\ amazonでお買い忘れはありませんか?/

ジェミールフラン メルティバターバームをレビュー!「モイストモリンガバター」配合の固形型アウトバス

4 min
当サイトの総合評価
成分構成★★★★☆
コスパ★★★☆☆
保湿性★★★★☆
使い心地★★★☆☆
おすすめの髪質くせ毛
総合★★★★☆
メリット
  • 快適な使用感
  • 保湿性は高い
  • 補修力も高い
  • 香りが良い
デメリット
  • 価格は高い
  • 購入しづらい
  • 使い勝手は悪い

サロン専売品の中でも認知度の高いヘアケアブランドでもあるミルボン(MILBON)。シャンプーやトリートメントだけでなく、アウトバスなども充実しているラインナップになっています。

今回紹介する「ジェミールフラン メルティバタージェミールフラン メルティバターバーム」は、熱で溶けて固まることでスタイルをキープすることができるアウトバスです。

きし

きし

それだけでなく、シアーバターを加えた植物性バターのダブル配合で、うるおいを与えてもまとまる髪に。(シアバターを豊富に配合した濃厚タイプ。)

そこで今回の記事では、ジェミールフラン メルティバターを実際に見ながらレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Sponsored Links

『ジェミールフラン メルティバター』とは?

きし

きし

今回は、メルティバターという洗い流さないトリートメントについてお話します。

メルティバターは、とても香りも良く使い心地が良いアイテムです。

ゆきな

ゆきな

メルティバターとは、ジェミールフランブランドの「洗い流さないトリートメント」のラインナップとなります。

メルティバターは、クリームと固形タイプに分かれており、好みによって使い分けることができます。

個人的には、「初心者は、メルティバターの要領が100gでバームが40gなので、慣れてくるとメルティバターの方が、おすすめになるんじゃないかな〜」と感じております。

メルティバターの成分

メルティバターには、まとまりを記憶してくれる「モイストモリンガバター」が配合されています。

普段のライフスタイルでは、夜にドライヤーをかける人がほとんどです、そしてシャンプーのしたての状態で乾かすことで、まとまりはとても良いものになります。

そのままの状態がキープしてくれるのが理想ですが、中々うまくはいってくれません。

そのキープ力を上げてくれるのがメルティバターの成分「モイストモリンガバター」なのです。

メルティバターの使い方

使い方は至ってシンプルです。メルティバターをつけたあとに、ドライヤーで交わしてあげることによって、ヘアスタイルがキープしてくれます。

簡単に言うと、寝ぐせがつきにくくなる特徴を持っているのがメルティバターです。

メルティバターの付け方
順
順2
  1. お流し後にタオルでしっかりと水気を取ります。エルジューダの塗布の順序は髪を左右半分に分け、それぞれ毛先➔中間➔表面の順につけてきます。
  2. 使用量の半分のエルジューダを手にとり、手のひら、指先、指のあいだまで均一に伸ばしムラづきを防ぎます。
  3. 左右半分に分けた片側の内側から手を入れて毛先を握るようにしてもい込んでいきます。
  4. 中間は毛束を少し持ち上げてから手を入れ、毛先にかけて、指の間でキューティクルをなめすようなイメージですべらせます。
  5. 手に残ったオイルを再度均一に伸ばし、顔周りと表面に塗布します。表面は根本につかないよう毛束を持ち上げて塗布します。

このようにしてつけます。

できるだけ、ムラのでないようにしてつけてあげることでより効果的になってくれます。

メルティバターのラインナップ

きし

きし

ジェミールフランブランドのメルティバターのラインナップは2種類です。

メルティバターとメルティバターバームについても分かりやすくご紹介。

メルティバター(クリームタイプ)の特徴

オリーブスクワランがケアクリームとなってくれているクリームタイプの洗い流さないトリートメントです。

ポイントとして、なによりもつけやすいことがポイントです。クリームタイプなので初心者にもあつかいやすくて、ムラなくつけることができます。

関連記事【ミルボン】「ジェミールフラン メルティバター」を実際に使ったレビュー記事

クリームタイプと固形タイプなので髪質や状態に合わせて使用します!使い心地はとても良い洗い流さないトリートメントです。

ゆきな

ゆきな

メルティバターバーム(固形タイプ)の特徴

シアバターを加えている固形タイプの洗い流さないトリートメントです。

ポイントとして、成分濃度がクリームタイプよりも高く保湿力は髪をキレイにするのは当然ですが、ハンドクリームとしても効果の高いです。

使いやすさとコストではメルティバターで、商品的な効果性で言えばメルティバターバームとなります。

まとめ

今回の記事では、「ジェミールフラン メルティバターバーム」について書きました。別記事にて同ラインナップのメルティバターについてレビューしています。

きし

きし

実際に使ってみましたが、特徴的なアイテムなので使用難易度は高いですが、悩みが当てはまる方にはおすすめのアイテムです。

私のようなくせ毛やまとまりにくさで悩んでいる方には本当におすすめです。

ゆきな

ゆきな

まとめ
  • ジェミールフランの洗い流さないトリートメントがメルティバター
  • クリームタイプと固形タイプの2種類
  • 使いやすさとコストではメルティバター
  • 商品的な効果性で言えばメルティバターバーム

メルティバターについてまとめてみましたが、専門家の専売品というだけあってかなり効果の高い洗い流さないトリートメントとなっています。

メルティバターの2種類は、使い分けがしっかりとあるので、両方ともおすすめですが、とくにメルティバターバームが良いです。

固形タイプの洗い流さないトリートメントは、特殊であまり出回っている商品も少ないために、慣れるまで少し時間はかかりますが、慣れると効果も高いため髪も保湿してくれるし、なによりもハンドクリーム代わりになってくれるのは、とてもうれしい仕様です。

専門家をしていれば、手は荒れるのでハンドケアも重要になります、これは女性も同じなので、髪も手も同時にキレイにしたいという贅沢な悩みを解決してくれるアイテムとなっています。

同ブランドの関連製品

スペック

ブランド名ジェミールフラン
製品名メルティバターバーム
分類化粧品
商品区分洗い流さないトリートメント(アウトバス)
容量40g
主な保湿成分シア脂、(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ、ポリエチレン、ヒマワリ種子ロウ、テトラオレイン酸ソルベス-30、ミツロウ
香りロマンティックピオニー
生産日本
メーカーミルボン

MILBONブランドの関連記事

関連記事