洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

LUX バスグロウシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

LUX(ラックス) バスグロウシリーズは、お手軽ケアが魅力の洗い流さないトリートメントとして展開されており、日々忙しい方々にも手軽に髪のメンテナンスを可能にした製品です。栄養素を髪にしっかり届けて内部から強化し、美しい髪へと導くこのシリーズは、髪の様々な悩みに応えるために、成分や使用感に応じた多様なラインナップを揃えています。

LUX(ラックス) バスグロウの特徴的な成分の一つに、24種類の美容アミノ酸があることをご存じでしょうか。これらは、髪の根幹を成すケラチンの形成を支える重要な役割を持ち、髪に必要な潤いと強度を同時に与えます。また、美容アミノ酸の恩恵を受けた髪は柔軟性と弾力を保ちながら、日頃のダメージからも守られやすくなります。

これにより、髪は理想的な水分バランスを保持しやすく、光り輝く美しい状態が維持されるわけです。

LUX(ラックス) バスグロウシリーズの洗い流さないトリートメントでは、髪の潤いを閉じ込める技術にも優れています。洗髪直後のようなフレッシュな潤いと輝きを長時間継続させるため、外出先でも髪のコンディションが保たれます。

今回の記事では、LUX(ラックス) バスグロウシリーズの洗い流さないトリートメントの違いや、どれを選ぶべきか良い・良い&悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

タップする目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

LUX(ラックス) バスグロウ シリーズの洗い流さないトリートメント全種類の特徴

LUX(ラックス) バスグロウのバスグロウシリーズは、洗い流さないタイプのトリートメントが特徴で、手間をかけずに日常的に髪の毛のケアを可能にします。

高機能が自慢のこのシリーズは、毛髪を内側からケアし、さらに外見的な美しさも長持ちさせるよう設計されています。種類によって配合成分や目的が異なり、それぞれの髪の悩みに合わせた製品選びができるのが大きな魅力です。

さらに、シリーズの中にはシロキクラゲエキスを加えた製品もあり、その特筆すべき保水力が髪を乾燥から護ります。シロキクラゲ由来の成分は水分を長時間保持する力があり、乾燥が気になる季節でも髪の潤いをキープし続ける助けになるでしょう。

その結果、髪は自然なツヤを放ち、さらさらとした心地よい手触りも得られます。

保湿・補修成分、24種の美容アミノ配合

LUX(ラックス) バスグロウシリーズには、保湿成分や補修成分に加え、24種類にも及ぶ美容アミノ酸が配合されています。

アミノ酸は、髪の毛の主成分であるケラチンの生成を助ける役割があり、健康な髪を育む基盤を作ります。この成分のおかげで、髪は水分を保ちつつ、ダメージを受けにくい状態に保たれ、美しい髪を維持しやすくなっています。

保湿に特化した製品や、特に補修を目的とした製品など、用途に合わせた選択が可能です。

高い保水力を持つシロキクラゲエキス配合

特定のバスグロウシリーズのトリートメントには、高い保水力を誇るシロキクラゲエキスが含まれています。

このエキスは、長時間の水分保持が可能で、乾燥する環境にさらされがちな髪に潤いを与え続ける働きがあります。

髪の毛が持つ自然なツヤを引き出し、触り心地も改善されるため、日々のケアに取り入れることで、髪質の変化を実感することでしょう。

保水ケア美容で洗いたてのようなうるツヤ髪続く

LUX(ラックス) バスグロウの洗い流さないトリートメントは、保水ケアを重視しており、洗髪直後のようなうるおいとつややかさを長時間キープします。

バスグロウシリーズは、ただ潤いを与えるだけでなく、その潤いを髪の毛が逃さないようにロックする技術に優れているため、外出中でも髪の乾燥を防ぎ、潤った髪を継続させます。

結果として、健やかで美しい髪の状態を保ちやすくなります。

LUX(ラックス) バスグロウ 洗い流さないトリートメントシリーズ
  • LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント
  • LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム

LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメントの特徴

全成分を見る

  • シクロペンタシロキサン
  • ジメチコン
  • ジメチコノール
  • イソドデカン
  • ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル
  • パルミチン酸イソプロピル
  • トリエチルヘキサノイン
  • イソステアリルアルコール
  • 香料
  • アミノプロピルジメシコン
  • フェノキシエタノール
  • PEG-20水添ヒマシ油
  • タウリンリシンHCl
  • アラニン
  • ヒスチジンHCl
  • アルギニン
  • セリン
  • プロリン
  • グルタミン酸
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • グリシン
  • アラントイン
  • イソロイシン
  • フェニルアラニン
  • PCA-Na
  • アスパラギン酸
  • PCA
  • ヒスチジン
  • エクトイン
  • チロシン
  • トリプトファン
  • メチオニン
  • ベタイン
  • システイン
  • シスチン
  • シロキクラゲ多糖体

ダメージ毛、広がる髪に

髪のダメージや広がりが気になる方に最適なLUX(ラックス) バスグロウのオイルトリートメントです。

日々のダメージから髪を守り、広がりを抑えて扱いやすい状態に整えます。

髪内部の水分をしっかり保持し、まとまる髪をキープ

特殊な成分が髪の内部の水分を保持し、外部からのダメージに負けない強い髪に導きます。

髪の毛一本一本をコーティングして、湿気による広がりも防ぎます。

補修成分、真珠エッセンス配合

補修成分が日常で受けたダメージを修復し、真珠エッセンスがツヤと潤いを与えます。

サロン帰りのような輝きのある仕上がりに。

ウォータリーアップル&ジャスミンの心ときほぐす香り

ウォータリーアップルとジャスミンの香りがリラックス効果を与え、心地よいバスタイムを演出します。

香りにもこだわりたい方にぴったりです。

LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラムの特徴

全成分を見る

  • シクロペンタシロキサン
  • アモジメチコン
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン
  • セタノール
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  • ポリクオタニウム-28
  • シクロヘキサシロキサン
  • ポリクオタニウムクロスポリマー-3
  • ジメチコン
  • グリセリン
  • ミネラルオイル
  • アスパラギン酸
  • ジステアロイルエチルジモニウムクロリド
  • セテアリルアルコール
  • (アクリル酸アミドプロピルトリモニウムクロリド/アクリル酸アミド)コポリマー
  • (メチルビニルエーテル/マレイン酸)コポリマー、オレイン酸ソルビタ
  • (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ケラチン
  • トリデセス-6
  • ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
  • (C11-13)イソパラフィン
  • 水酸化K
  • クエン酸
  • カプリリルグリコール
  • ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン
  • ヒドロキシステアリン酸PEG-15
  • 酢酸トコフェロール
  • BG
  • エタノール
  • レシチン
  • PCA-Na
  • 乳酸Na
  • シロキクラゲ多糖体
  • エクトイン
  • ベタイン
  • アルギニン
  • タウリン
  • PCA
  • アラニン
  • グリシン
  • セリン
  • バリン
  • プロリン
  • トレオニン
  • リシンHCl
  • ヒスチジンHCl
  • イソロイシン
  • グルタミン酸
  • フェニルアラニン
  • ロイシン
  • ヒスチジン
  • アラントイン
  • グルタミン
  • チロシン
  • シスチン
  • システイン
  • トリプトファン
  • メチオニン
  • フェノキシエタノール
  • ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
  • 安息香酸Na
  • ソルビン酸K
  • 香料

うねり、くせのある髪に

自然なストレートヘアを目指す方に最適です。くせやうねりが気になる髪の毛を落ち着かせ、ストレートに導きます。

お風呂上がりすぐうねりが気になる方は、お風呂の中で使うとより効果的

湯船に浸かりながらでも、シャワーを浴びた後でも使用可能です。髪の毛がまだ温まっている状態で使うと、トリートメントがより髪に浸透しやすくなります。

ドライヤー、アイロンで形づけると自然なストレートスタイルをキープ

ドライヤーやアイロンと併用することで、さらに効果が上がります。

熱の力を借りて、より持続性のあるストレートヘアが完成します。

ジューシーカシス&ピオニーの気分華やぐ香り

ジューシーカシスとピオニーの絶妙な香りが、日常に彩りを添えます。

香り高いトリートメントで、心も髪も満たされるはずです。

目次に戻る

LUX(ラックス)バスグロウシリーズの洗い流さないトリートメントの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 髪のまとまりが格段に向上した
  • カラーリングによるダメージが気にならなくった
  • 髪がしっとりとして手触りも良くなる
良い&悪い口コミ・評判まとめ
  • オイル特有のべたつきが手に残る
  • 香りが強すぎる
  • 頭皮がかゆくなり、フケが出る

ラックスのバスグロウシリーズから登場した洗い流さないトリートメントは、多くの方から注目されています。

この記事では、使用者のリアルな声をもとにした口コミと評判を総括してご紹介します。

LUX(ラックス)バスグロウシリーズの洗い流さないトリートメントの良い口コミ・評判まとめ

  1. 「ラックスバスグロウ オイルトリートメントを使用してから、髪のまとまりが格段に向上しました。香りも心地よく、1日中パサつかずサラサラが続きます。」
  2. 「ダメージリペア リッチ補修オイルのおかげで、カラーリングによるダメージが気にならなくなりました。オイルなのにベタつかず、ヘアスタイルを保ちやすいです。」
  3. 「洗い流さないトリートメント ミルクの軽い使い心地が気に入っています。ドライヤー後に使うと、髪がしっとりとして手触りも良くなるのでおすすめです。」

LUX(ラックス)バスグロウ シリーズの洗い流さないトリートメントの良い&悪い口コミ・評判まとめ

  1. 「ラックスバスグロウ オイルトリートメントを使ったら、個人的にはオイル特有のべたつきが手に残り、不快でした。」
  2. 「香りが強すぎると感じました。香水をつけているかのようで、匂いがきつくて周囲の人にも気を使ってしまいます。」
  3. 「使っているうちに頭皮がかゆくなり、フケが出るようになりました。残念ですが、私の肌には合わなかったようです。」
目次に戻る

美容師が教える!LUX(ラックス) バスグロウ シリーズの失敗しない選び方

LUX(ラックス) バスグロウシリーズから、洗い流さないトリートメントをチョイスする際は、自分の髪質やケアしたい悩みに応じて選ぶことが大切です。オイルタイプ、セラムタイプなどがあり、それぞれ髪になじむタイミングや仕上がりに違いが見られます。

本記事では、美容師が推奨するトリートメントの選択ガイドを詳しく解説します。

まずは髪の状態を知る

洗い流さないトリートメントを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、硬くなっているのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合った洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富な洗い流さないトリートメントがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

軟毛でボリュームが欲しい方には、「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」がおすすめです。

軽いつけ心地で髪にしっかりと吸収され、ナチュラルなボリューム感を与えてくれます。また、使いやすさとその香りが口コミでも好評で、日々のスタイリングを快適にサポートします。

オイルトリートメントは、使用するタイミングや量を調整することで、その仕上がりをコントロールしやすいのも特徴です。

しっとり・ボリュームダウンなら「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」

ボリュームダウンを図りたい、またはしっとり落ち着いた髪質を目指す方には、「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」が適しています。

こちらは、重さを感じさせずに髪の表面を整えることで、ストレートな質感と艶を演出してくれます。また、乾燥が気になる方や、普段から縮毛矯正やストレートヘアを好む方にもぴったりです。

口コミ評価も高く、使い方に応じて形状記憶効果も実感できます。

バランス型・迷ったら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

どちらにも偏らず、バランスの良いケアを求めるなら、「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」が良い選択肢となります。

髪のダメージをリペアしながらも、適度なボリューム感をキープすることが可能です。

迷った際のスタンダードなチョイスとして、多くの方から愛されています。

洗い流さないトリートメントの成分の内容について

次に、洗い流さないトリートメントの成分をチェックします。これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、洗い流さないトリートメントの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できる洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

パーマなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

パーマした髪には、毛髪を補修しながら柔軟に保つ成分が配合された「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」が最適です。

オイルの栄養分が髪の内部まで浸透し、形状記憶効果を助けることで、ウェーブやカールを長持ちさせる手助けをします。

ヘアカラーなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

ヘアカラー後の髪には、「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」が理想的です。

補修・保護成分が色持ちを良くし、退色を防ぐ効果が期待できます。

さらに、ヘアカラーによるダメージから髪を守るとともに、顔周りを華やかな印象に導きます。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」

縮毛矯正やストレートヘアを持続させたい場合、「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」が有効です。

これにより、ストレートヘアのまとまりを保ち、湿気からも髪を護ることができます。

洗い流さないトリートメントの香りも大事

最後に、洗い流さないトリートメントの香りも大切です。洗い流さないトリートメントを使うとき、その香りに癒されることで、ヘアケア時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズの洗い流さないトリートメントは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りの洗い流さないトリートメントを選ぶことで、毎日のヘアケアが楽しみになりますよ。

ラックスの洗い流さないトリートメントは種類が豊富で、自分に最適な香りを見つける楽しさもありますね。

ウォータリーアップル&ジャスミンの心ときほぐす香り

ウォータリーアップルとジャスミンの香りは、まるで清涼感溢れる果実園に佇んでいるかのような心地よい香りです。

ラックスの洗い流さないトリートメントオイルを使用すると、その甘くさわやかな香りが髪からふわっと広がり、ストレスが軽減されることでしょう。

長い一日の終わりにこの香りを感じながらケアをすることで、穏やかな夜を迎えられること間違いありません。特に口コミでは、香りのもたらす癒やし効果が高評価を受けており、様々なシーンでのリフレッシュにおすすめされています。

ジューシーカシス&ピオニーの気分華やぐ香り

ジューシーカシスとピオニーの香りが混ざり合ったこの洗い流さないトリートメントは、使用するたびに気分が華やぐような贅沢な体験を提供します。

ラックス バスグロウ製品の中でも特にこの香りのオイルトリートメントは、溢れんばかりのフローラルとフルーティーな香りが髪を通じて心まで明るくしてくれる効果があります。

その香りの評判は口コミでも高く、使い方も簡単であるため日常の忙しさを忘れさせてくれるオイルとして注目されています。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とLUX(ラックス) バスグロウ シリーズのおすすめの髪質の選び方

適切な洗い流さないトリートメントを選ぶ際にはヘアケアの目的と髪質を考慮することが重要です。

実際に複数の商品を試し、その性能や使用感を検証し、それぞれのニーズに最適な製品を提案していきます。肝心なのは髪に負担をかけず、かつ効果を実感できる製品です。そこで人気のLUX(ラックス) バスグロウシリーズから厳選し、どのような特徴があるかを解説します。

LUX(ラックス) バスグロウの洗い流さないトリートメントは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめの洗い流さないトリートメントを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
非常に使いやすくて効果性も高い

リペア&シャイン オイルトリートメントは、私が実際に使用してみて、髪質が改善されたと実感できた商品です。このオイルトリートメントは、豊かな保湿効果と共に、髪を補修しながら美しい輝きをもたらします。

容器のデザインもシンプルで持ち運びや保管にも便利。ノズルから適量を手に取り、毛先を中心に馴染ませるだけで、日々のダメージから髪を護ることができます。

さらに、金木犀のような上品な香りが魅力で、ラックスバスグロウ オイルの口コミでも数多くの支持を得ています。

くせ毛におすすめなら「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
まとまりやおさまりがいい

くせ毛に悩んでいた私が試した中で、もっとも満足感の高かったのはこのストレート&シャイン トリートメントセラムです。

この製品は、使用後に髪がしなやかでまとまりやすくなるという実感が高く、朝のスタイリングが格段に楽になりました。

特に湿気の多い日でもくせが目立ちにくいのが特徴です。ラックスバスグロウ口コミでも、「くせ毛がおさまりやすくなった」との声が複数見られます。また、使い方は簡単で、洗髪後タオルドライした髪になじませるだけでOKです。

猫っ毛におすすめなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
べたつかない仕上がりに

細くて柔らかい猫っ毛の私が実際に試してみて驚いたのは、このオイルトリートメントの軽やかな仕上がりでした。

対処が難しい猫っ毛も、この製品を使えば髪に自然なボリュームとツヤを与え、べたつくことなく一日中さらさらな手触りを維持することができます。

ラックスバスグロウ オイルの使い方も簡単で、適量を手に取り、特にダメージの気になる毛先に丁寧に塗布するだけです。

剛毛におすすめなら「LUX(ラックス)バスグロウストレート&シャイン トリートメントセラム」

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
保湿力も高くてしっとりする

厚みがあり硬めの剛毛には、ストレート&シャイン トリートメントセラムをお勧めします。

トリートメントが髪の内部まで浸透し、乾燥によるパサつきや広がりを抑制してくれます。

保湿力が高いため、私の試した中でも最もしっとりとした仕上がりが得られました。髪本来の美しさを引き出すと同時に、まとまりを持続させてくれる効果もあります。利用者からは「ラックスバスグロウ口コミで評判通り」との声も多数です。

エイジングケアなら「LUX(ラックス)バスグロウリペア&シャイン オイルトリートメント」

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
年齢による髪のダメージも補修

加齢による髪の問題にフォーカスしたい時、リペア&シャイン オイルトリートメントが非常に効果的です。

私の実体験からも、この製品は年齢と共に失われがちな髪の潤いと弾力を取り戻す手助けをしてくれます。

ダメージを受けやすい髪の内部を補修しながら、光沢感も復活させることが可能です。

使い方は他のトリートメントと同様で、毎日のお手入れにも簡単に取り入れられ、エイジングケアを実感できるでしょう。

香りで選ぶ

リペア&シャイン オイルトリートメントストレート&シャイン トリートメントセラム
ウォータリーアップル&ジャスミンの香りジューシーカシス&ピオニーの香り

洗い流さないトリートメントを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

個人的には、「ウォータリーアップル&ジャスミンの香り」が好きでした。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

個人的なおすすめは「ラックス バスグロウ リペア&シャイン オイルトリートメント」

個人的に抜群の使用感を感じるのは「ラックス バスグロウ リペア&シャイン オイルトリートメント」です。

この製品は、ヘアケアにおける様々な悩みに応えてくれる万能なアイテムとして知られています。具体的には、保湿力の強さや使い心地の良さ、そして規定量を守ることで髪に重さを感じさせないのが特徴です。

保湿力が高くて効果性が高い

「ラックス バスグロウ リペア&シャイン オイルトリートメント」は高い保湿力を誇ります。

特に、髪が乾燥しやすい季節や、カラーリングで傷みがちな髪にも潤いをしっかり補給し、乾燥から守ることが可能です。

実際に使ってみると、その効果の高さに驚くことでしょう。

天然由来成分を豊富に含んだこのオイルは、髪に直接塗布することで、根本から毛先まで均一に潤いをもたらし、乾燥によるパサつきを抑えてくれます。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

このオイルトリートメントは、使用後の髪の質感やまとまりの良さにおいても高い評価を受けています。

ラックスバスグロウ オイル 口コミにも、「サラサラになる」「手触りが滑らかになる」といった声が集まっており、その実力は多くの方に認められています。

オイルが髪一本一本を包み込むことで、ダメージによる開きを整え、ナチュラルな光沢と絹のような手触りを実現します。

重さは使う量で調節できる

洗い流さないトリートメントの多くが抱える問題点として「髪が重くなる」ことがございますが、ラックスのオイルトリートメントはその懸念を解消します。

適量を守ることにより、重さを感じることなく、自分好みの軽やかな仕上がりを実現できます。

使用量に応じてヘアスタイルを調整することもでき、自由度の高さを楽しむことができるでしょう。

ベタッとした印象はないので使いやすい

ラックスバスグロウ オイル の優れた点は、ベタつかない使用感にあります。

多くの方が経験している通り、付け心地は軽く、オイルながらもサラッとした手触りが持続します。また、ラックスバスグロウ オイル 匂いも心地よいフローラルな香りで、髪だけでなく気分までもリッチにしてくれます。

そのゆえに、日常使いはもちろん、特別な日のスタイリングにも最適です。

目次に戻る

LUX(ラックス) バスグロウ シリーズの洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

ヘアオイルの正しい使い方は、朝使うのか、夜使うのか、使うタイミングによって変わってきます。

それぞれ具体的に解説します。

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪に適したヘアオイルの使い方。

まずは、ヘアオイルには「洗い流さないトリートメント」と「スタイリング剤」の2種類あるのですが、夜使う際はできるだけ洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。スタイリング剤のヘアオイルを使うと、そのまま寝ると寝具や頭皮地肌がベタつくので注意。

容器に、洗い流さないトリートメントかスタイリング剤か記載されているはずなので確認しましょう。

ここでは洗い流さないトリートメントタイプのヘアオイルを使用します。

POINT

しっかりとタオルで水分をとる

まずはお風呂上がりの髪の水分をしっかりとります。実はここが一番に重要といってもいいです。

というのも、髪に水分が残っていると、ヘアオイルが髪内部に浸透しません。これは髪に水分が残っていると隙間がなく、水分がヘアオイルを入れてくれないからです。水分をしっかりとることでヘアオイルでしっかり水分補給をすることができるのです。

しっかりタオルで水分をとる方法としては、

  1. 頭皮からしっかりタオルでふく
  2. 中間から毛先にかけてにぎるようにタオルで水分をとる
  3. ブラッシングをして髪を整える
  4. また中間から毛先をにぎるようにタオルを水分をとる

②〜④を繰り返すことで、かなり水分をとることができます。全てにおいて優しく、丁寧にするようにしてください。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体にブラッシング

できるだけ、大きくて、あらいめのブラシやクシを用意しましょう。目安としては、これぐらい大きなものがおすすめ。私はこれぐらいのコームをお風呂場と洗面所においてあります。

ちなみに、パーマスタイルの方もブラッシングは欠かさずにしましょう。ブラッシングをするとパーマがとれると思う方もいるかもしれませんが、ブラッシングしたあとにウェーブを作り直したほ

POINT

自然乾燥・髪を乾かす

く「髪はドライヤーで乾かさないとダメですか?」と質問がありますが、乾かしたほうが良いのは良いですが、自然乾燥を多少させてから乾かしたほうが効率的です。

自然乾燥が全くダメというわけではないので、ほどよく自然乾燥させてから、ドライヤーで乾かすと効率的でおすすめ。なので逆算してお風呂に入る時間を計算すると良いでしょう。

POINT

8割ほど乾いたら、ヘアオイルをもう一度付ける

ある程度乾いたら、もう一度ヘアオイルをつけましょう。ここでは濡れているときにつけた量の半分、髪質によってはもっと少なくてもOK。乾きにくい・ややベタつい

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセットやスタイリングに適したヘアオイルの使い方。

ここでは、洗い流さないトリートメントでもスタイリング剤でもどちらでも構いません。

分かりやすく、分別するとしたら「洗い流さないトリートメントはダメージ補修などができるが、ツヤ感は少ない」「スタイリング剤のほうがツヤはでやすくて、スタイリング時間も長い」ぐらいの感覚です。

髪質や量によって、お好みで使いましょう。私はどっちも使いますが、洗い流さないトリートメントは量が結構使うのでコスパが悪いかなとも思います。

POINT

ブラッシングして整える

まずは全体にブラッシングしてキレイに整えます。

できるだけ優しく、丁寧にしてあげましょう。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体を整えつつ、前髪に少しつける

最後に少しヘアオイルを手になじませて、全体のスタイリングをします。

動きをだすなら、表面の髪をつまむ・中間や毛先をにぎる・髪全体にをふるようにつける、などが効果的。

まとまりやツヤ感なら、両の手で髪をはさみすべらす・髪を指でつまんですべらす、などが効果的

前髪にヘアオイルの付け方

前髪にヘアオイルの付け方

前髪はツヤ髪・ツヤ感などスタイリングをする上では、かなり重要であり、うまくいくと全体の美しさが際立ちます。

とはいえ、前髪はとくにべたつきやすいので注意。

POINT

ヘアオイルを少量手にだす

ここは少なめに調整。前髪の長さや量によっても、ヘアオイルの適量は違うの少しづつ足していくようにつけます。これは人によって大きく変わるので、べたつきやすい人はかなり少なめに。

POINT

髪の内側から毛先につける

表面からつけるのではなく、ベタつきにくい内側からつけます。ここも毛先・中間・根本付近の順番に。

POINT

ブラッシングして整える

ここでは、大きめでなくてもOK。わりと細かいコームやブラシでも可愛く仕上がります。お好みで調整しましょう。

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルでは、普通に使ったとしてもキレイにはなりますが、適切な使い方をすることで、より効果を、むしろ最大限に発揮することができます。

量が少なすぎても、多すぎてもダメです。目安となる量もまとめておくので参考にしてください。

髪の長さ適正量
ショート1〜2P
ミディアム・ボブ2〜3P
セミロング2.5〜3.5P
ロング3〜4P
毛量多い場合は+0.5P、ベタつきやすいなら-0,5Pと調整してください
目次に戻る

LUX(ラックス) バスグロウ シリーズの洗い流さないトリートメントのよくある質問集(Q&A)

LUX(ラックス) バスグロウのトリートメントはどの順番で使えばいいですか?

LUX(ラックス) バスグロウのトリートメントは通常、シャンプー後に適用し、洗い流されるタイプはその後に流します。また、洗い流さないトリートメントは髪をタオルドライした後、または完全に乾いた髪に使用します。

ラックスバスグロウ とは何ですか?

LUX(ラックス) バスグロウは、髪に潤いと輝きを与える、高品質なヘアケア製品のラインです。

シャンプー、コンディショナー、トリートメント、ヘアマスクなどが含まれています。

ラックスの洗い流さないトリートメントの種類とそれぞれの使い方は?

ラックスには洗い流さないトリートメントの種類がいくつかあり、オイル、ミルク、クリーム形状などがあります。使い方は製品ごとに異なる場合があるため、パッケージの指示を参照してください。

基本的にはタオルドライ後の髪に適量を塗布し、手ぐしやブラシで整えます。

ラックスバスグロウ オイルの特徴と口コミは?

ラックスバスグロウ オイルは髪に栄養と潤いを与える製品であり、その香りや質感が好評です。口コミでは使用感の良さや長持ちする香りに高い評価が寄せられています。

ラックスバスグロウとは何ですか?

ラックスバスグロウとは、ラックスから販売されているヘアケア製品のシリーズで、潤いを与えつややかな髪へと導くための製品が揃っています。

シャンプーやトリートメント、ヘアオイルなど多岐にわたるアイテムがあります。

目次に戻る

あとがき

きし

忙しい毎日の中で、簡単かつ効果的に髪のケアをしたいと考える方は多いでしょう。そんなニーズに応えるために開発されたのがLUX(ラックス) バスグロウシリーズです。これは、時間をかけずに容易にヘアトリートメントを行うことができる製品群で、特に洗い流す手間がいらない非洗い流し型トリートメントとして好評を博しています。

LUX(ラックス) バスグロウシリーズの魅力は、ただ手軽であるだけではありません。その秘密は、ケラチン生成を促進する美容アミノ酸をはじめとする豊富な栄養素が含まれている点です。

この24種類の美容アミノ酸は髪の内部からの強化に一役買い、様々なヘアトラブルに対応するための多彩なラインナップと組み合わせることで、より美しい髪を実現するのに寄与しています。

さらに、髪への潤いをしっかりと保持するための工夫も凝らされています。シリーズにはシロキクラゲエキスを含むものがあり、この成分が特筆すべき保水力で知られています。

これにより、髪の水分を長時間閉じ込めることが可能になり、乾燥しがちな環境下でも髪のしなやかさとつやをキープすることができます。

このシリーズのトリートメントは、ヘアケアを新しいレベルへと引き上げるよう設計されています。クオリティの高い成分を使って、洗髪直後のフレッシュ感を保つためのテクニックが採用されており、外出時でもヘアコンディションのキープが可能です。

忙しい日々の中でも健康的で魅力的な髪を維持することができるため、自信を持って日々を過ごせます。

そして、それは生活の質の向上に直結するでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップする目次