洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

使い方合ってる?アウトバスの正しい使い方とベストなタイミング

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

きしです。

「1から学ぶ美髪つくりの方法(洗い流さないトリートメント編)」の5回目の記事になります。

前回の記事では、洗い流さないトリートメントの種類とそれぞれの特徴をお伝えしました。

これまでの3つの記事で、洗い流さないトリートメントの基本的な知識をお話しましたが、今回からは本格的に使い方についてまとめます。

  • 洗い流さないトリートメントはお風呂上がりにつけるもの?
  • それとも朝とかにつけたほうがいい?
  • どんなふうに付ければいい?

このぐらいの初心者レベルからでも分かるように、できるだけたくさんの人に理解してもらえるようにがんばります。

この記事の内容

洗い流さないトリートメントの正しい使い方とタイミングの解説

洗い流さないトリートメントの利便性と効果の高さから使用している女性はとても多いです。

しかし、「洗い流さないトリートメントを使っているけどこの使い方で正しいのかわかならい…」使用してはいるものの、この使い方で正しいのか不安になるという相談もあります。

そこで、今回の記事では洗い流さないトリートメントの正しい使い方を分かりやすくお話します。

この記事で分かること
  • 洗い流さないトリートメントの正しい使い方
  • 適正な量・髪質・毛量別グラフ付きで解説
  • 適切なタイミング

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

タップする目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

正しい使い方

正しい使い方
きし

洗い流さないトリートメントの正しい使い方をお伝えします。

ひろせ

効果的に使い方を知ることで、洗い流さないトリートメントを最大限活用することができます。

洗い流さないトリートメントの使い方は、シンプルで簡単ですが適当にしてしまうと効果は最大限発揮されません。

正しい使い方
順
順2
  1. お風呂上がり後はタオルでしっかりと水気を取ります、できるだけタオルで水分を吸収させるようにしましょう
  2. トリートメントの塗布の順序は髪を左右半分に分け、それぞれ毛先➔中間➔表面の順につけてきます。
  3. 使用量の半分のトリートメントを手にとり、手のひら、指先、指のあいだまで均一に伸ばしムラづきを防ぎます
  4. 左右半分に分けた片側の内側から手を入れて毛先を握るようにしてもみ込んでいきます
  5. 中間は毛束を少し持ち上げてから手を入れ、毛先にかけて、指の間でキューティクルをなめすようなイメージですべらせながら付けます
  6. 手に残ったトリートメントを再度均一に伸ばし、顔周りと表面に塗布します。表面は根本につかないよう毛束を持ち上げて塗布します。

洗い流さないトリートメントは、できるだけムラのでないようにしてつけてあげることで、より髪に浸透してくれるようになります。

とくに髪のひっかかりやダメージが気になるところへは、多めにつけるようにしてると効果的です。

使用量の目安

使用量の目安

基本は髪の長さに合わせる

 ショートボブ ミディアム ロング
1プッシュ1.5プッシュ2プッシュ

使用量は毛量によって調整

 少なめ 多め
−0.5プッシュ+0.5プッシュ

量は多すぎると、ベタつく原因にもなるので注意が必要です。

使い方の注意点

使い方の注意点
きし

それぞれタイプ別トリートメントをつける時の注意点についてもお話します。

ミストタイプ

毛先を手のひらにおき、直接髪にかけるようにしてかけます。そのあと髪を「ギュッギュッと揉み込む」ようにします

多くの人はかけるだけで、終わっているために効果がでにくいというケースもあります。かけるだけで終わらないようにして、しっかりと揉み込みまでしてあげましょう。

オイルタイプ

まずは、オイルを1プッシュほどだし、手のひらに伸ばします。その両の手のひらで髪をはさみ、優しくすべらすようにして何度も髪を整えます

多少の残っている感じで表面を撫でるようにしてつけるとツヤ感もアップします。手に残るベタつきがなくなるまで何回かに分けて付けます。

手のベタつきがとれるまで、手の平の中で髪を滑らすように、イメージでつけるのがコツです

クリーム&ジェルタイプ

クリーム&ジェルタイプは、基本的にはオイルタイプと同じで問題ありません。

多くはくせ毛や硬毛、髪が太いといった方がメインに使われているために、オイルやミストだと物足りないという方がほとんどになります

そのために、オイルの使い方に加えて自分の好みの質感になるまで、少しづつでも量を増やしながら使うのがおすすめです。

使うタイミングなども乾燥やくせ毛が気になる場合は増やすと効果的です。

トリートメントをつけるタイミング

トリートメントをつけるタイミング
きし

次にどのタイミングでつけるべきなのかについてもお話します。実は、つけるタイミングによっても効果は大きく変わります。

つけるタイミング
  1. お風呂上がり
  2. ドライヤー前・ブロー前
  3. 出かける前のスタイリング剤として
  4. 出かけ先での手直しに

洗い流さないトリートメントのメリットは、いつでもどこでも好きなタイミングでトリートメントをつけることができるのが最大のメリットです。

基本的には、いつ使用してもキレイになります。ですがお風呂上がりの髪は一番デリケートなので、そのタイミングだけは欠かさないようにしましょう。

洗い流さないトリートメントを自分に合ったつけ方をすることも重要になります。

お風呂上がり

シャンプーをした後の髪はとてもデリケートです、リンス類のトリートメントだけでなく、洗い流さないトリートメントをつけることで、髪の水分量なども調整されるため、かなり安定してくれます。

お風呂上がりの状態では、髪の表面にあるキューティクルが開いている状態になってしまい、髪を傷める原因にもなります。

そのため、ダメージ予防だけでなく、絡まり、手触り、まとまり、などあらゆるトラブルからも予防してくれます。

ドライヤー前・ブロー前

髪の開いてしまったキューティクルを閉じるためには、ドライヤーで乾かすということが必要です。もっと具体的に言うと、熱を加えることでキューティクルを閉じることができます。

しかし、熱というは髪を傷めるというデメリットもあります。

ヘアスタイルをキレイに見せるためにはドライヤー(熱)が必要ですが、ドライヤーを使うことで髪のダメージにもなってしまうというまさに一長一短、その問題を解決してくれるのが「洗い流さないトリートメント」です。

乾かす前やブローする前には、洗い流さないトリートメントをつけてあげましょう。

スタイリング剤として

洗い流さないトリートメントは紫外線予防や、ツヤ出しとしてのスタイリング剤としても活躍してくれます

当然ながら、スタイリング剤ほどのセット力はありませんが、毛先のまとまりやツヤ感のアップしてれるので、スタイリング剤が苦手という人の代用としても洗い流さないトリートメントはおすすめ。

毛先のまとまりや、表面につけるだけでも、スタイルのクオリティを上げてくれます。

出かけ先で

アウトドアなどで1日中外出している場合や、紫外線を浴び続けている時などは、洗い流さないトリートメントを付け直してあげることで、髪を守ってくれます。

「 出かけ先ですぐ髪が崩れてしまう… 」というときには洗い流さないトリートメントを持っていき、化粧直しのときに髪も手直しすることでいつもキレイな状態をキープすることができます。

洗い流さないトリートメントのコンパクト性を活用しましょう。持ち運びもしやいというのも特徴の1つなのが洗い流さないトリートメントです。

1日中外出する時に持参すると、効果的に使うことができます。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

洗い流さないトリートメントのつけ方やタイミングについてお伝えしましたが、とくにお風呂上がりにはつける習慣をつけましょう。

ひろせ

わたしは常に家用と職場用と2種類をもっています、あらゆるシュチュエーションで活躍します。

まとめると…

使い方(特に重要)

多少の残っている感じで表面を撫でるようにしてつけるとツヤ感もアップします。手に残るベタつきがなくなるまで何回かに分けて付けます。

手のベタつきがとれるまで、手の平の中で髪を滑らすように、イメージでつけるのがコツです

使用タイミングはダメージになる前に

  • お風呂上がり
  • ドライヤー前orブロー前
  • スタイリング剤として
  • 出かけ先で

洗い流さないトリートメントをつけるときは、自分に合った使い方をしていきましょう。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップする目次