アウトバス付のおすすめヘアケアセット

【洗い流さないトリートメント】「TSUBAKI(ツバキ)」のヘアウォーターミストを美容師が実際に使ったレビュー記事

「TSUBAKI(ツバキ)」を使ってみたいんだけど、洗い流さないトリートメントとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

TSUBAKIの洗い流さないトリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもある資生堂。

その中の「TSUBAKI」シリーズ。

市販品でもあるTSUBAKIシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてTSUBAKI(ツバキ)の洗い流さないトリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • TSUBAKIを選ぶポイント
  • TSUBAKIのおすすめポイント
  • 実際に「TSUBAKI」を使ってみたレビュー

 

実際に「TSUBAKI(ツバキ)」の洗い流さないトリートメントを使ってみた

TSUBAKI しっとりまとまるヘアウォーター

資生堂

 

オイル ミスト ミルク ジェル 

女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
今回の記事では、実際にTSUBAKIの「しっとりまとまるヘアウォーター」をレビューしていきます。

つま

1つのアイテムで、乾燥した日も湿気の多い日もコンディションのよい「しっとりまとまる」髪が続くヘアウォーター。

TSUBAKIのアウトバスの特徴としては、マルチに使える4つの機能があります。

  1. 寝ぐせ直し
  2. うねり・広がり防止
  3. UVカット
  4. トリートメント効果

さらに、乾燥から髪を守る「調湿技術」によって湿度コントロール成分が余分な湿気を防ぎ、乾燥時には水分を吸収してくれるので、くせ毛の緩和にも繋がります。

実際に購入してみました

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

ツバキの特徴となる、グラデーションカラーにロゴといったシンプルな特徴の色合い。

シャンプー同様なので、一見するだけでも分かりやすいデザイン。

TSUBAKIの最新シリーズのアウトバスは全てヘアウォーター(ミスト)になっています。

直接髪につけるタイプで手がベタベタするのが苦手な方には嬉しい仕様。

サイズ感もかなり大きめで、安定感もしっかりあります。

全体的にはシンプルなつくりになっていて、クリアボトルにロゴ入りのパッケージです。

重さもほとんど感じないため、大容量ですが持っていてもストレスを感じることはありません。

トータルすると、シンプルなデザイン構成で「THE・TSUBAKI」といった感じです。一見してもTSUBAKIのアウトバスと分かるし、使用感も至って普通。

市販商品らしく、万人受けしていて使いやすそうな印象でした。

トリートメント成分

水,エタノール,グリセリン,ジメチコン,ベヘントリモニウムクロリド,ステアルトリモニウムクロリド,ヒドロキシエチルウレア,マルチトール,乳酸,ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン,ツバキ種子油,レモンエキス,ローズ水,ローヤルゼリーエキス,ダイズ種子エキス,DPG,ベヘニルアルコール,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,イソプロパノール,ステアリルアルコール,水酸化K,乳酸アンモニウム,アモジメチコン,PPG-2-デセス-12,BG,BHT,トコフェロール,サリチル酸,フェノキシエタノール,香料

次に成分を見ていくと、なんと言っても成分構成の多さに驚かされます。

アウトバス関連は成分量が少ないことが多いのですが、TSUBAKIのアウトバスは成分量がかなり多めです。とはいえ、「ヘアウォーター」なので水が一番多く、トリートメントとしては薄さを感じてしまいます(トリートメントは水が少なめになっていることが多い)。

もちろん、髪をキレイにする美容成分(ツバキ種子油,レモンエキス,ローズ水,ローヤルゼリーエキス,ダイズ種子エキス、などこの辺り)も構成されていますが、それでも効果の期待は薄いのかな〜というのが感想です。

 きし
その上で補修成分も少なく、洗い流さないトリートメントを期待するとちょっと残念になるかもしれません。どちらかというとただの”ヘアウォーター”ですね。

トリートメント要素となる補修成分や美容成分が少ないため、”洗い流さないトリートメント”というよりも、ただの”ヘアウォーター”という感じです。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

STEP.1
洗い流さないトリートメントの出してみた

【洗い流さないトリートメント】「TSUBAKI(ツバキ)」のヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

本来は髪につけるTSUBAKIのアウトバスですが、手に出してみました。

やはり成分の中で「水」が多いだけあって、かなりシャバシャバです。

【洗い流さないトリートメント】「TSUBAKI(ツバキ)」のヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

つける際のムラは無さそうですが、逆にトリートメントやヘアウォーターとしての効果も薄そう。

STEP.2
トリートメントを使ってみた

【洗い流さないトリートメント】「TSUBAKI(ツバキ)」のヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、効果はかなり薄いです。

【洗い流さないトリートメント】「TSUBAKI(ツバキ)」のヘアオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

髪への使用感は微妙で、成分のようなエモリエント剤が本当に入っているのか、と疑問に感じるぐらいです。

寝ぐせ直しなどには使えるのでしょうが、やはり上記でも書いたようにトリートメントとしての効果は非常に薄いです。

STEP.3
まとめ
TSUBAKIのレビュー
水分性
(1.0)
保水力
(1.0)
香り
(3.0)
使用感
(1.5)
補修力
(1.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(1.5)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

このアイテムの良いポイント
  • コスパ性の高さとミストという初心者でも使いやすい仕様
このアイテムの悪いポイント
  • そもそものトリートメント効果が非常に薄い
  • 使用感が微妙で、ロングヘアやダメージヘアの場合では逆に髪が扱いづらくなる可能性もある

こんな感じでしょうか。

  • 入手しやすいケアブランドに加えて、ミストという使いやすい仕様、さらにコスパ性の高さから初心者でも使いやすいアイテムですが、中身が少し微妙なため自分の髪質を考えて選ぶべきヘアウォーター。

実際に使ってみて、やはり資生堂ブランドというだけあって、仕様は中々考えられています。

とはいえ、「髪をキレイ」にと考えると、少し微妙かもしれません。

価格帯を考えると、当然かもしれませんがたくさんの成分が構成されている分、一つ一つの成分は少なくなっているため、使用感の微妙さに繋がっています。

個人的な使用用途を考えると、ヘアウォーターのため、寝ぐせ直しなどには使えます。

が、やはりその性能的にも中途半端なため、おすすめできるほどではありません。

つま

非常に残念なアイテムでした。とくにロングヘア・ダメージヘアなどは使う上では注意が必要になります。

TSUBAKI(ツバキ)のアウトバス全ラインナップ

 きし
ツバキのアウトバスは2シリーズによってラインナップがあり、それぞれ3種類づつの計6種類の幅広いアイテムになっています。

しっとりまとまる ヘアウォーター

さらさらストレート ヘアウォーター

ふんわりつややか ヘアウォーター

オイルパーフェクション

リペアミルク

スプラッシングセラム

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

この記事では、「TSUBAKI しっとりまとまるヘアウォーター(洗い流さないトリートメント)」について書きました。

 きし
実際に使用してみましたが、髪への使用感も微妙で残念なアイテムでした。

つま

とくにロングヘアやダメージヘアには注意が必要になるかもしれません。

このシリーズはミストタイプのヘアウォーターということで、使いやすかったのですが、髪への使用感などが微妙で、トリートメントというよりも、ヘアウォーターという感じで寝ぐせ直しには使えるものの、トリートメントとしては残念な感じでした。

TSUBAKIのアウトバスを使う前の参考にどうぞ。

 

最後に2つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてある洗い流さないトリートメント、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてある洗い流さないトリートメントを紹介しています。

自分に合う洗い流さないトリートメントを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください