アウトバス付のおすすめヘアケアセット

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

「ジュレームファンタジスト」を使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

ジュレームの洗い流さないトリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるコーセー。

その中の「ジュレーム」ファンタジストシリーズ。

市販品でもあるジュレームシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてジュレームのミルクタイプのの洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • ジュレームを選ぶポイント
  • ジュレームのおすすめポイント
  • 実際に「ジュレーム」のミルクタイプを使ってみたレビュー

 

実際に「ジュレーム」の洗い流さないトリートメントを使ってみた

リペアインテンシブセラム

ジュレーム

 

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

オイル  ミスト ミルク ジェル 

女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
今回の記事では、ジュレームの洗い流さないトリートメント「ヘアミルク」タイプを使用していきます。

つま

ヘアミルクでもあるインテンシブセラムはみずみずしく、毛先までさらりとまとまる髪にしてくれるアウトバスです。

スキンケア美容液仕立てのヘアセラムで、2種の毛髪補修成分と源泉された美髪ケア成分で、髪のうねりにアプローチする処方となっています。

ジュレームはみずみずしいのに毛先までサラリとまとまりのあるストレートヘアにしてくれます。

実際に購入してみました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

インテンシブセラムのサイズは、オイルよりも少し容量が大きい「125ml」と大きめのサイズです。

とは言っても、サイズ感は絶妙でかなり使いやすそうな感じです。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

プッシュ式になっているため、普通に使いやすく、使用感には全く問題なさそうな感じ。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

少しボコボコとしたフォルムデザインは触っているだけでも高級感を感じることができるので好印象な感じ。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

片手でもストレスなく持つことができるので、容量が大きいですが使用感が良い感じでどこにでも置いておけるデザイン性です。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

デザイン性に加えて、持ち運びにも適しているので、カバンに1つ入れるのもかさ張らないため、かなりおすすめです。

 

トリートメント成分

水・エタノール・ジメチコン・水添ポリイソブテン・PG・BG・アルギニン・イソロイシン・グリシン・システイン・シトルリン・セリン・バリン・ヒスチジン・プロリン・リシンHCl・加水分解コンキオリン・腐植土抽出物・EDTA-2Na・PEG-40水添ヒマシ油・PVP・(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・アモジメチコン・イソプロパノール・イソヘキサデカン・オリーブ脂肪酸エチル・オレイン酸ソルビタン・グリセリン・ジココジモニウムクロリド・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ステアルトリモニウムクロリド・セテス-20・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-104・ポリソルベート80・水酸化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料

次に成分を見ていくと、少し成分的には物足りなさを感じる内容になっています。

全体的にはよくある構成内容に加えて、パッとするような美容成分が少なく残念に感じます。

これだと、オイルタイプ「コンセントレートオイル」の方が内容的には良いのではないかと思うくらいです。

洗い流さないトリートメントと期待してつけても補修効果はあまりなく、手触りだけをよくするヘアミルクな感じ。

スタイリング剤の代わりとして使うなら良さそうなものだけど、トリートメントとしての期待は薄いと感じます。

 きし
内容的には洗い流さないトリートメントというよりも、ただのヘアミルク感がすごい。そのためあまり期待できないアイテムかなという印象です。

ということで、実際に使っていきます。

 

STEP.1
洗い流さないトリートメントの出してみた

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際にミルクを出してみると、少し甘い香りがします。

ジュレームの香りは「スイートフローラル」ですが、実際のところ少し香水のような強めのにおいです。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

で、本題でもある使用感ですが、思っているよりも水分感が強そうな感じ。

濃厚さも十分にあるため、効果も高そうです。

STEP.2
トリートメントのベタつき加減

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

ミルク系のわりには、少しベタつき感が強め。

【洗い流さないトリートメント】「ジュレーム」のミルクタイプを美容師が実際に使ったレビュー記事

手の平に広げると、オイルのような広がりになるため、水分感が強い一方ではベタつきも多そうな感じがします。

髪に使用してみた感じでは、確かに手触りが良くなりツヤ感やまとまりもでるので使いやすいです。

が、トリートメント感がないのは非常に残念なところ。

STEP.5
まとめ
ジュレームのミルクタイプのレビュー
水分性
(2.5)
保水力
(2.5)
香り
(3.0)
使用感
(3.5)
補修力
(2.0)
コスパ
(2.5)
おすすめ度
(2.5)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

ジュレーム(オイル)の良いところ

  • 使いやすさは平均ぐらいあり無難に使えるというような印象
  • ベタつきもほとんどない

ジュレーム(オイル)の悪いところ

  • 補修成分などが少なく、洗い流さないトリートメントとしての効果が物足りない
  • 物足りない

こんな感じでしょうか。

 

  • ジュレームのインテンシブセラムを使って見た感じでは、バランスは良くて使いやすいアイテムではあるものの、やや物足りなさもあるという結果となりました。

もちろん、洗い流さないトリートメントなので悪いものなどは構成されていないため、安心して使うことができます。そのためこのバランスならば十分におすすめできるアイテムです。

が、そもそものトリートメントとしての効果が期待できないため、ヘアミルクとしてのスペックは優秀なのでトリートメントというよりも、スタイリング剤代わりとしての役割になるアイテムだと思いました。

まぁ割り切って考えればコスパ(とくにオイルと比べても)も良いですから、初心者の方にもおすすめです。

つま

個人的には、使ってみた感じでは使いやすいのでおすすめしますが、ダメージを気にするのならば考え直しても良いかもしれません。

 

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

この記事では、「ジュレームファンタジスト」の洗い流さないトリートメントのインテンシブセラムについて書きました。

 きし
実際に、ジュレームの洗い流さないトリートメントを使ってみましたが、市販品にしてはレベルの高いアイテムです。

つま

とはいえ、市販品の中ではコスパは悪いので使う時は考える必要がありますね。

市販品でヘアミルクタイプのアイテムを使いたいという方にもおすすめできる内容になっています。

とはいえ、トリートメントとしての効果は薄いので割り切って考えてみてください。

ジュレームの使う前の参考にどうぞ。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください