洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

ヘアオイルは何回まで?毎日つけるべき?トリートメントの効果と使用頻度を解説

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

使い方と同じように重要になってくるのが、使用頻度や適切な回数です。

もっと分かりやすく言うと、どのくらい使えばいいの?ってことです。

洗い流さないトリートメントは1日に一度の方がいいですか?一回だとまとまりが悪くなってついつい多くつけてしまうようになっています。 洗い流さないトリートメントのベストな使用回数って何回ぐらいですか?

実際にこういった疑問もいただいたので、解決する意味でも分かりやすくお話します。

実際に使用する上でも、どのくらい付けるべきなのか、何回ぐらい付けるべきなのか、そのあたりを専門家目線を含めてまとめました。この記事では、洗い流さないトリートメントのベストな使用頻度最適な使用回数について分かりやすくします。

なお、ヘアオイルの使い方については下の記事にまとめているので、合わせて参考にしてください。

スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

洗い流さないトリートメント・ヘアオイルを毎日使う3つのメリット

洗い流さないトリートメント・ヘアオイルを毎日使う3つのメリット

主には、紫外線や熱などの外的ダメージから、髪内部の栄養が損なわれないように保護してくれます。そのため、一般的には髪を保護するための油分が多く含まれている物が多いです。

洗い流さないトリートメントと言ってもミストタイプ・ミルクタイプ・オイルタイプと種類があり、ダメージケアをしてくれる補修成分が多く配合されているものから、手触りやまとまり重視となる保湿・保護成分を多く配合をしてくれるもの、両方とも配合されているハイブリッドタイプまでそれぞれ効果も異なってきます。

予防ドライヤーやアイロンの熱、紫外線、ホコリなどの刺激からガード
補修髪の毛内部に栄養成分を浸透させダメージを補修、ハリコシなども向上
保湿髪内部の水分を補給、乾燥やパサつき改善。うるおいやツヤ感を向上

1POINT ヘアオイルのペール効果でダメージ予防

1POINT  ヘアオイルのペール効果でダメージ予防

ダメージを守ってあげることで、毛先までキレイな髪を持続する効果があります。

さまざまダメージから守ってくれる

さまざまダメージから守ってくれる
ダメージとなる要素
  • 紫外線
  • ほこり
  • 大気汚染
  • 摩擦

これらのことから洗い流さないトリートメントで大事な髪を保護する必要があります。

これらのダメージソースを減らしておくことで、「まとまりの良い髪」にすることができます。

また「ドライヤー&ブロー」または「ヘアアイロン」はスタイリングに効果的なアイテムですが、どちらも髪に熱作用を加えて髪をキレイにするメリットの反面に、ダメージになるというデメリットがあります。

もちろん、ドライヤー&ブローしない、縮毛矯正やヘアアイロンも一切使わないという選択もありますが、それではヘアスタイルとして、まとまることはありません。やはり、少しでも髪はキレイにしたいし、まとまりのあるものにしたいはずです。

そんな時に、「洗い流さないトリートメント」というのは、傷みやすい猫っ毛を守ってくれるアイテムとなってくれます。

洗い流さないトリートメントは、とても効果がわかりやすく、何時でもどこでも使用できるのというのは大きなメリットです。

傷んでしまった髪はトリートメントをしても無駄ではありませんが、効果は発揮されません。

効果を十分に発揮するためには、洗い流さないトリートメントを、傷んでしまう前から予防として使用することが重要となります。

きし

もう1つのポイントとしては、ブローやアイロンがしやすくなるのも、大きなポイントとなります。

洗い流さないトリートメントには髪を保護するのと同時に、髪をコーティングしてくれます。このコーティング効果によって、スタイリングのしやすさが格段にあがります。

ブローやアイロンなどの熱作用がキープされやすくもなるので、もう1つのおすすめポイントでもあります。

2POINT ダメージの補修でカラーやパーマの持続期間を長くする

2POINT  ダメージの補修でカラーやパーマの持続期間を長くする

傷んでしまった髪を元通りにすることは不可能ではありますが、補修に効果的な成分を配合した洗い流さないトリートメントはあります。

  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解コラーゲン
  • γ−ドコサラクトン
  • クオタニウム−33

などが補修に効果的な成分です。

髪内部から美しくすることで、カラーやパーマの持続期間を長くします。結果としてヘアスタイルが長くキレになっています。

3POINT 髪の保湿や補給によって枝毛やアホ毛を防いで指通りのいい質感にする

3POINT  髪の保湿や補給によって枝毛やアホ毛を防いで指通りのいい質感にする

髪の保湿や水分の補給をすることで、枝毛やアホ毛を軽減・改善し、髪を美しくしてくれます。

  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • シア脂
  • ひまわり種子油
  • オリーブオイル

などが保湿に効果的な成分です。

毎日触る髪だからこそ、ヘアオイルで指通りを改善して切れ毛や枝毛を予防することが重要になります。髪表面にあるキューティクルケアでアホ毛の悩みを減らすこともできます。

目次に戻る

洗い流さないトリートメント・ヘアオイルの最適な使用頻度と使用回数の考え方

洗い流さないトリートメント・ヘアオイルの最適な使用頻度と使用回数の考え方
きし

洗い流さないトリートメントは、1日に何回ぐらいの頻度や回数がベストになるのか、分かりやすくお伝えします。

ひろせ

とくに一度つけてもしっとりしないなんて悩みの方にとっては役立つ内容になっています。

洗い流さないトリートメントの正しい使い方

洗い流さないトリートメントの正しい使い方
  1. できるだけタオルで水分をとる
  2. 荒い目のくしで優しくとかす
  3. もう一度、タオルでぱんぱんと優しく水分をとる
  4. トリートメントを1〜2P、手に取る
  5. 毛先から、キュッキュッっと握るようにしてつける
  6. 中間、根本付近と全体につける
  7. 手のひらで髪をはさみ、すべらすようにして整えながらつける
  8. 最後に、くしで全体をときながら、馴染ませる

文章にすると、長いかもですが、慣れると超簡単にできます。

洗い流さないトリートメントでは、普通に使ったとしてもキレイにはなりますが、適切な使い方をすることで、より効果を、むしろ最大限に発揮することができます。

トリートメントは、量が少なすぎても、多すぎてもダメです。目安となる量もまとめておくので参考にしてください。

髪の長さ適正量
ショート1〜2P
ミディアム・ボブ2〜3P
セミロング2.5〜3.5P
ロング3〜4P
毛量多い場合は+0.5P、ベタつきやすいなら-0,5Pと調整してください

洗い流さないトリートメントは、できるだけムラのでないようにしてつけてあげることで、より髪に浸透してくれるようになります。

とくに髪のひっかかりやダメージが気になるところへは、多めにつけるようにしてると効果的です。

ヘアオイル・ヘアミルク・ヘアミストの使用量目安

ヘアオイル・ヘアミルク・ヘアミストの使用量目安
 ショートボブ ミディアム ロング
1プッシュ1.5プッシュ2プッシュ

使用量は毛量によって調整

使用量は毛量によって調整
 少なめ 多め
−0.5プッシュ+0.5プッシュ

そして、とくに今回の疑問の着眼点となるのは、一度の使用では”思っているよりもキレイにならない”ということにあります。

髪がしっとりしない、キレイにならない、パサツキ、広がり、まとまり、というような悩みが改善されないために、洗い流さないトリートメントの量や回数を増やすことで、改善に繋がります

とりあえずキレイにしたいから多く付けてしまっても、髪に入る水分の量はだいたい決まっているので、多すぎるのはあまり意味はありません。

くわえて、多ければ多いほど、髪がキレイになるのかと言えばそういうわけでもなく、逆にベタついてしまったり、というような付け過ぎからの、不自然な仕上がりになってしまうということもあります。

そもそもですが、洗い流さないトリートメントの回数や頻度を知るために必要となるのは、髪の状態とライフスタイルが大きなポイントになります。

  • 髪の状態 | 水分損失(ダメージ度合)による
  • 髪質 | 質感によって浸透度が変わる
  • 時間帯 | 活動のタイミングで変える
  • 使い方 | 髪にトリートメントをつけた後はドライヤーを使いましょう

こんな感じで、ベストな回数や頻度が変わり、それは自分の髪質に合わせて、ある程度の調整をしてあげることが望ましいということになります。

順番に見ていきましょう。

髪の状態=水分損失(ダメージ度合)による

髪の状態=水分損失(ダメージ度合)による
きし

まずは、髪の状態に合わせて回数も調整していきましょう。

髪は、ダメージが多いと水分量が少く、ダメージが少ないと水分量が多いということになります。

理解を深めるために、髪のことをサクッと解説していきます。

髪のほとんどは”たんぱく質”で構成されており、

  • メデュラ(髪の芯)
  • コルテックス(髪の水分保持能力)
  • キューティクル(髪を覆う皮)

の3つの構成で成り立っています。

分かりやすくお話すると、メデュラの周りに、コルテックスが覆っていて水分をこぼれないようにしていて、その上からキューティクルが張り付いている、というような考えた方になります。

一部図解にしています

コルテックスが中心の周りにあり、水分をこぼさないようにしていますが、ヘアダメージによって機能が低下すると、水分不足になります。

結果として、髪の周りにあるキューティクルという皮のようなものが、吸着してくれずに、”アホ毛”のようなパサツキになってしまいます。

つまり、髪のダメージによって、水分量が少ないために、まとまりの悪さ、パサツキ、髪の手触りの悪さになります。

それを参考に回数を決めると良いです。

MEMO
  • ダメージ毛(大)=1日3回程度(朝・昼・晩)
  • ダメージ毛(少)=1日2回程度(朝・晩)
  • 健康毛=1日1回(晩)

もちろん、髪質や長さなどにもよるので、目安程度に参考にしてください。

例えば、髪のダメージが多い状態(ヘアカラー4回以上orブリーチ1回以上)では、髪の”たんぱく質”や”水分”失われているため、洗い流さないトリートメントの回数は多めがおすすめとなります。

髪質=質感によって浸透度が変わる

髪質=質感によって浸透度が変わる
きし

次は、自分の髪質によって洗い流さないトリートメントの使う量を調整していきましょう。

まとめポイント
  • 軟毛(なんもう) or  硬毛(こうもう)
  • 細毛(ほそげ)    or  太毛(ふとげ)
  • 猫毛(ねこけ)    or  くせ毛

大きく、この3種類に分けることによって使う量を調整します。

洗い流さないトリートメントのほとんどがプッシュ式になっているので、通常を1プッシュとして、軟毛・細毛・猫毛では-0.5プッシュ、硬毛・太毛・くせ毛では+0.5プッシュをします。

ただし、軟毛・細毛・猫毛が続く場合は、-0.5プッシュ、-0.25プッシュ、-0.125プッシュというような計算をします。硬毛サイドも同じ計算になります。

例えば…

  • 軟毛(-0.5)+通常(+0)+くせ毛(+0.5)=1プッシュ
  • 硬毛(+0.5)+太毛(+0.25)+猫毛(-0.5)=1.25プッシュ

と、いったような計算式になります。

こうすると、必要以上につけない量を合理的に判断をすることができます。

このようにして、自分の髪質に合わせて使う量を計算してください。

いつ使えばいいのか?=活動のタイミングで変える

いつ使えばいいのか?=活動のタイミングで変える

ヘアオイルの最適な頻度を美容師が解説j。髪のダメージケアにヘアオイルなど洗い流さないトリートメントを使用している方がいますが、どのくらいの頻度やタイミングがわからないという方が多くいらっしゃいます。美容業界に20年従事してきた経験を活かして、ヘアオイルの効果と正しい使い方を詳しく解説していきます!正しい使い方を覚えて、更に効果をアップさせましょう。

朝や夜は紫外線の量が少くて、ダメージ量も比例して少くなります。

そのため、外出やアウトドアなどの時間帯によっても、洗い流さないトリートメントのタイミングを調整すべきです。

(時間帯の紫外線量グラフ)

時間帯の紫外線量を分かりやすく図解にしています。

(月別の紫外線量グラフ)

合わせて月別の変化グラフも一緒にしておきます。

このようにして変化するために、外出するタイミングに合わせて、洗い流さないトリートメントのつけるタイミングを変えてあげてください。

わかりにくい場合は、出かける前には洗い流さないトリートメントを少量でも付けてあげるとキレイになります。

ヘアオイルの使い方 | 髪にトリートメントをつけた後はドライヤーを使いましょう

ヘアオイルの使い方 | 髪にトリートメントをつけた後はドライヤーを使いましょう
きし

洗い流さないトリートメントをつけた後には、ドライヤーをつけてあげることで、相乗効果が高まるため極力使うようにしてあげましょう。

とくに、ダメージが気になるから、洗い流さないトリートメントの量を多くしたいけど、ベタつきが気になるという方におすすめになるのが、ドライヤーによってトリートメントの水分の浸透度が増すというアドバイスになります。

また、浸透度が上がるだけでなく、熱を加えることによって、髪のキレイ度も上がるために、”キレイに見える”ようにもなります。

目次に戻る

一日、多くても3回までがベスト

一日、多くても3回までがベスト
まとめると…
  • 髪の状態によって回数を変える
  • 髪質によって使う量を変える
  • 時間帯でタイミングで変える
  • 髪にトリートメントをつけた後はドライヤーを使いましょう

”計算式”を使って自分の髪質に合わせた頻度と量を出す

答えというのは、髪質やトリートメントの種類のによって異なるため、

”自分の髪質に合った頻度と回数を”

と、いうことになります。

やはり、こういうのは正確な答えはなくて、人それぞれというのが正しい答えになります。その中で、毎日使うヘアケアアイテムの計算式を作ってみました。

それでも答えが必要というならば、一日に多くても3回までがベストでしょう。

例えば、朝につけて、昼から夕方にかけて乾燥が気になってきたら、少しつけることでヘアスタイルのツヤ感やまとまりがよくなります。

それ以上、つけると髪がベタつく・シャンプーでとりきれずに、トラブルの原因にもなるので注意が必要になります。

ベタつく人は多くて2回まで

ベタつく人は多くて2回まで

加えて、ベタつきやすい人なんかは回数を少し減らしましょう。

メンズの頻度も2回まで

メンズの頻度も2回まで

女性よりも髪自体が短い男性なども、少し頻度を減らしましょう。

私自身も、ミディアム程度のスタイルになっていますが、一日に多くても2回ぐらいです。

目次に戻る

ヘアオイルの頻度によくあるQ&A

ヘアオイルの頻度によくあるQ&A

ヘアオイルの頻度も同じですか?

ヘアオイルの頻度も同じですか?

回答を見る

タイプによって変わります。トリートメントでケアを目的にするなら当記事通りですが、スタイリング目的のヘアオイルは少し違います。

メンズの頻度はどのくらいがいい?

メンズの頻度はどのくらいがいい?

回答を見る

女性と比較すると、髪が短いことが大半になるため、少量の調節に注意してください。

トリートメントに副作用ってある?

トリートメントに副作用ってある?

回答を見る

ありません。さまざまなトリートメントを使用してきましたし、自分自身でも使っていますが、そのような事例は聞いたこともありません。

朝が良い?夜が良い?

朝が良い?夜が良い?

回答を見る

どちらでも問題ありません。できればシャンプー使用後に付けるのが重要になるため、朝と夜どちらがというかタイミングが大切になります。

何プッシュぐらいまでが使いすぎではないですか?

何プッシュぐらいまでが使いすぎではないですか?

回答を見る

基本は2〜3プッシュを目安にしましょう。できれば半頭で1プッシュずつつけてみて、足りなければ、さらに1プッシュ増やすというような使い方をすれば、つけすぎてしまうことはありません。

実際にやってみると、合わないということもあれば、合うということもあると思いますので、あくまで参考程度にしておいてでくださいね。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

洗い流さないトリートメントの頻度や回数についてを合理的にまとめてみました。

ひろせ

ヘアスタイルや量だけでなく、髪質に合わせても頻度や回数を変えてあげるとよりキレイな髪をつくることができるので参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要| くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップする目次