プロが作るアウトバスランキング!

【サロン専売 】「トリエ チューナーオイル」を美容師が実際に使ったレビュー記事

3 min
【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事
おすすめアウトバス(サロン専売品
  1. 本当に髪にいいものを使いたい
  2. 自分の髪に合うものが分からない
  3. キレイな髪をつくりたい

一緒に良いトリートメントを探そう!

「trie tuner(トリエ チューナー)」を使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

トリエの洗い流さないトリートメントのレビュー

サロン専売ブランドでもある「LebeL(ルベル)」ヘアカラーやヘアケアなどのアイテムが豊富で、取り扱うサロンも多いのが特徴の一つです。

その中「トリエ」シリーズ。

今回紹介する「ルベル トリエ チューナーオイル」は、スタイリングを楽しむための洗い流さないトリートメントです。

きし

きし

このアイテムは、熱反応性コート成分が熱ダメージから髪を守り、

  • 乾燥してゴワついた髪
  • パーマスタイル

などの髪に相性のいいアウトバスになっています。

そんなサロン専売品でもあるトリエシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてtrie tuner(トリエ チューナー)の洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事でわかること

実際に「 トリエ チューナーオイル」を使ってみた

トリエ チューナーオイル

ルベル

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

オイル  ミスト ミルク

きし

きし

今回の記事では、ルベルのトリエチューナーオイルを実際に使ってレビューします。

トリエは英語で「3つの」を意味し、スタイリングに求められる3つのポイントを叶えることができます。

  • 使いやすく
  • 選びやすく
  • 継続性

やわらかなまとまりをつくるトリートメントで、乾燥してごわついた髪をキレイな状態に整えてくれます。

トリエの特徴は、質感を調整するアイテムが多く、髪から生まれる雰囲気をコントロールするシリーズです。

つま

つま

実際に購入しました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

女性との相性のいいボトル

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずはトリートメントボトルから。

クリアでシンプルなボトルが特徴のトリエチューナーオイル。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

片手サイズでも余裕の感じなので使用感は良さそう。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

クリアなボトルは透明感があり、高級感もあるため見ているだけでも美しい見た目は好印象。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

少し見えづらいですが、ロゴも記載されています。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

全体的に軽いため使いやすく、かと言って安定感がないとも言えない絶妙なバランス。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

細かなところまで工夫されているデザインはさすがルベルブランドといったところでしょうか。

【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

トータルすると、デザインだけでなく使用感も良さそうなトリートメントボトルはサロン専売の中でも好印象。

チューナーオイルの成分構成

トリートメント成分

シクロメチコン、ジメチコン、ジメチコノール、スクワラン、マカデミアナッツ油、トコフェロール、香料

成分を見ていくと、思っていたよりも成分量は少なくてシンプルな印象。

髪の美容成分が、マカデミアナッツ油、トコフェロールの2種類しかないが、それが悪いポイントになるのかというとそういうわけでもありません。

マカデミアナッツ油は美容成分としては非常に優秀な成分のため、量が多く構成されているのであればトリートメントは十分に期待できるアイテムです。

きし

きし

個人的には、シンプルな構成のため一見すると物足りない感もあるかもしれませんが、余計な成分が一切ないため間違いなく品質の高いアイテムだと言えます。

水やアルコール、パラベンなどが一切ないため、まさに髪にとって余計な成分はないです。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

高保湿のヘアオイル

  1. STEP

    香りや印象など

    【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

    手に出してみると、フローラルな香りがほんのりします、決して強すぎないため苦手な人でも問題なく使えます。

    【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

    やはり余計なものは構成されていないので、濃厚なヘアオイル感が手に出しただけでも実感することができます。

  2. STEP

    実際の使用感

    【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

    実際に髪につけてみても好印象。まとまりもよくなるだけでなく乾燥している髪にも適する水分量。

    【洗い流さないトリートメント】ルベル「トリエ」チューナーオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

    とはいえ少ししっとり感が強いため量の調節には注意が必要になります。

  3. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • デザインが良く高級感もあるトリートメントボトル
    • ヘアオイルとしてもトリートメントとしても優秀なスペック
    残念
    • 余計な成分は構成されていない分、量の調節を間違えるとべたつきやすくなる

    個人的にはこんな感じに。

トータルバランスのいいアウトバス

POINT

ヘアオイルとしてだけでなくトリートメントとしても優秀なアイテムで、コスパもサロン専売のわりには良い

実際に使ってみると、使用感もよく、デザインも良いため年齢問わずに使用することができる優秀な洗い流さないトリートメント。

が、少し水分量が多く細毛や猫っ毛なベタつきやすい髪質には注意が必要になります。

とはいえ慣れてしまうと、髪質は関係なく使用しやすいため万能性のあるアイテムとなります。

くせ毛でロングの私でも問題なく使用することができました、お風呂上がりにつけることでまとまりやスタイルの広がりは全然違います。

つま

つま

サロン専売の中でもバランスは非常に良くて、コスパ性も高いため初心者の方でもおすすめできる内容というのが結論になります。

終わりに…

この記事では、「トリエチューナーオイル」について書きました。

きし

きし

実際に使ってみましたがバランスの良いヘアオイルトリートメントでした。

サロン専売の中ではトップクラスとまでもいかなくても、バランスの良さは十分に評価できる内容になります。

量だけ間違えなければ、細毛やくせ毛にも使えるため、ぜひ試してみてくださいね。

つま

つま

トリエチューナーオイルの使う前の参考にどうぞ。

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

人気記事を読んでみる
岸 和希

岸 和希

美容師ブロガー

美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください