アウトバス付のおすすめヘアケアセット

洗い流さないトリートメントのそれぞれの種類についてを美容師が解説!

  • 洗い流さないトリートメントってどんなタイプを使えばいいの?
  • トリートメントの種類が多くて…
こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

洗い流さないトリートメントの種類一覧と特徴の解説

あなたは、洗い流さないトリートメントに種類があるのをご存知でしょうか?

洗い流さないトリートメントは、アウトバストリートメントと呼ばれることもあり、「アウトバス=お風呂ではない」つまりお風呂以外でつけるトリートメントのことを指します。

実は洗い流さないトリートメントには、さまざまな種類と髪質に合わせた目的があるのです

今回は記事では、洗い流さないトリートメントの種類について分かりやすくお話します。

この記事で分かること

  • トリートメントの種類一覧
  • 種類別の解説

 

洗い流さないトリートメントの種類一覧

洗い流さないトリートメントのそれぞれの種類についてを美容師が解説!

 きし
洗い流さないトリートメントの種類についてお話します。

つま

さまざまな種類があり、それらは髪質やスタイルによって使い分けていきます。

「あなたの髪の悩みは何ですか?」

髪にはそれぞれの髪質というものがあり、悩みというのもまたそれぞれとなります。

洗い流さないトリートメントの種類は、髪の悩みに合わせて使い分けることによって、あなたに合ったヘアケアになります。

洗い流さないトリートメントは大きく4つの種類に分かれます。

種類一覧
  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

この4種類を、髪質や悩みに合わせて使い分けることによって効果的な使い方になります。

【洗い流さないトリートメントランキング】美容師が選ぶ美容院・サロン専売「25選」【洗い流さないトリートメントランキング】美容師が選ぶ美容院・サロン専売「25選」

基本的には、どのタイプの洗い流さないトリートメントをつけたとしてもキレイにはなりますが、

「洗い流さないトリートメントをつけたことがあるのだけど、自分には合っていなくて…」と、悩んでいたとしたら、もしかしたら種類を変えることで効果が高まるかもしれません。

それでは、タイプ別に洗い流さないトリートメントのご紹介をしていきます。

 

洗い流さないトリートメント種類①「ミストタイプ」

 きし
ミストタイプとは、名前通りに「ミスト=霧状」になっています。

特徴としては、サラッとした質感に仕上げていきたい時におすすめの洗い流さないトリートメントです。

ミストタイプなので手につける必要はなく、直接髪につけることができるので、ベタベタすることなく使用することができるのもポイントです。

グラフ化
使いやすさ
(5.0)
水分量
(3.0)
まとまり
(3.0)
おすすめ度
(3.0)
こんな人におすすめ
  • 軽めなスタイルが好きな人
  • 髪が絡まりやすい人
  • 猫っ毛・細毛
  • ペタッとしやすい人

 

洗い流さないトリートメント種類②「オイルタイプ」

 きし
オイル状で、洗い流さないトリートメントの中ではバランスのとれたタイプです。

ミストに比べて粘度も高く、ベタつく印象にはなりますが、髪に必要な水分を補う役割を担ってくれます。

ミストタイプに比べて、しっとりとつるっとした質感になります。

オールジャンルで使えるのが特徴なのがオイルタイプです。パーマやストレート毛、くせ毛の方にも使えるのがポイントです。

グラフ化
使いやすさ
(4.0)
水分量
(4.0)
まとまり
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
こんな人におすすめ
  • ちょうど間の質感がほしい
  • ツヤ感が欲しい
  • 乾燥しやすい髪

 

洗い流さないトリートメント種類③「クリームタイプ」

 きし
1番しっとりするタイプにはクリームタイプの洗い流さないトリートメントです。

オイルタイプよりも粘度が高くなり、ミルクのような色になり、濃厚さが目に見えてわかります。少し手にベタつきが残る場合もありますが髪に水分を補給することができます。

重めな質感にしたい時や、ストレートをかけた時に効果的になります。量の調節によっても幅広く使えるタイプなので毛先のまとまりやツヤ感を出してくれるタイプです。

グラフ化
使いやすさ
(3.0)
水分量
(5.0)
まとまり
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
こんな人におすすめ
  • くせ毛・ストレート毛
  • 硬毛
  • 乾燥しやすい髪

 

洗い流さないトリートメント④「ジェルタイプ」

 きし
特殊なのがジェルタイプの洗い流さないトリートメントです。とくに水分量が高くしっとりとするのが特徴です。

ほとんどの洗い流さないトリートメントのタイプの種類は、ミストとオイルとクリームの3タイプで、あまりないのがジェルタイプです。

粘度はクリームよりもあるもののクリームよりは軽い質感をだしたい時に使います。イメージとしてはクリームとオイルの質感を足したような感じです。そのためベタつきやすい方なので注意が必要です。

このタイプのトリートメントは、とにかくしっとり、おさまりよくさせたい場合におすすすめなので、

「洗い流さないトリートメントをたくさんつけるけど、すぐ乾燥してしまう!」という悩みの人におすすめのトリートメントです。

グラフ化
使いやすさ
(3.0)
水分量
(5.0)
まとまり
(4.0)
おすすめ度
(3.0)
こんな人におすすめ
  • とにかくしっとりさせたい
  • ツヤ感が欲しい
  • くせ毛・硬毛・太い髪

 

終わりに…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

 きし
洗い流さないトリートメントの種類について紹介しましたがいかがでしたか?自分に合う洗い流さないトリートメントを見つけましょう。

つま

私はくせ毛が強くて、しっとりさせたい…でも使いやすいタイプが良いので「オイルタイプ」を使っています。

洗い流さないトリートメントには、さまざまな種類があって髪質などに合わせて選択する必要があります。

【洗い流さないトリートメントランキング】美容師が選ぶ美容院・サロン専売「25選」【洗い流さないトリートメントランキング】美容師が選ぶ美容院・サロン専売「25選」

もし、洗い流さないトリートメントを探しているのならばご参考にしてくださいね。

ぼくは、洗い流さないトリートメントをつけるときにはオイルタイプが1番多いです。やはり、使いやすくて効果も高いので、迷っている人がいればおすすめしています。

硬毛やくせ毛などはクリームタイプがおすすめですが、髪が細いとなるとベタついてしまうし…髪の悩みって、たくさんあるし、解決することってとても難しいことなのです。

つまり、バランスのよいオイルタイプはとても使い勝手の良いものなのです。

そんな感じで以上です。

ご参考になれば幸いです。