質です。そのためか少し物足りない結果になりました。香りは良かったので残念。

ゆきな

ゆきな

使用感や香りが良く、幅広い悩みに対応、さらに自然系成分が多いので、安心して使うことができる高級品。残念なポイントとしては、ややパワー不足なのと、コスパが悪いところ(ネットなどで割引があれば問題ないかも)。

その辺りが気にならないのなら十分におすすめできます。

ブランド名PATAGNIC OIL(パタゴニックオイル)
製品名イセベルグ モイスト
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量100ml
主な保湿成分ローズヒップ油、オレンジラフィー油、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
香りホワイトフローラル
生産日本
メーカーデミ

比較表に戻る【サロン品】

比較表を見る【市販品】

4位 SPRINAGE(スプリナージュ)

スパスージングオイル

【洗い流さないトリートメント】アリミノ「スプリナージュ」のスパスージングオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★✮✮

使用感  : ★★★✮✮

コスパ  : ★★★☆☆

一言でいうと

マルチで活躍できるアウトバスアイテム!

  • 保湿効果も高く万能
  • 全身にも使える保湿オイル
  • エッセンシャルオイルの香り

フェイスケアにしか使いたくないような贅沢な美容成分を組み合わせ、香りや心地よさ、仕上がりの満足感のあるヘアオイル。

実際に使用してみた感じでは、かなり好印象のヘアオイルです、トリートメントとしても品質が高く、水分量が多すぎないためベタベタすることもないため、細毛や猫っ毛などの方でも安心して使うことができます

ヘアオイルとしても、トリートメントとしても、使用感が非常に高いため、女性だけでなく男性でも問題なく使用することができます。

肝心のスポイト型の特殊なボトルは、とっつきにくいものがあるものの案外使いやすかったので、慣れの問題かと。

さらに、肌にも使ってみたところ、スキンケアとして効果も非常に高く、保湿力も高いです。

個人的には、かなり品質の高いヘアオイル(スキンオイル)なので、女性だけでなく男性でも使えることができる万能アイテムです。サロン専売のトリートメントの中でもトップクラスの品質なので、ぜひ一度は試してみてほしいトリートメントです。

つま

つま

【洗い流さないトリートメント】アリミノ「スプリナージュ」のスパスージングオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事
ブランド名SPRINAGE(スプリナージュ)
製品名スパスージングオイル
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量40ml
主な保湿成分マカデミアナッツ油、ヘマトコッカスプルビアリス油、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、プラセンタエキス
香りエッセンシャルオイル
生産日本
メーカーアリミノ

市販品の洗い流さないトリートメントTOP5

ここからはドラッグストアだけでなく、Amazon・楽天・@cosme・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の市販品の洗い流さないトリートメントを51商品を実際に使用してみて、どれが最も優れたアウトバスなのか検証していきます。

検証項目は以下の3項目としました。

  • 成分内容
  • 保湿性&補修力
  • 実際の使用感
今回検証した商品一覧(6月1日 現在)
  1. ミクシムポーション
  2. ミクシムサプリ
  3. スティーブンノル
  4. スティーブンノル プレミアムスリーク
  5. ビオリス
  6. ジュレーム
  7. エイトザタラソ
  8. アミノメイソン
  9. ダイアンミラクルユー
  10. モイストダイアン
  11. ハニーチェ
  12. MASUGU
  13. LUX ヘアサプリメント
  14. ダヴ
  15. LUX ダメージリペア
  16. LUXモイスチャーリッチ
  17. エッセンシャル フラット
  18. セグレタ
  19. アジエンス
  20. エッセンシャル
  21. &honey Melty
  22. &bio
  23. &honey
  24. マー&ミー
  25. フワリエ
  26. ヒマワリ
  27. いち髪
  28. TSUBAKI
  29. h&s
  30. TSUBAKIヘアウォーターミスト
  31. マシェリ
  32. ヘアレシピ
  33. パンテーン
  34. パンテーン インテンシヴィダミルク
  35. ビューティーラボ
  36. ニュクス
  37. ロゼノア
  38. アロマキフィ
  39. サラ
  40. ジョアーロ
  41. ゆず湯
  42. ANルーティン
  43. ルシードエル
  44. MUJI
  45. ヘアリエ
  46. ボタニカルハニーオイル
  47. エリップス
  48. ボタニスト
  49. オリーブレーベル
  50. サムライウーマン
  51. アルミックヘアオイル

市販品のアイテムの一番の魅力といえば、

コストパフォーマンス

です。

とはいえ、コスパが良ければそれで良いのかといえばそうでもなく、たくさんある市販の中でも良いものをピックアップします。

ぼくの中では、重要な3つのポイントがあります。

  • コストは気にしないから髪にいいもの
  • 髪は気にしないからコスパのいいもの
  • コスパもよくて髪にもよいちょうど中間のもの

市販のものは、性能はサロン専売に劣るもののコスパの良くて、使いやすいものが多いです。

ここでは、「コスパもよくて髪にもよい、ちょうど中間のもの」という人に向けてをランキング式にして紹介。

(◎ = 一番良い ○ = かなり良い △ = やや微妙 ☓ = 良くない)

商品名おすすめ度ツヤ感保湿力補修力コスパ
プレミオール
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選アウトバス】
★★★★★
ボタアンド
★★★★★
アンドビオ
★★★★★
ミクシムサプリ
★★★★★
エイトザタラソ
【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを実際に使ったレビュー記事
★★★★
ヘアレシピ
★★★★

比較表に戻る【サロン品】

1位 BOTA&(ボタアンド)

エアリーシルクオイル

使いやすさ: ★★★✮☆

使用感  : ★★★☆☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

ダメージと頭皮環境を整えるシリーズ

  • 高活性ボタニカルで肌本来の自活力を引き出す
  • 癒やしのセンチャ(煎茶)の香り
  • やさしさも徹底的に追求

肌本来の能力を極限まで引き出すことを目的としたボタニカルスキンケアです。ダメージを受けやすい肌を考え、極力余分なものを入れずに製品にしてくれています。

快適な使用感、高い保湿力、リラックス効果のある香り、これらを合わせると、かなり優秀なアウトバストリートメントでした。補修成分も多く配合されているため、ダメージ補修や予防への効果も十分期待できます。

実際に使ってみましたが、指通りも良くなるし、ドライヤーで乾かしたあとのおさまりも良いものでした。気になるという方は試す価値は十分にあり、効果も期待できるはずです。

ただし、価格はアウトバストリートメントの中でも、それなりに高めの設定になっており、購入できる場所も少ないため、購入するためのハードルは少し高めになっています。ここぞという時に使える内容にはなっているので、ご自身のライフスタイルと比較して使うという感じが理想。

個人的には、上記にあるような髪質だけでなく、くせ毛やまとまりづらい髪質にも使いやすいため、幅広くアプローチできる内容。気になる方はぜひお試しください。

ゆきな

ゆきな

比較表に戻る【サロン品】

比較表に戻る【市販品】

2位 アンドビオ

ピュアモイスト ヘアオイル3.0

使いやすさ: ★★✮★★

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮★★

一言でいうと

新しい毛髪科学「保水バイオ美容」のヘアオイル

  • バイオテクノロジー原料50%、オーガニック原料50%の独自配合比率
  • 髪の平均水分量を上げることで仕上がりの質感を調整
  • ホワイトピュールの香り(モロッコ産ローズマリー使用)

バイオテクノロジーとオーガニックの融合で、幅広く対応することができるシリーズ。バイオテクノロジー原料とは、最新のバイオ技術によって培養された植物から貴重な美容成分を抽出し、生まれた原料です。

実際に使ってみましたが、高い保水力と補修力、それだけでなく使用感も良く、全くベタつきがないというわけではありませんが、予想以上に使いやすいヘアオイルトリートメントでした。この内容で1000円台は破格の内容。しかも容量が100mlと大容量、コスパ良すぎです

オイルをつけるだけで、これほどキレイになるのを実感することができるというのは市販品は当然ですが、サロン品であっても中々出会うことができないため、まさにトリートメントとしては完璧。

オイルを髪につけると、髪表面にある枝毛などがなくなっていき、髪がツルツルとして質感に変わっていきます。それだけでなく、髪のおさまりやまとまりなども良くなっていくので見た目的にも変化を感じることができます。

さらにシリコン系特有のベタつきが全くないわけではありませんが、つけた後に必要以上にベタつくことはありません。

さらに、オイルとしてもパワーはしっかりしているのに、サラッとした質感なので髪質問わずに使えます。例えば、猫っ毛や細毛などベタつきを気にされている方も量を調整するだけで問題なく使うことができます

ブランド名&bio(アンドビオ)
製品名ピュアモイスト ヘアオイル3.0
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量100ml
主な保湿成分メボウキ毛状根培養エキス、フィトール、アルガニアスピノサ核油、シア脂、オリーブ果実油、ケラチン(羊毛)
香りホワイトピュール
生産日本
メーカーヴィークレア

比較表に戻る【サロン品】

比較表に戻る【市販品】

3位 ミクシム サプリ

アミノ リペアヘアオイル

使いやすさ: ★★✮☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

サプリメント原料と生ケラチンで髪を補修する

  • 90%以上が美容液成分
  • 10種のアミノ酸成分を使用
  • 有機ピュアローズの香り

自然科学から生まれた新しいダメージケア、サプリメント原料、オーガニックオイル、補修成分の3つの美容液成分で90%以上の構成、まさに超濃厚なトリートメント。

実際に使ってみましたが、使用感も良くて、効果も高い、ほぼ完璧に近い濃縮トリートメントオイルでした。さらにデザインも素晴らしく、この内容で1000円台は破格の内容。しかも容量が100mlと大容量、コスパ良すぎです。

もしこのアイテムを見かけた人には、ぜひ一度使ってみてほしい。そう思えるアウトバストリートメントです。

少し具体的に解説しますと、まず水っぽさがないので、手にだした時のたれるストレスがなく使いやすい。従来のアウトバスではこれが結構多いですが、このアイテムはそれが全くありません。

さらにシリコン系特有のベタつきがほとんどなく、サラッとした質感なので髪質問わずに使えます。例えば猫っ毛や細毛などベタつきを気にされている方も量を調整するだけで使うことができます。

使用後の手のベタつきもほとんどないため、オイル系が苦手な人でも使えるはずです。

それでいて内から補修してくれるので、くせ毛や広がりやすい髪でも、しっかりと効果を感じることができます

ベタつきやすい髪であっても、トリートメントの効果を感じづらい髪であっても使えます。まさに髪質問わずに使える内容になっている万能さもあります。

つま

つま

パワーもしっかりしているだけでなく、補修成分もふんだんに構成されているため、今までアウトバスを使ってみたけど「使用する意味を感じられない」そんな人にまさに使ってみてほしい一品。ぜひお試しください。

ブランド名mixim SUPPLE(ミクシムサプリ)
製品名アミノ リペアヘアオイル
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量100ml
主な保湿成分ロイシン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、メチオニン、アルガニアスピノサ核油、ケラチン(羊毛)
香り有機ピュアローズ
生産日本
メーカーヴィークレア

比較表に戻る【サロン品】

比較表に戻る【市販品】

4位 エイトザタラソ

モイストヘアオイル

【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

使いやすさ: ★★★✮☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

最高級の市販ヘアオイル!

  • さまざまな悩みに対応できるアウトバス
  • サルフェートフリーで安心・安全に使用
  • アクアホワイトフローラルの香り

髪のお悩みに多角的にアプローチするマルチオイルタイプのトリートメント。髪の水分・油分のバランスを整えて、毛先までしっとりとまとまります。

実際に使用してみましたが、全てにおいてバランスが良く効果もずば抜けているアイテムでした。

使用しているときのベタつき等もほとんど感じないため、とても使いやすく、使用後はさらっとした質感になります。とくにくせ毛(パサつき・広がり・うねり)の悩みの方は間違いなく気に入るはず。

わたしの髪はくせ毛でロングヘアですが、使用感も良くまとまりも良いためかなり気に入っています。

つま

つま

【洗い流さないトリートメント】「エイトザタラソ」モイストヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事
ブランド名8THETHALASSO(エイトザタラソ)
製品名モイストヘアオイル3.0
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量100ml
主な保湿成分炭酸ジカプリリル,エチルヘキシルグリセリン,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),セバシン酸ジエチル
香りホワイトフローラル
生産日本
メーカーステラシード

比較表に戻る【サロン品】

比較表に戻る【市販品】

5位 ヘアレシピ

和の実 さらとろ ライスオイル

使いやすさ: ★★✮☆☆

使用感  : ★★★✮☆

コスパ  : ★★✮☆☆

一言でいうと

お米をモチーフにしたヘアケアトリートメント

  • 貴重なライスオイル成分配合
  • オイルなのに超浸透・100%天然由来でUVブロック
  • 手・肌・全身に使えるマルチユースアイテム

乾燥・湿気・紫外線など、日本特有の四季がもたらす過酷な環境から、髪を守るチカラをライスオイルは蓄えています。1000粒に1滴しか採れない、貴重なライスオイル。

実際に使ってみましたが、まさに「スーパーフード」の名に恥じぬほどのクオリティを再現したアウトバストリートメントでした。全てにおいて文句なしの一品。

初めに使ったときはプッシュ式ではなく、使いづらいなぁ〜と思いましたが、保存料がないことを考えた設計で全く無駄のない構成になってます。

手に出した時には一切ないべたつきも、髪につけることでサラサラ・ツルツルになるのはまさに感動します。

それは、細毛や猫っ毛のボリュームの出にくい髪にも、くせ毛で広がりやすい髪にも、対応してくれる万能アイテム

ブランド名HAIR RECIPE(ヘアレシピ)
製品名和の実 さらとろ ライスオイル
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント
容量53ml
主な保湿成分コメヌカ油、オレンジ果皮油、コメ
香り
生産日本
メーカーP&G

「ダメージヘア」になる原因

まずはダメージヘアの特徴についてお話します。

髪の毛がダメージを受けると、髪の形状がかわり、以下のようなデメリットが生まれます。

これだけでなく、髪のダメージというのは一括りにしがちですが、実は違いがそれぞれあります。

それが、

ダメージレベルが違う

ということです。

ダメージヘアには、大きく3つの種類があり、

  1. ダメージ毛
  2. ハイダメージ毛
  3. ポーラス毛(ビビリ毛)

ダメージの中でも区別しています、形状や状態などがことなり、基本的には上から順に「ダメージレベル」というものが違います。

ダメージレベル(度合い)は、ヘアカラーやパーマ、熱のダメージや紫外線などの、髪への負担のかけた結果としてダメージとして現れるものを、数値化したものです。

ダメージレベル目安表
  • レベル①…ヘアカラー1回程度
  • レベル②…ヘアカラー2〜3回程度
  • レベル③…ヘアカラー3回以上
  • レベル④…ブリーチ1回程度
  • レベル⑤…ブリーチ2回以上

ちょっと分かりやすくしてみました、抽象的かもしれませんが大体この感覚でオッケーだと思います。これはパーマでも、ほとんど同じようなことが言えます。

では、ダメージヘアになる原因には以下の4つがあります、

  • カラー・パーマ・縮毛矯正によるダメージ
  • 熱によるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • その他の外部要因ダメージ

それぞれ具体的にお話します。

原因① カラー・パーマ・縮毛矯正によるダメージ

カラーやパーマ、縮毛矯正には、それぞれ髪を見た目を変える代わりに負担になるというデメリットがあります。

髪の毛にある三大領域(キューティクル・コルテックス・メデュラ)を損傷させることによって、ダメージヘアの原因となります。一般的なダメージヘアの主な原因はこれらであることが大半です。

また、キューティクルや、髪のたんぱく質や水分が流出しやすくなり、髪の空洞が増加するため髪のコシがなくなります。

それぞれダメージにも違いがある

イメージとしては、

  • カラー 「1」
  • パーマ 「1.5」
  • 縮毛矯正 「2.5」
  • ブリーチ 「3」

それぞれの数値がダメージの度合いで、ざっくりとはしていますが、このようなイメージでダメージの強さが違います。

原因② 熱によるダメージ

熱処理によっても髪の毛にはタンパク変性が起こり、髪が硬くなったり、手触りが悪くなります。

基本的には、

  • ドライヤー
  • ブラシブロー
  • ストレートアイロン
  • コテアイロン

などがあります。

それぞれの温度にもよりますが、熱によるダメージは大きいです。

髪の毛の主な成分はたんぱく質となり、不滅細胞のため、一度熱すると元に戻るとういことはありません。つまり毎日少しづつ熱を当てつづけることで、熱処理によるタンパク変性が起こり、結果として髪が損傷してしまいます。

原因③ 紫外線によるダメージ

紫外線によっても、髪内部の領域を損傷させる一因にもなります。それだけでなく、髪だけでなく頭皮への負担や、ヘアカラーの退色を早めたりもします。

紫外線には、

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

が、あります。すべてが悪いというわけではないため、上記2つと比較するとやや負担は少なめです。しかし長時間・長期間、髪に当てられることによって、大きな損傷にも繋がります。

原因④ その他の外部要因ダメージ

その他にも、湿気・大気汚染(PM2.5・黄砂・排気ガス、など)や、摩擦や切れ毛なども習慣による微妙な外部損傷もダメージに繋がります

地味なダメージ要因にはなりますが、積み重なると大きなダメージになります。

必要以上に気にしすぎる必要もありませんが、ないがしろにもできないので注意が必要です。

なぜ「ダメージ」に「ヘアケア」が必要?

きし

きし

ダメージヘアにヘアケアが必要なんて、分かりきってはいるはずですが具体的に説明させてください。

ダメージヘアの特徴としては、髪内部の三大領域(キューティクル・コルテックス・メデュラ)損傷による水分不足や、水分が定着しづらい状態になっています

これが実は、かなりややこしいポイントになります。

というのも、猫っ毛やくせ毛などのいわいる「先天性の悩み」のヘアケアと、髪の損傷による「後天性の悩み」ではヘアケアの難易度は大きく違います。

ダメージヘアでは、洗い流さないトリートメントやトリートメントによる水分補給を、いくらしたところで髪内部の水分を留めておく領域がない、もしくは留めておきづらいからです。

そのため、それぞれの領域をケアすることで、疑似コルテックス領域をつくることで、ダメージヘアでもキレイな髪をつくるということにできます。もっと分かりやすく言うと、水分をたくさん入れたとしてもダメージヘアの場合は接着・留めておくことができないというところがダメージヘアの悩みです。

ヘアケアでは、

  1. 損傷した領域を擬似的に作り出す
  2. 水分を吸着しやすい土台にする
  3. その上で水分を補給する

もちろんダメージケアといっても、ダメージヘアをなおすなんてことは不可能です、あくまでもダメージを緩和させることができる程度ではありますが、それでも効果は絶大です。

さらに、ヘアケアをすることで、髪の毛にどんな効果があるのかをまとめます。

水分保持能力を高める

髪にある水分保持能力を高めることが、ヘアケアにおいての最重要目的

髪内部にある水分を蓄える領域を「コルテックス領域」と、水分の通る通り道の役割をする「CMC」の2つがあります。ヘアケアをすることによって、これらの領域の保持能力が高くなります。

そもそも、ダメージヘアにおいての悩みの全ての原因は「乾燥」だと考えています。

水分を補給・保持することで、乾燥を防ぐことになり、髪は柔らかく、ツヤのある瑞々しい髪になります。

ダメージ予防をする

ダメージを受けることによって、ダメージヘアの悩みを悪化させてしまうことになります。

ゆきな

ゆきな

外部からのダメージによって、これらの領域が削られてしまうのですが、結果として悩みを悪化させてしまいます。通常の髪よりも硬さがある分、耐久度は高いですが、それでもダメージを受けないわけではありません。

できるだけダメージを受けないように予防する、ということも重要になります。

そのため、元々の状態にデメリットが多いダメージヘアでは、洗い流さないトリートメントはもちろんシャンプーによるヘアケアはダメージヘアに必須となります。

なぜ「アウトバス」が必要?

きし

きし

ダメージヘアに「洗い流さないトリートメントがなぜ必要なのか」、おすすめする理由についてお話していきます。

ダメージヘアにとって、髪を保護して水分量をあげる、これは重要なテーマになります。

なぜなら、ダメージヘアは髪の水分を補給することでデメリットを緩和することができるからです。

髪の損傷が水分を流出してしまうため、ダメージヘアとして手触りが悪くなってしまいます、そんな時に洗い流さないトリートメントによって水分を吸着しやすい髪にする必要があります

ゆきな

ゆきな

MEMO

さらに、髪は死滅細胞なので、傷んでしまった髪を復活させる事というのは、不可能です。

「いかに外的ダメージから髪の毛を守る」、「水分を補給する」ということです。そのために洗い流さないトリートメントが必要となります。

とくに、トリートメントでしか水分は補給することができないのですが、良い洗い流さないトリートメントは水分を吸着しやする、いわいる美髪のための土台をつくることができます、これは非常に重要かつ効果的なヘアケアになります。

さらに詳細にまとめます。

水分が流出を防ぐ

まず、髪の表面にある「のり」のような皮のことを「キューティクル」といいます。

ダメージを受けることで、キューティクルがはがれやすくなります。そうなると、髪にある水分が流出しやすくなり、パサツキや髪のダメージの要因にもなります。

良い洗い流さないトリートメントは髪をコーティングのように膜のように包んでくれる効果もあります。

さまざまダメージから守る

ダメージを守ってあげることで、コルテックス領域にある水分の流出を防ぐ効果があります。

とはいえ、さまざまなダメージによって、髪内部が傷んでしまいます。

そのほかのダメージ
  • 紫外線
  • ほこり
  • 大気汚染
  • 摩擦

これらのことからも、良い洗い流さないトリートメントで大事な髪を保護する必要があります。結果としてダメージによる悪化を防ぐことに繋がります。

髪内部から「水分吸着」をさせる

ダメージヘアでは、髪内部からケアをする必要があり、良い洗い流さないトリートメントによって髪内部からケアすることができます

きし

きし

ダメージヘアでは、ブロー&アイロンで自分のスタイリングをする土台をつくり、自分好みのヘアスタイルにする必要があります。

ダメージヘアにとって、重要になってくるのはスタイリングです。

キレイに見えづらい髪の毛がダメージヘアなので、スタイリングをすることでキレイな髪になってくれます。

その下準備でもある「ドライヤー&ブロー」または「アイロン」ですが、どちらも髪に熱作用を加えて髪をキレイにするという役割があります。

ですが、その反面で髪に負担を与えてダメージレベルを上げてしまいます

もちろん、ドライヤー&ブローしない、ヘアアイロンも一切使わないという選択もありますが、それでは、髪がまとまることはありません。やはり、少しでも髪はキレイにしたいし、ヘアスタイルはまとまりのあるものにしたいはずです。

そんな時に、「洗い流さないトリートメント」というのは、大事な髪を守ってくれるアイテムとなってくれます。

そして、もう1つの大きなメリットは紫外線や乾燥、摩擦などの外的ダメージからも守ってくれるということです。

傷んでしまった髪にトリートメントをしても無駄ではありませんが、効果は発揮されません。効果を十分に発揮するためには、良い洗い流さないトリートメントを傷んでしまう前から予防として使用することが重要となります。

きし

きし

もう1つのポイントとしては、ブローやアイロンがしやすくなるのも、大きなポイントとなります。

洗い流さないトリートメントには髪を保護するのと同時に、髪をコーティングしてくれます。このコーティング効果によって、スタイリングのしやすさが格段にあがります。

ブローやアイロンなどの熱作用がキープされやすくもなるので、もう1つのおすすめポイントでもあります。

あとがき(Q&A)

今回の記事では「ダメージヘアと相性のいいトリートメント」を書きました。

きし

きし

ダメージ毛におすすめする洗い流さないトリートメントでしたが、どれもが使いやすいアイテムです。

たくさん種類がある洗い流さないトリートメントを使いこなし、自分にぴったりな洗い流さないトリートメントを見つけましょう。

洗い流さないトリートメントには、さまざまな種類があって髪質などに合わせて選択する必要があります。

類似するQ&Aについてもまとめているので、参考にしてください。

ブリーチしている髪にも効果はありますか?

A

あります。

ですが、ブリーチしている髪は、とくに水分が流出しやすい特徴があるため、使い方に注意が必要になります。

加えて、ブリーチしていない髪と比較すると、やはり効果を感じられにくいこともあります。

ダメージを修復することは可能ですか?

A

難しいです。

髪は不滅細胞です、つまり一度ダメージを負ってしまった場合、もとに戻ることはありません。

ですがトリートメントが無駄になるわけでないので、必要不可欠なアイテムです。

ヘアカラーをよくしますがアウトバスを使うほうがいいですか?

A

絶対に使ってください。

ダメージの原因となるものから守ってくれる役割だけでなく、カラーの流出を防ぐ効果もあります。つまり色持ちがよくなります。

人によって違いはありますが、体感的にも良くなるはずです。

ダメージヘアは、髪質による悩みを改善するためのヘアケアでは上手くキレイにできなかったり、効果を実感しづらかったりします。そのため、髪の内部からケアするためにはこういったケアが必要となります。

一度傷んでしまった髪に、ヘアケアは無駄じゃないのかという声も聞いたりするし、そもそもトリートメント系をすることで逆に傷ませる、なんてことを言っている方もいますが、実際にはどれが正解か分からないのがダメージヘアです。

それぐらいデリケートなのです。

それは髪質や髪の状態によって異なるし、その上で適切な方法も重要になります。

とはいえ、洗い流さないトリートメントの使用する回数や使い方(時間を置いたり、揉み込みに時間をかけたり)を工夫することで非常に効果的です。

ぼく達は、とくにヘアケアの重要性を理解しているし、そのための発信になっているので、こればかりは読者の方の判断に委ねるというところに着地します。

ダメージケアはとても大事だし、絶大なる効果を発揮するのでぜひご活用ください、ということです。

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

きし かずき

きし かずき

ヘアケアコンサルタント

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

FOLLOW

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

関連記事