洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

アンレーベルラボは、美容液並みの高いケア効果を持つ美容製品を中心としたブランドです。製品開発のコンセプトは、科学的根拠に基づいた成分とテクノロジーを活かし、目に見える効果を実感できるアイテムを提供すること。全種類に共通していますが、各製品はその特有の有効成分や香り、質感によって異なる悩みにアプローチします。

髪の内部構造を目視することはできませんが、その重要性を理解し、微細なダメージに対しても高い修復力を発揮する処方設計がこのトリートメントを際立たせるのです。

髪の奥深くまで届く美容成分は、特許取得済みの技術によって小さな粒子に変えられ、毛髪の深層に浸透。エイジングケアからライフスタイルによるダメージのリカバリーまで、幅広いニーズにマッチする種類豊富な商品が揃えられています。

革新的な密着補修技術により、修復に加えて、ダメージからの防御壁を構築する効果も期待できるのです。スタイリングや環境ストレスから髪を守りつつ、永続的な美しさを追求するための理想的なフォローを実現します。香りにおいても、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のトリートメントは非の打ち所がありません。心地よいアロマが、ただのヘアケアタイムを至福のひとときへと昇華させます。

今回の記事では、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントの違いや、どれを選ぶべきか良い・良い&悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

タップする目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメント全種類の特徴

unlabel LAB(アンレーベル ラボ)は、独自の美容成分を配合したスキンケアやヘアケア商品を提供しているブランドです。このブランドの製品は、日々のケアに科学的根拠を取り入れたいと考える方に適しており、潤いや補修、エイジングケアに着目したラインナップが特徴です。多数ある種類の製品はそれぞれ、配合された有効成分の種類や濃度の違いによって異なる効果を持っています。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のトリートメントは、独自の技術による高い浸透力と補修力が特徴です。

髪の内部から健康を取り戻すことにフォーカスし、選択肢に応じてダメージレベルや髪質の違いをカバー。洗い流さないタイプで手軽にヘアケアができます。香りも各種異なり、好みに合わせて選べるのが魅力。

髪の芯まで深く、素早く浸透

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズのトリートメントは、髪の芯まで素早く浸透することで知られ、深層部分のダメージケアを実現します。この高い浸透力は、特許技術による微粒子化された美容成分が効果を発揮しているためです。日常のダメージや加齢による髪質の変化など、さまざまな悩みに対応するラインアップが揃い、髪を健康的に保ちます。

シリーズごとに異なる成分が配合されているので、個々の髪の状態に最適なトリートメントが選べるでしょう。

タンパク繊維に密着補修

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) トリートメントはタンパク繊維に密着し、キューティクルの損傷部分を選択的に補修することが可能です。この密着補修技術により、効果的にダメージをケアし、さらには予防効果も期待できます。

日々のスタイリングや外部環境から髪を守りながら、美しい髪へと導きます。

こだわりのフレグランス

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズでは香りにもこだわりがあります。使用するたびにリラックスできるような、心地よいフレグランスが配合されています。

選ぶ楽しみもあるため、日々のヘアケアがより豊かな体験になります。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) 洗い流さないトリートメントシリーズ
  • unlabel LAB(アンレーベル ラボ)  リペアビタミンC Vヘアオイル
  • unlabel LAB(アンレーベル ラボ) ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) リペアビタミンC Vヘアオイル

アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

全成分を見る

シクロペンタシロキサン、ジメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、マレイン酸、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP 、イソステアロイル加水分解シルク、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) 、フラーレン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 、γ-ドコサラクトン、メドウフォーム-δ-ラクトン、ホホバ種子油、リンゴ酸ジイソステアリル、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、セバシン酸ジエチル、トコフェロール、スクワラン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2 、クオタニウム-33 、クオタニウム-18 、イソステアリン酸、イソノナン酸イソノニル、コレステロール、PG 、水、香料

ビタミンC2の濃密補修でダメージ髪を補修

髪に必要な栄養を効果的に供給するビタミンC2を用いて、ダメージを受けてしまった髪を内側から補修し、外部からのダメージからも守ります。

髪の内部に浸透するこのトリートメントは、ダメージを受けた髪に対して復元力をもたらし、ツヤとしなやかさを取り戻すのを助けてくれます。

なめらかな髪を維持・持続させる

ビタミンC2配合のトリートメントは、髪の表面を滑らかにし、毛先まで均一ななめらかさを提供します。一度の使用で触感が改善され、髪の毛がまとまりやすくなることを実感できるでしょう。

長時間の持続性に優れており、髪が乾燥しやすい環境下でも、潤いを保ち続けることができます。

集中美容液トリートメント

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) が提供するリペアビタミンC誘導体トリートメントは、集中美容液レベルの高い効果をもちます。これにより、一般的なトリートメントでは得られないほどの高い補修力とケア効果を得ることができるのです。

毎日のスタイリングにも最適で、美容室帰りのような仕上がりを自宅で実現することが可能です。

フローラルカシスの香り

このトリートメント独自のフローラルカシスの香りは、多くの方々に愛されています。

甘くて爽やかな香りがストレスを和らげ、ケアの時間を豊かなものに変えてくれるはずです。また、ヘアスタイルを整える際にも心地よい香りが持続するため、一日中リフレッシュした気分を享受できます。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル

アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

全成分を見る

シクロペンタシロキサン、ジメチコン、イソステアロイル加水分解コラーゲン、マレイン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミドEOP、セラミドNG 、セラミドNP、セラミドAP、セラミドAG、メドウフォーム−δ−ラクトン、γ−ドコサラクトン、ホホバ種子油、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) 、モクセイ花エキス、シクロヘキサン−1,4−ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、リンゴ酸ジイソステアリル、セバシン酸ジエチル、トコフェロール、クオタニウム−18 、クオタニウム−33 、イソステアリン酸、イソノナン酸イソノニル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル−2 、コレステロール、PG 、フェノキシエタノール、水、香料

コラーゲン3の濃密補修で乾燥・パサつき髪を修復

天然の保湿成分であるコラーゲン3を配合しているため、髪に潤いを与え、乾燥やパサつきによるダメージを修復することが可能です。髪の表面を優しくコーティングし、外部からの刺激に強い髪へと導きます。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) の高い技術力が結集しているため、心地よい鮮やかな髪の質感を享受することができます。

しっとりぷるぷる髪を維持・持続

このトリートメントを使用することで、しっとりぷるぷるとした質感が髪に長時間持続します。

乾燥した冷房の効いた室内や外の風にさらされても、高い保湿力が髪の美しさを守るでしょう。また、日常のヘアケアで失われがちな髪のうるおいをサポートし、長時間にわたり理想的な状態をキープするために役立ちます。

集中美容液トリートメント

高濃度の美容液成分が配合されたトリートメントは、髪にとってまさにスペシャルケアです。手軽に使えながら、プロが行うような贅沢なケアが自宅で可能となるため、忙しい方々にもぴったりです。繰り返し使用することで、美容室のような上質な仕上がりを実現できるでしょう。

フルーティームスクの香り

フルーティームスクの香りは、とても魅力的なフレグランスです。この香りに包まれながらのケアは、毎日の疲れを癒し、リラックスタイムをさらに特別なものに変えてくれます。香りの持続性も良く、一日中心地よい気分が継続されるでしょう。

目次に戻る

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 手触りも良くなった
  • 髪のゴワつきが改善された
  • コームがスムーズに通るようになった
良い&悪い口コミ・評判まとめ
  • 使い方の順番がいまいちわからない
  • 肌には合わなかった
  • 少し物足りなさを感じる

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズから、洗い流さないトリートメントが注目を集めています。美容師からも推奨されることがあるこのシリーズ、実際の使用感や効果について、良い評判と悪い評判の両方を集めてみました。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントの良い口コミ・評判まとめ

ヘアオイルや美容液との併用も推奨されることが多く、自分の髪質や好みに合わせて最適なアイテムを見つけることができるため、ユーザーから高評価を得ています。

  1. 「髪に輝きが出て、手触りも良くなった気がします。モイストシャンプーとの併用がいいですね。」
  2. 「美容師に勧められ、レチノール入りのトリートメントを試してみました。使い方は簡単で、朝晩のケアに取り入れています。髪のゴワつきが改善されました。」
  3. 「洗顔後の髪ケアにアンレーベルを取り入れたところ、コームがスムーズに通るようになり、大満足しています。特にVリペアヘアオイルはおすすめです。」

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントの良い&悪い口コミ・評判まとめ

良い口コミが多くある一方で、合わなかったという声や期待外れだったと感じるユーザーもいます。

  1. 「使い方の順番がいまいちわからない。他のアンレーベルのアイテムと併用すると更に良いと聞くが、どれが良いのか選びにくい。」
  2. 「ビタミンC美容液を期待して使ってみましたが、肌には合わなかったようです。髪にも使えるとのことだったが、効果を感じられず残念。」
  3. unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシャンプーを愛用中だが、トリートメントは思っていたほどモイスト感がなく、少し物足りなさを感じる。香りは好き。」
目次に戻る

美容師が教える!unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの失敗しない選び方

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズからピッタリの一品を選ぶ際には髪質、扱いやすさ、そして香りを重視しましょう。どんな髪にも対応する優れたラインナップがあるので、アンレーベルシリーズの口コミや美容師の推薦を参考に自分に合った製品を見つけることが大切です。

まずは髪の状態を知る

洗い流さないトリートメントを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、硬くなっているのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合った洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富な洗い流さないトリートメントがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) リペアビタミンC Vヘアオイル」

軟毛の方やもっと髪にボリュームを出したいと考えている方には、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のリペアビタミンC Vヘアオイルがおすすめです。

ビタミンC誘導体が日々のダメージから髪を守り、内側から髪のコシを強化し、豊かなボリューム感を与えてくれます。扱いやすい髪質に導くため、毎日のヘアケアに取り入れてみるのが良いでしょう。

しっとり・ボリュームダウンなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) 浸透型ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイルヘアトリートメント」

髪に潤いを与えて落ち着いた印象を求める場合は、ハイドロコラーゲン配合のトリートメントがピッタリです。

髪の水分バランスを整え、サラサラな質感を実現します。うねりや広がりが気になる方にも、しっとりとしたボリュームダウン効果が見込めるでしょう。

バランス型・迷ったら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) 浸透型ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイルヘアトリートメント」

髪質のバランスを整えたい、特に問題はないがケアをしっかり行いたい場合にもハイドロコラーゲン配合のトリートメントが適しています。どんな髪質にもマッチする汎用性の高いケアとして利用できるため、選択に迷った際の一択としても優れています。

洗い流さないトリートメントの成分の内容について

次に、洗い流さないトリートメントの成分をチェックします。これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、洗い流さないトリートメントの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できる洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

パーマなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) リペアビタミンC Vヘアオイル」

パーマをかけた髪は特にケアが大切です。unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のビタミンC誘導体を含むトリートメントは、パーマで受けるダメージを補修し、カールを長持ちさせるサポートをしてくれます。

一方で、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) の使い方順番を守り、シャンプー・ヘアオイルと併用することで、より効果が高まります。

ヘアカラーなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) 浸透型ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイルヘアトリートメント」

ヘアカラーを施した髪も保湿とケアが重要です。

ハイドロコラーゲン配合のトリートメントは、ヘアカラーによるダメージをケアし、色持ちを良くする効果が期待できます。また、アンレーベルシャンプーやヘアオイルとの相性も良く、全体のヘアケアに一貫性をもたらします。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ) リペアビタミンC Vヘアオイル」

ストレートにした髪には浸透力が高く補修力に優れるビタミンC誘導体配合のトリートメントがふさわしいです。縮毛矯正によるダメージの修復を助けるだけでなく、日々のスタイリングによる摩擦からも髪を保護します。

洗い流さないトリートメントの香りも大事

最後に、洗い流さないトリートメントの香りも大切です。洗い流さないトリートメントを使うとき、その香りに癒されることで、ヘアケア時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズの洗い流さないトリートメントは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りの洗い流さないトリートメントを選ぶことで、毎日のヘアケアが楽しみになりますよ。

香りは「フローラルカシス」と「フルーティームスク」と共通の香りなのでどちらでも

髪をケアするものとして香りの好みも見逃せません。アンレーベルシリーズは「フローラルカシス」と「フルーティームスク」の2種類の香りがあり、どちらも心地良い香りを楽しめます。

香りによって選ぶ場合も、全製品がこの2種類の香りを採用しているため、好みの香りを選ぶだけで間違いありません。美容室帰りのような上品な香りで、日々のヘアケアがさらに快適なものになるでしょう。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とunlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズのおすすめの髪質の選び方

アンレーベルのトリートメントは、ヘアケア製品に詳しい方々からも推奨されており、多様な髪質に対応する製品ラインナップが揃っている点が魅力です。特にunlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシャンプーやヘアオイルと合わせることで、より高い相乗効果を得られると人気があります。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) の洗い流さないトリートメントは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめの洗い流さないトリートメントを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル」

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
非常に使いやすくて効果性も高い

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) の美容液ヘアトリートメントは、忙しい朝もサッと使用できて、時間がない時でも手軽にヘアケアができる点が魅力です。

浸透型ハイドロコラーゲン配合で、深い部分から髪に栄養を届け、しっとりとした手触りと艶めく美しさを実感しました。美容師に相談したところ、髪のダメージ補修だけでなく、保湿効果も期待できると評価されており、バランスの良いヘアケアとして非常におすすめできます。

くせ毛におすすめなら「ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル」

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
まとまりやおさまりがいい

くせ毛という髪質は、日々のケアが大変と感じる方も多いですが、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のトリートメントならその心配はいりません。使い続けることで、頑固なくせ毛もしっとりと落ち着き、スタイリングが格段に楽になります。

ハイドロコラーゲンが髪の内部まで浸透し、自然なまとまりを実現。カームナイトを利用する場合と比較しても、確実に手触りの良い状態をキープすることができました。

猫っ毛におすすめなら「リペアビタミンC Vヘアオイル」

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
べたつかない仕上がり

猫っ毛は細いため、べたつきがちな製品だと重たく見えがちです。しかし、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のビタミンC誘導体を配合したトリートメントなら、軽い使い心地で清潔感のある仕上がりを得ることができます。

ビタミンC誘導体の効果で、サラサラとした髪が持続し、髪にボリュームを与えたい方にもぴったりです。シャンプー後のケアとして、また朝のスタイリング時にも活躍しました。

剛毛におすすめなら「ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル」

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
保湿力も高くてしっとり

剛毛の方は、髪の乾燥を防ぎながらも重くなり過ぎないケアが求められます。unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のハイドロコラーゲン配合トリートメントは、十分な保湿力を発揮しながら、扱いにくい髪をしっとりとなめらかに仕上げます。

髪の毛一本一本がしなやかになり、まるで美容院でトリートメントをしたかのような手触りとツヤを感じることができました。髪のパサつきに悩む人にも効果が期待できます。

エイジングケアなら「どちらでもあり」

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
年齢による髪のダメージも補修

エイジングケアを意識する年齢になると、髪のコシやツヤが失われがちです。unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のトリートメントは、年齢を重ねた髪にもやさしく、ダメージを補修しながら、若々しい髪質を保つのに役立ちます。どの製品を選ぶべきか迷った場合は、自分の髪の悩みに合わせた成分を含む製品を選ぶのがベストです。

普段のケアに加え、レチノールやビタミンCなどの美容成分を含むラインナップから、その時々の髪のコンディションに応じたケアができます。

香りで選ぶ

洗い流さないトリートメントを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

リペアビタミンC VヘアオイルハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル
アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
フローラルカシスの香りフルーティームスクの香り

それでは、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの全種類の香りをご紹介しますね。

個人的には、「フルーティームスクの香り」が好きでした。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

個人的なおすすめは「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)  ハイドロコラーゲンCO モイスト ヘアオイル」

私が特におすすめするのは「アンレーベル」のシリーズです。

高い保湿力とヘアケアの効果性で注目を集め、美容師からの支持も厚い製品群を展開しています。特にその中でもシャンプーやトリートメント、ヘアオイルなどのラインナップが充実しており、多くの人に愛されています。

保湿力が高くて効果性が高い

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシャンプーやトリートメントには、保湿力を高める成分が贅沢に配合されており、その効果性には定評があります。特にアンレーベル ヘアオイルは、保湿と栄養を髪の毛一本一本にしっかりと行き渡らせるため、多くの人から口コミで高い評価を受けています。

さらに、使い方の順番に合わせてアイテムを選ぶことで、理想的なヘアケアルーティンを構築でき、髪質改善へと導かれるでしょう。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシャンプーやトリートメントを使用すると、髪の毛にツヤと潤いが出て、手触りが良くなることを多くの利用者が実感しています。例えば、アンレーベル ラボ シャンプー モイストなどは、髪を乾燥から保護し、使うたびにまとまりのある状態を保つことができます。

リラックスナイトやカームナイトのような製品では、香りも楽しみながら美しい髪へと導かれるでしょう。

ベタッとした印象はないので使いやすい

多くのヘアケア製品が髪を重たく見せがちですが、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシャンプーやヘアオイルは使い心地が軽やかです。例えば、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のヘアオイルは、重さを感じさせない仕上がりでありながら、髪に必要な栄養を供給してくれます。

目次に戻る

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

ヘアオイルの正しい使い方は、朝使うのか、夜使うのか、使うタイミングによって変わってきます。

それぞれ具体的に解説します。

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪に適したヘアオイルの使い方。

まずは、ヘアオイルには「洗い流さないトリートメント」と「スタイリング剤」の2種類あるのですが、夜使う際はできるだけ洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。スタイリング剤のヘアオイルを使うと、そのまま寝ると寝具や頭皮地肌がベタつくので注意。

容器に、洗い流さないトリートメントかスタイリング剤か記載されているはずなので確認しましょう。

ここでは洗い流さないトリートメントタイプのヘアオイルを使用します。

POINT

しっかりとタオルで水分をとる

まずはお風呂上がりの髪の水分をしっかりとります。実はここが一番に重要といってもいいです。

というのも、髪に水分が残っていると、ヘアオイルが髪内部に浸透しません。これは髪に水分が残っていると隙間がなく、水分がヘアオイルを入れてくれないからです。水分をしっかりとることでヘアオイルでしっかり水分補給をすることができるのです。

しっかりタオルで水分をとる方法としては、

  1. 頭皮からしっかりタオルでふく
  2. 中間から毛先にかけてにぎるようにタオルで水分をとる
  3. ブラッシングをして髪を整える
  4. また中間から毛先をにぎるようにタオルを水分をとる

②〜④を繰り返すことで、かなり水分をとることができます。全てにおいて優しく、丁寧にするようにしてください。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体にブラッシング

できるだけ、大きくて、あらいめのブラシやクシを用意しましょう。目安としては、これぐらい大きなものがおすすめ。私はこれぐらいのコームをお風呂場と洗面所においてあります。

ちなみに、パーマスタイルの方もブラッシングは欠かさずにしましょう。ブラッシングをするとパーマがとれると思う方もいるかもしれませんが、ブラッシングしたあとにウェーブを作り直したほ

POINT

自然乾燥・髪を乾かす

く「髪はドライヤーで乾かさないとダメですか?」と質問がありますが、乾かしたほうが良いのは良いですが、自然乾燥を多少させてから乾かしたほうが効率的です。

自然乾燥が全くダメというわけではないので、ほどよく自然乾燥させてから、ドライヤーで乾かすと効率的でおすすめ。なので逆算してお風呂に入る時間を計算すると良いでしょう。

POINT

8割ほど乾いたら、ヘアオイルをもう一度付ける

ある程度乾いたら、もう一度ヘアオイルをつけましょう。ここでは濡れているときにつけた量の半分、髪質によってはもっと少なくてもOK。乾きにくい・ややベタつい

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセットやスタイリングに適したヘアオイルの使い方。

ここでは、洗い流さないトリートメントでもスタイリング剤でもどちらでも構いません。

分かりやすく、分別するとしたら「洗い流さないトリートメントはダメージ補修などができるが、ツヤ感は少ない」「スタイリング剤のほうがツヤはでやすくて、スタイリング時間も長い」ぐらいの感覚です。

髪質や量によって、お好みで使いましょう。私はどっちも使いますが、洗い流さないトリートメントは量が結構使うのでコスパが悪いかなとも思います。

POINT

ブラッシングして整える

まずは全体にブラッシングしてキレイに整えます。

できるだけ優しく、丁寧にしてあげましょう。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体を整えつつ、前髪に少しつける

最後に少しヘアオイルを手になじませて、全体のスタイリングをします。

動きをだすなら、表面の髪をつまむ・中間や毛先をにぎる・髪全体にをふるようにつける、などが効果的。

まとまりやツヤ感なら、両の手で髪をはさみすべらす・髪を指でつまんですべらす、などが効果的

前髪にヘアオイルの付け方

前髪にヘアオイルの付け方

前髪はツヤ髪・ツヤ感などスタイリングをする上では、かなり重要であり、うまくいくと全体の美しさが際立ちます。

とはいえ、前髪はとくにべたつきやすいので注意。

POINT

ヘアオイルを少量手にだす

ここは少なめに調整。前髪の長さや量によっても、ヘアオイルの適量は違うの少しづつ足していくようにつけます。これは人によって大きく変わるので、べたつきやすい人はかなり少なめに。

POINT

髪の内側から毛先につける

表面からつけるのではなく、ベタつきにくい内側からつけます。ここも毛先・中間・根本付近の順番に。

POINT

ブラッシングして整える

ここでは、大きめでなくてもOK。わりと細かいコームやブラシでも可愛く仕上がります。お好みで調整しましょう。

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルでは、普通に使ったとしてもキレイにはなりますが、適切な使い方をすることで、より効果を、むしろ最大限に発揮することができます。

量が少なすぎても、多すぎてもダメです。目安となる量もまとめておくので参考にしてください。

髪の長さ適正量
ショート1〜2P
ミディアム・ボブ2〜3P
セミロング2.5〜3.5P
ロング3〜4P
毛量多い場合は+0.5P、ベタつきやすいなら-0,5Pと調整してください
目次に戻る

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シリーズの洗い流さないトリートメントのよくある質問集(Q&A)

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプー どっちがおすすめですか?

ご自身の髪質や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。金木犀の香りが好きならunlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプー 金木犀を、潤いを求めるならモイストシャンプーをお試しください。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) の美容液はどのくらいの量を使うべきですか?

美容液は一回の使用で適量が1〜2プッシュです。肌の状態や必要に応じて量を調整してください。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーはいつ発売されますか?

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーの発売日は情報が出次第、アンレーベルの公式サイトや公式SNSで更新される予定です。

アンレーベルはいつ使えばいいですか?

アンレーベルの製品は日ごろのスキンケアやヘアケアのルーチンに取り入れて使うことができます。特にタイミングを問わず、日常的なケアに最適です。

目次に戻る

あとがき

きし

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) のシリーズは、その高品質な製品を求める多くの美容師やユーザーに支持されています。

アンレーベルラボのシャンプーは、ヘアケアだけでなく全体的なリラックス効果をもたらす商品です。多くの口コミでもその効果が語られており、ユーザーの間ではどれが良いか比較する声も多く聞かれます。

また、アンレーベルラボのビタミンCやレチノール含有製品など、成分にも注目が集まっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップする目次