アウトバス付のおすすめヘアケアセット

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のモイスチャーリッチ保湿オイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

「LUX(ラックス)」のモイスチャーリッチ保湿オイルを使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

LUX(ラックス)のモイスチャーリッチ補修オイルの洗い流さないトリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるLUX(ラックス)

その中の「スーパーリッチシャイン モイスチャー」シリーズ。

市販品でもあるLUX(ラックス)シリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてLUX(ラックス)のモイスチャーリッチ保湿オイルの洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • モイスチャーリッチ保湿オイルを選ぶポイント
  • モイスチャーリッチ保湿オイルのおすすめポイント
  • 実際に「モイスチャーリッチ保湿オイル」を使ってみたレビュー

 

実際に「LUX(ラックス)」リッチ保湿オイルの洗い流さないトリートメントを使ってみた

モイスチャーリッチ保湿オイル

ラックス

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

オイル  ミスト ミルク ジェル 

女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
今回の記事では、実際にラックスのモイスチャーリッチ保湿オイルのヘアオイルを使っていきます。

つま

パサつきを抑えてしっとり髪にしてくれるトリートメントですが、実際のところどれだけ効果があるのかを見ていきたいと思います。

ゴールドヒアルロン酸を配合したヘアオイルで、売上NO.1のブランドです。(2017年4月~2018年3月)

のびの良いオイルがすばやく浸透し、ハッとするような美しいツヤと軽い質感でベタつかない流さないトリートメントです。

実際に購入してみました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

トリートメントボトルですが、ゴールドな色合いが美しいデザインです。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

手に収まるサイズ感で、外出先にも持ち運びやすそうです。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

ボトル自体はラベルパッケージをしているだけの、いたってシンプルな作りです。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

市販品の中では決して安っぽいわけではないですが、安定感がなさそうなのが残念です。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

とはいえ、1,000円ほどの価格として考えると使えないということはなさそう。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

いたって普通の市販品の印象ですが、使用感や中身に期待といったところでしょうか。

トリートメント成分

シクロペンタシロキサン、ジメチコン、セラミドNG、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒロドキシプロピルトリモニウム、シア脂、アルギニン、ホホバ種子油、酢酸トコフェノール、オレイン酸、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、フェニルトリメチコン、ミネラルオイル、アモジメチコン、PEG/PPG19/19ジメチコン、水、香料

次に成分をみていくと、シクロペンタシロキサンやジメチコンなどシリコンがベースの構成となっていて、特に1番多く配合のシクロペンタシロキサンは揮発性が高く、すぐに乾燥するのではと疑問です。

とはいえセラミドNG、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒロドキシプロピルトリモニウム、シア脂、ホホバ種子油と保湿力が高いエモリエント成分も多く構成されてるのはさすが大手のラックス。

シリコンがメインの安価な主剤に、配合されている多種類の保湿成分がどれだけ有効に働いてくれるかが、いいヘアオイルかどうかのポイントになりそうです。

ということで実際に使っていきます。

STEP.1
洗い流さないトリートメントの出してみた

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のモイスチャーリッチ保湿オイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に出してみると、ローズと果実の香りがほどよくて好印象です。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のモイスチャーリッチ保湿オイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

とろみが少なくさらっとした印象。濃厚さは感じられません。

STEP.2
トリートメントのベタつき加減
【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のモイスチャーリッチ保湿オイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

手に伸ばしてみたところリッチなオイルという印象ではなく、水分感が強くて不安になります。

【洗い流さないトリートメント】「ラックス」のモイスチャーリッチ保湿オイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に髪につけてみると保湿されているという実感が少なく、乾燥が気になっているダメージヘアーの人には物足りないと思います。

悪いものではないですが「つける意味があるのかな~」というのが正直なところ。

つけたあとも手にはシリコン特有のベタつきが残り、保湿性が足りないわりには重さが気になります。

STEP.5
まとめ
モイスチャーリッチ保湿オイル
水分性
(2.0)
保水力
(1.5)
香り
(3.0)
使用感
(2.0)
補修力
(1.5)
コスパ
(1.0)
おすすめ度
(2.0)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

LUX(ラックス)の良いところ

  • どこでも手に入る手軽さと値段が魅力

LUX(ラックス)の悪いところ

  • やはり価格に見合った内容になるので、髪の補修には物足りない印象

こんな感じでしょうか。

  • 実際に使ってみましたが、ダメージの少ない人やパーマ・カラーなどをしていない人にはいいですが、乾燥が進んでいる人には物足りない印象。

やはりエモリエント成分は入っているものの、内容成分のほとんどが安価なシリコンベースでできているため、補修力や保湿力は非常に悪いという結論になりました。

 きし
つけた瞬間も物足りないうえ、時間とともにすぐにパサつきが気になります。

手に入れやすい値段ですが内容量が55mlと少なく、少量では効果を実感できないためコスパはよくなさそう。

つま

香りもデザインもよく、全国のドラッグストアで買える魅力があるだけに残念です。

さらに、LUXのリペアリッチにはもう一つヘアオイルがありますが、実際に使ってみた感じではそれほど大きな違いがなく、気持ち程度の違いですね。

その辺りはインスピで決めてもよさそうな感じ。

少し値は張りますが、内容量と必要な使用量を考えるとサロン専売品のほうがコスパも性能もよさそう。

ラックスのアウトバス全ラインナップ

 きし
ラックスのスーパーリッチシャインオイルは二種類あり、重さによって使い分けるシンプルなタイプになっています。

ラックス ダメージリペア リッチ補修オイル

スーパーリッチシャイン モイスチャーリッチ保湿オイル

スーパーリッチシャイン モイスチャーリッチ保湿クリーム

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

この記事では、「LUX(ラックス)」モイスチャーリッチ保湿オイルの洗い流さないトリートメントについて書きました。

 きし
実際に使ってみましたが、つけてもつけなくても変わらない印象の残念なアイテムでした。

つま

エモリエント成分や保湿成分もしっかり入ってますが、値段相応の配合量になっています。

個人的な見解ではありますが、美容師としてはあまりオススメできない微妙なヘアオイルでしたので、ご使用前にはよく考えて使用してみてくださいね。

LUXのヘアオイルを使う前の参考になれば幸いです。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください