ホームに戻る

Turun (とぅるん)うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルをレビュー!うるおいをコーティングするヘアオイルシリーズ

5 min

評価:3.5

Turun (とぅるん)の評価
成分
2.5
保湿性
4.0
使用感
3.0
総合評価
3.5
メリット
  • ツヤ感がいい
  • しっとりする
  • 香りもいい
デメリット
  • ややベタつく
  • シリコーンが多い

どうも、60種類以上の市販の洗い流さないトリートメントをレビューしてきたきしです。

今回紹介する「Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイル」は、髪のキメを整えて、うるおいをコーティングするモイストチャージ処方するヘアケアオイルです。

きし

きし

シリーズで使い続けるほどに、ダメージをケアしてパサつく髪を「うるツヤのとぅるん髪」になるためのブランドです。

そこで今回の記事では、Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Turun (とぅるん) の特徴

うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイル

きし

きし

今回の記事では、実際に「Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイル」を使ってレビューします。

同ブランドから「MASUGU(まっすぐ)」が先に販売されていますが、ネーミングからもわかるように非常にコンセプトが分かりやすいシリーズです。

ゆきな

ゆきな

一言でいうと

保水美容液を髪にチャージするシャンプー

  • とぅるん独自の保水美容液成分が潤いを抱え込む
  • 3つの無添加処方
  • みずみずしい果実の香り

サロン帰りのようなヘアスタイルを叶えるブランド、独自の360度モイストチャージ処方するブランド

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

TURUN(とぅるん)のデザイン:おしゃれなイラスト+シンプルなフォルム

全体的にシンプルですが、個性的なデザイン。使いやすさもありながら、かわいらしいデザインになっているので、女性にぴったりになっています。ただし、プッシュ式ではないので、オイルを出しすぎには注意。

Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルのレビュー

Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルを紹介します。

Turun (とぅるん)の成分:シリコーンが多め

トリートメント成分

ジメチコン、トリエチルヘキサノイン、ジメチコノール、スクワラン、PEGー3ジメチコン、香料

次に成分を見ていくと、「成分の種類は少なめ」「シリコーンが多め」「トリートメントよりもヘアオイル重視」といった感じがします。

まず、成分自体が6つとやや少なめ。その中の3つはシリコーン成分になっていて、シリコーンが悪いとは思わないが、半分がシリコーン成分となると、やや不安を感じます。

シリコーン自体にに補修などはなく、手触りや見た目をよくすることしかできないので、トリートメントというよりもヘアオイル重視している気がします。なので、どちらかというと、くせやうねりを改善・おさえるためのアイテムといった感じの印象を受けます。

唯一、スクワランは植物由来であり、保護や保湿に優秀な成分となっていますが、期待値としては低いと考えています。

とはいえ、そもそもの成分数が少なく判断はしづらいですが、注目するのは「水」が構成されていないという所。本来、シャンプーを含むヘアケア用品には水が約70〜80%ほど構成されていて、残りがベース剤や美容成分、アルコールや防腐剤などになりますが、そもそもの水が構成されていない分、他の成分が多く入っている。簡単に言うと非常に「純濃」な成分構成

きし

きし

防腐剤やアルコールが入っていないということは、デメリットはあるものの、その分、髪に良いトリートメントになっていることが予想できますが、洗い流さないトリートメントというよりも、スタイリングするためのヘアオイルに近い感じです。

成分構成だけ見ると、種類も少なく、バランスも微妙な感じがします。

と、実際に使ってみないと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

Turun (とぅるん)の効果:ヘアオイルとしての効果は高い

  1. STEP

    香りや印象など

    香りは、みずみずしい果実ということで、とても甘くてやさしいです。ふわぁっと香るので、とても使いやすそう。

    少し「水っぽさ」があり、量をまちがえると少しベタつくかも。

  2. STEP

    トリートメントの使用感

    実際に使ってみましたが、保湿力は高く「しっとりさせる」「おさえる」「ツヤ感」などの効果性は、高く、髪質やスタイルによっては、とても使いやすいです。

    その一方で、シリコーンが多めなのか、ベタつきやすさもあるため使い方には注意が必要になります。もちろん量を調節すれば、問題なく使えるレベル。

  3. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • 保湿力がいい
    • くせやうねりをおさえる
    • 香りもいい
    残念
    • 量が多いとベタつく
    • 容器が使いづらい

    個人的にはこんな感じに。

Turun (とぅるん)の解析:スタイリング剤として使えそう

POINT

シリコーン性が強く、ややベタつきやすさを感じますが、ヘアオイルとして効果が良い仕上がりにもなっているので、問題なく使えるアウトバス。MASUGUと比較すると、TURUNの方がしっとりさせることができそう

実際に使ってみましたが、トータル的なバランスは良くて出来ているアウトバスオイルでした。

成分の内容的に不要なものが構成されていない分、消費期限が短いというデメリットがあるものの、その分良い成分が濃厚になっているため、使用感はもちろん安全性が高いです。

ヘアオイルとしての伸びは良く、保湿力も高いので、くせやうねりをおさえるときには重宝するヘアオイル。ややベタつくなどもありますが、髪質にあった量を使用すれば問題なし。

アウトバスとしてもスタイリングとしても使える場面が多そう。

ゆきな

ゆきな

その一方で、ダメージが気になるといった悩みを改善できるかは、かなり怪しいので「トリートメント」というよりも「スタイリング剤とトリートメントのあいだ」ぐらいの認識のものだと思っておくと、いいかもしれません。

Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルはこんな人におすすめ

  • くせやうねりが気になる
  • スタイリング剤をあまりつけない
  • 動きのあるスタイルよりも、落ち着いたスタイルが多い

全体的に「トリートメント」よりも「スタイリング剤」に近い内容になっていて、スタイルをおさえたいときや、紫外線から髪を保護したい、という場面で輝くアイテム。

ちょっと出かけるときなんかにも活躍するため、洗い流さないトリートメントとしての効果は怪しいので、それとは別に持っておくと、なにかと役立つ一品。

Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイルレビューまとめ

この記事では、「Turun (とぅるん) うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイル」について書きました。

きし

きし

実際に使ってみましたが、保湿力が高く、効果もいい仕上がりになっているので、便利なヘアオイルという感じでした。

とくに、くせやうねり、ツヤ感をつくりたいときに重宝するはずです。気になる方はぜひお試しください。

ゆきな

ゆきな

スペック

ブランド名Turun (とぅるん)
製品名 うるツヤスタイル 洗い流さないトリートメントオイル
分類化粧品
商品区分トリートメント
容量100ml
主な成分ジメチコン、トリエチルヘキサノイン、ジメチコノール、スクワラン
香りみずみずしい果実
生産日本
メーカーユニリーバ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ:こちらからお願いします。

当サイトの概要:くわしくはこちら

役立つまとめ記事

洗い流さないトリートメントに関する記事なので、合わせてご参考ください。

当サイトでレビューした関連製品

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です