アウトバス付のおすすめヘアケアセット

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

「メルティバター」を使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

メルティバターの洗い流さないトリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるミルボン。

その中の「ジェミールフラン」シリーズのメルティバター。

サロン専売品でもあるメルティバターシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

今回の記事では、美容師の経験を活かしてメルティバターのシ洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • メルティバターを選ぶポイント
  • メルティバターのおすすめポイント
  • 実際に「メルティバター」を使ってみたレビュー

 

実際に「メルティバター」の洗い流さないトリートメントを使ってみた

ジェミールフラン メルティバター

ミルボン

 

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

 

オイル  ミスト ミルク ジェル 

女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
今回は、ジェミールフランシリーズのメルティバターについてお話します。

つま

メルティバターは、とても香りも良く使い心地が良いアイテムです。

メルティバターには、まとまりを記憶してくれる「モイストモリンガバター」が配合されています。

普段のライフスタイルでは、夜にドライヤーをかける人がほとんどです、そしてシャンプーのしたての状態で乾かすことで、まとまりはとても良いものになります。

そのままの状態がキープしてくれるのが理想ですが、中々うまくはいってくれません。

そのキープ力を上げてくれるのがメルティバターの成分「モイストモリンガバター」なのです。

実際に購入してみました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

まずはボトルからです。

薄いクリアピンクが特徴のチューブタイプのトリートメント。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

サイズ的には、片手で覆えることができるため、とても手に馴染みます。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

重さもほとんど感じないため、ストレスは一切ないです。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

ただ少しトリートメント自体を出すときに目安となるものがないので、少し使いにくさは感じます。個人的にはプッシュ式の方が好きです。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

シンプルなのに、デザイン性は高く女性が使いやすそうなフォルム。その中でも高級感もあるため年齢問わずに使用することができるはず。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

デザイン的には、さすがミルボンといった感じで、フォルムや色合いなどは絶妙な印象で、インテリアとしても優秀なトリートメントです。

ということで実際に使って、使用感をみていきます。

STEP.1
洗い流さないトリートメントの出してみた

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に出してみると、クリームタイプでほのかにフルーティーな香りがします。

強すぎず弱すぎずの良い感じ。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

みずみずしさもあるクリームタイプで使用感は良さそう。

STEP.2
トリートメントのベタつき加減

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に手にひろげてみると、余計なベタつきはなく、手にも馴染みやすいため使用感は良い感じです。

【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を美容師が実際に使ったレビュー記事

髪に使用してみると、こちらも手に馴染みがよいため、かなり使用感が良さそうな感じです。

ベタつきもないため、細毛や猫っ毛にでも問題なく使用することができます。

STEP.5
まとめ
メルティバター
水分性
(3.0)
保水力
(3.0)
香り
(4.5)
使用感
(3.5)
補修力
(3.5)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.5)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

メルティバターの良いところ

  • 熱を使うことで浸透率を上げる特殊な構造なため、巻髪やドライヤーを良く使用する方におすすめ

メルティバターの悪いところ

  • コスパが高く、デザイン性が高いが使用感は少し悪い気もする

こんな感じでしょうか。

  • 使い勝手は中々良いだけでなく、香りも良くて補修力も高いため、幅広く使える洗い流さないトリートメントの一つ。

実際に使ってみると、平均値以上のバランスのとれたトリートメントのため悪いところなどはほとんどありません。

クリームタイプ特有のベタつきや、仕上がりの微妙さなどは皆無なので、髪質問わずに使用することができるのは魅力の一つとなります。

さらに、熱に反応する特殊な構成のためダメージヘア全般に使いやすくなっているのもおすすめポイントです。

とはいえ、コスパの悪さは気になるところでもあり、ミルボンブランドのアイテムは全てに共通しているのですが、少し高級なところがあるので、考えて使う必要があります。

 きし
全体的には好印象で使いやすいトリートメントのためおすすめ度は高めです。少し高めですが、一度は試してみてほしいアイテムです。

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

この記事では、「メルティバター」の洗い流さないトリートメントについて書きました。

 きし
クリームタイプのトリートメントで、使用感はかなり良いアイテムでした。

つま

くせ毛に使用すると、まとまりが良くなるので、個人的にはかなりおすすめのトリートメントでした。

くせ毛の方は、ドライヤーやアイロンなど必須となりますが、このトリートメントとの相性はバツグンなので、かなりおすすめです。

かといってベタつきなどは一切ないので、幅広く使えるトリートメントでした。

メルティバターの使う前の参考にどうぞ。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください