アウトバス付のおすすめヘアケアセット

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

「プラーミア ヘアセラム」を使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

プラーミア ヘアセラムの洗い流さないトリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるミルボンシリーズ。

その中の「プラーミア」シリーズの洗い流さないトリートメント。

サロン専売品でもあるプラーミア ヘアセラムシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてプラーミア ヘアセラムのシ洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • プラーミア ヘアセラムを選ぶポイント
  • プラーミア ヘアセラムのおすすめポイント
  • 実際に「プラーミア ヘアセラム」を使ってみたレビュー

 

実際に「プラーミア ヘアセラム」の洗い流さないトリートメントを使ってみた

プラーミア ヘアセラムオイルF

ミルボン

 

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

オイル  ミスト ミルク ジェル 

女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
今回の記事では、プラーミアのヘアセラムオイルを実際に使って紹介していきます。

つま

植物由来のエモリエント剤の「オイル美容成分」とダメージを補修する「CMADK」によって、うるおいとまとまりのある髪にしてくれるヘアオイルです。

まとまりにくくなった髪を補修しつつ、髪に柔軟性を与える植物オイルで、やわらかな質感の髪にしてくれます。

実際に購入してみました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずはボトルデザインから。

シャンプー同様のデザインは個性的でオシャレ度はバツグンです。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

クリアな青紫を基調とした色合いで透明感もあるので、バスインテイリアとしても良さげな印象です。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

サイズ感もバッチリで、片手で覆うことができる程度で、かと言って軽すぎず適度な重みもあるため安定感はしっかりあります。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

ノズルの部分も押しやすく細かい工夫がされているので使いやすそうな感じです。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

表面はザラッとした質感で、滑り止めのような感じもします。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

フタ部分の細かいところにも工夫がされているので、どこにでも持っていけるオシャレ感。

素材はガラスのような質感で重みがあるだけでなく、触った感じだけでも高級感があります。

ボトルデザインをトータルすると、かなり高級感もありデザイン性も高いため、これだけでも一度は使う価値はありそうな好印象なアイテムです。

トリートメント成分

シクロメチコン、ジメチコン、ジメチコノール、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、月見草油、アルガニアスピノサ核油、スクワラン、バオバブ種子油、安息香酸アルキル(C12-15)、オレイン酸ソルビタン、ホホバアルコール、ホホバエステル、ホホバ脂肪酸イソプロピル、ミネラルオイル、ラウリルベタイン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、BG、AMP、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料、水

次に成分を見ていくと、加水分解ダイズエキス(黒大豆)、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、月見草油、アルガニアスピノサ核油、スクワラン、バオバブ種子油、といって補修成分やエモリエント成分になっていて、きちんとトリートメントとした補修成分になっています。

ヘアオイルとしての手触りを良くする成分や、ツヤ感なども出すことができる構成になっているため、かなり実用的なアイテムになっています。

 きし
デザイン性も高く、トリートメントとしても優秀なのでかなりおすすめできるアイテムです。

ということで、実際に使って使用感も見ていきます。

STEP.1
洗い流さないトリートメントの出してみた

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

トリートメントを出してみると、フローラルな香りで爽やかな花のにおいがします。

プラーミアの香りは「ブルーミングフローラル」です。強すぎず弱すぎずで好印象な感じです。

手のひらに出してみると、中々のオイル感です。

濃厚な感じもありつつ、みずみずしさもあります。

STEP.2
トリートメントのベタつき加減

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

伸ばしてるみると、若干のベタつきはあるものの、余計な感じは一切ない感じのオイル。

【洗い流さないトリートメント】「プラーミア」のヘアセラムを美容師が実際に使ったレビュー記事

髪につけてみると、すぐに浸透してくれるので髪のでざわりなどが格段によくなります。

ツルツルになる感じで好印象な仕上がり感。

しかもウェット状態(髪が濡れている)でもドライ状態(髪が乾いている)でも問題なくつけることができるので万能的に使用することができそうなアイテムです。

STEP.5
まとめ
プラーミアのレビュー
水分性
(4.0)
保水力
(3.5)
香り
(4.0)
使用感
(3.5)
補修力
(3.5)
コスパ
(2.5)
おすすめ度
(3.5)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

プラーミア ヘアセラムの良いところ

  • デザイン性や使用感も良く、トリートメントとしての補修成分の効果も非常に高い。

プラーミア ヘアセラムの悪いところ

  • やはり価格が高く初心者からは手が出しづらい高級品

こんな感じでしょうか。

  • 実際に使ってみた感じでは、価格が高いというネックな部分はあるものの、成分や使用感などの効果は非常に高いトリートメントという結論でした。

加えて、デザイン性の高さから、インテイリアとしても十分すぎるデザイン、ヘアオイルとしてのスペックも高いため、スタイリング剤が苦手という方にも紫外線予防などにも十分に使えます。

それだけでなく、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチンという成分がエイジングケアに適しているため、「昔よりも傷みやすくなった髪」をケアすることが、このトリートメントで可能になっています。

つま

個人的には使いやすいだけでなく、エイジングケアに使えるのもポイントだと思っています。かなりおすすめ。

とはいえ、ネックになるのがやはり値段が高くて、それなりに高級品であることです。しかし、それを考えてみても使う価値はあるトリートメントということです。

プラーミアのラインナップ

 きし
プラーミアのヘアセラムは「M」と「F」の2種類になります。

猫っ毛や細毛にはM、しっとりまとまりのあるスタイルにはF、を使い分けます。

プラーミアヘアセラム オイルF

プラーミアヘアセラム オイルM

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

この記事では、ミルボンブランドの「プラーミア ヘアセラムオイルF」について書きました。

 きし
実際に、プラーミアのヘアセラムオイルを使ってみましたが、とても好印象な洗い流さないトリートメントでした。

つま

さまざまな悩みを解決することができる万能型のトリートメントになっているので、一度は試してみてくださいね。

全体的に使用感も良く、デザイン性も高くい多機能な洗い流さないトリートメントでした。

使い勝手も非常に良いため、幅広くおすすめできます。

プラーミアを使う前の参考にどうぞ。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください